ヤムチャとは?

ヤムチャ [2] 【飲茶】

中国語
飲み点心を食べて楽しむ中国習慣

ヤムチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/25 09:35 UTC 版)

ヤムチャは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメに登場する架空の人物。アニメでの声優古谷徹。『DRAGONBALL EVOLUTION』での配役はパク・ジュンヒョン、吹き替えは江川央生




  1. ^ a b c d e f ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 9 ヤムチャ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、22頁。
  2. ^ a b c d 後藤広喜編「永久保存版!! JUMPオールキャラクター総勢148名!! 名鑑」『週刊少年ジャンプ 1986年37号』集英社、1986年8月25日、雑誌29934-8/25、11頁。公開時期はレッドリボン軍(エイジ750)編
  3. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、29頁。
  4. ^ 鳥山明「其之十二 亀仙人をたずねて」『DRAGON BALL 第2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年1月15日、ISBN 4-08-851832-2、18頁。
  5. ^ これを聞いたプーアルは「“天下を取る”とか“大金をもらう”とか願った方が良いのでは」と進言したが、ヤムチャは天下には興味がなく、盗めば手に入る金よりあがり症の克服を優先した。
  6. ^ 渡辺彰則編「PERSONAL HISTORY」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、129頁。
  7. ^ 鳥山明「其之四百三十 ドラゴンチーム集合!!」『DRAGON BALL 第36巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1993年11月4日、ISBN 4-08-851495-5、138頁。
  8. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 ヤムチャ役 古谷徹」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、146-149頁。『ブラマヨとゆかいな仲間たち』での野沢はベジータとブルマの結婚に対して「許せない」と発言しており、真意は不明だがベジータと結ばれたことに関しては納得がいってなかった模様。
  9. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  10. ^ この時折れた歯は刺し歯にしている。
  11. ^ 本人いわく「オレはロリコンじゃない」
  12. ^ 鳥山明「其之三百二十八 ナメック星消ゆ」『DRAGON BALL 第28巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年11月8日、ISBN 4-08-851418-1、43-45頁。
  13. ^ 鳥山明「其之四百十七 大団円」『DRAGON BALL 第35巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1993年9月8日、ISBN 4-08-851700-8、133頁。
  14. ^ 鳥山明「其之三百三十 フリーザ親子地球に降り立つ」『DRAGON BALL 第28巻』68頁。
  15. ^ 鳥山明「其之四百十八 さようなら戦士たち」『DRAGON BALL 第35巻』138-141頁。
  16. ^ 鳥山明「其之四百三十九 クリリンそしてピッコロの闘い」『DRAGON BALL 第37巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1994年4月4日、ISBN 4-08-851496-3、95頁。
  17. ^ 鳥山明「其之百七十四 ヤムチャ対シェン」『DRAGON BALL 第15巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年12月6日、ISBN 4-08-851612-5、89・91頁。
  18. ^ a b c d 鳥山明「其之百七十五 シェン」『DRAGON BALL 第15巻』93-105頁。
  19. ^ 「鳥山明に聞いてみた!2013」『ドラゴンボール超全集 1巻』28頁。
  20. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』107頁。
  21. ^ 堀江信彦編「祝! みんなのおかげで10周年!! 連載500回突破記念 ドラゴンボール人気キャラ投票結果発表!」『週刊少年ジャンプ 1995年5・6号』集英社、1995年1月23日、雑誌29934-1/23、38頁。
  22. ^ アニメではピッコロ大魔王の部下のタンバリンの襲撃を受けるが、助かっている。
  23. ^ アニメでは生き返った先がカプセルコーポレーションの裏にある池であったため、ずぶ濡れになってしまったシーンがある。
  24. ^ a b c 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 必殺技模範技」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、28-29頁。
  25. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編 「第3章 バトルテクニックファイル 体術技」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』84頁。
  26. ^ 鳥山明「其之百十七 ヤムチャのかめはめ波」『DRAGON BALL 第10巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年11月10日、ISBN 4-08-851840-3、136頁。
  27. ^ 鳥山明「其之二百十五 ヤムチャの予感」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月10日、ISBN 4-08-851615-X、156頁。
  28. ^ 鳥山明「其之二百九 それぞれの1年間」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月10日、ISBN 4-08-851615-X、67頁。アニメでは計測されず。
  29. ^ 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、83頁。
  30. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGON BALL誕生秘話」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』137頁
  31. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』139頁
  32. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』152頁下段。
  33. ^ a b 渡辺彰則編 「SUPER VOICE TALKS 声優スペシャル座談会」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、107-113頁。
  34. ^ 古谷徹「第3章 「人生にムダな経験なんてひとつもない---究極のヒーロー・星矢と、飾らない良さのヤムチャ」」『ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生』角川書店、2009年7月25日、ISBN 978-4-04-715275-5、95-98頁。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヤムチャ」の関連用語

ヤムチャのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鍾馗蘭

コクーンハーネス

ホイートストン

インディアンミノウミウシ

山田 和貴雄

角形光プラグ

四つ組

ツンドク





ヤムチャのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤムチャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS