人造人間17号とは?

人造人間17号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/19 09:00 UTC 版)

人造人間17号(じんぞうにんげんじゅうななごう;英語: Artificial Human No.17)は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』またはアニメドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空の人物。担当声優は中原茂




  1. ^ トランクスがやってきた次元では、「ドクター・ゲロが世界を征服する目的で俺たちを造ったらしい」と17号自身がトランクスに言っている。
  2. ^ 鳥山明「目覚めた17号、18号」『DRAGON BALL 第29巻』集英社ジャンプ・コミックス〉、1992年3月15日、ISBN 4-08-851419-X、178-180頁。
  3. ^ a b c d e 鳥山明「DRAGON BALL 龍球問答 鳥山明先生がお答え!!」『DRAGON BALL フルカラー 人造人間・セル編6』、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年5月7日、ISBN 978-4-08-880106-3、220-221頁。
  4. ^ アニメでベジータ、ヤムチャ、クリリンを殺害。クリリンは、第164話では17号が殺害し、テレビスペシャルでは18号とともに殺害している。原作では描かれていないため、不明。
  5. ^ アニメでは妻と子供を殺されたと語っている。
  6. ^ 人造人間編初期では17号と18号のことをトランクスは「19号と20号」と言っていた。詳しくは設定の経緯を参照。
  7. ^ 第192話にて登場。原作では、描かれていない。
  8. ^ 作中の世界に存在した17号も殺害しているが、こちらの世界では18号がとどめを刺している。
  9. ^ 渡辺彰則編「明かされる4つの未来」『ドラゴンボール大全集7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、34頁。
  10. ^ 原作および『Z』の魔人ブウ編とは異なる。
  11. ^ 原作および『Z』では人造人間から気を感じ取れなかったが、この直前ではトランクスが「18号さんと同じ気を感じる」と発言している。
  12. ^ 18号を再び仲間になるように誘惑しようとしていた。
  13. ^ 「DRAGON BALL Q 前川淳ストーリーQ&A」『ドラゴンボールGT DVD-BOX特製ブックレットDragonbook』、56-59頁。
  14. ^ 2017年2月5日(日)より鳥山先生原案による新章スタート!「宇宙サバイバル編」メインビジュアル・あらすじ解禁
  15. ^ a b PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ』シリーズ
  16. ^ アーケードゲーム、PlayStation 2ソフト『超ドラゴンボールZ』
  17. ^ PlayStation 2、Wiiソフト『ドラゴンボールZ Sparking! NEO
  18. ^ PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ3
  19. ^ PS2ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!』シリーズ
  20. ^ 「技事典」『ドラゴンボール超全集4巻』集英社、2013年5月9日、ISBN 4-08-782499-3、165-166頁。
  21. ^ 週刊少年ジャンプ編集部編「テレビスペシャル特別リポート アフレコ・スタジオ・ルポ!!」『ジャンプ・アニメコミックスドラゴンボールZテレビスペシャル 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1993年5月31日、ISBN 4-8342-1185-1、164-165頁。
  22. ^ a b 渡辺彰則編 「DBキャラ秘密の話」『ドラゴンボール大全集 7巻』122頁。


「人造人間17号」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人造人間17号」の関連用語

人造人間17号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

帯鉄

EX-Z200

400形

ED300形

寒冷前線

ブロー成形

サウスダウン

米丸・住吉池





人造人間17号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人造人間17号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS