ビーデルとは?

ビーデル

名前 BedellBīdel

ビーデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 03:00 UTC 版)

ビーデルは、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作としたアニメ『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』、『ドラゴンボール改』、『ドラゴンボール超』に登場する架空の人物。アニメ版の声優皆口裕子。『トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!』と『ドラゴンボール改』では皆口が留学中で収録に参加できなかったため、柿沼紫乃が代役を務めた。




  1. ^ a b 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、100頁。
  2. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 17 ビーデル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、31頁。
  3. ^ 「DRAGON BALLフルカラー魔人ブウ編 6巻」集英社、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880112-4、227頁
  4. ^ 鳥山明「其之四百二十八 ビーデルさんの舞空術」『DRAGON BALL 第36巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1993年11月4日、ISBN 4-08-851495-5、118-119頁。
  5. ^ 鳥山明「其之四百四十三 動き始めた作戦」『DRAGON BALL 第37巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1994年4月4日、ISBN 4-08-851496-3、151-152頁。
  6. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 ビーデル役 皆口裕子」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、164-165頁。
  7. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  8. ^ 後藤広喜編「其之四百二十五 バレた!!!」『週刊少年ジャンプ 1995年27号』集英社、1993年6月21日、雑誌29933-6/21、76頁。
  9. ^ 2013年3月24日放送の『ほこ×たて』「ドラゴンボールマニアVSプロ クイズ対決」に於いても出題されたことがある。
  10. ^ a b c d e 渡辺彰則編「第1章 ドラゴンボール年代記」『ドラゴンボール大全集 7巻』30、32-33頁。
  11. ^ 実際彼女も彼のことを「ピッコロさん」と呼んでいる。


「ビーデル」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビーデル」の関連用語

ビーデルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ギブス石

成人式

三河湾国定公園

信濃川下流

鋼床版補強用SFRC舗装

イセⅠ型

肘関節

多用途支援艦「ひうち」型





ビーデルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビーデル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS