桃白白とは?

桃白白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 08:14 UTC 版)

桃白白(タオパイパイ)は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』および、それを原作としたアニメ作品などに登場する架空の人物。声優は大塚周夫岸野幸正(Z第170話、174話とその直後に発売されたゲーム作品)。




  1. ^ 清朝のころの満族由来の中国の民族服。
  2. ^ 渡辺彰則編「キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、84頁。
  3. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGONBALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/11、43頁。
  4. ^ 『ドラゴンボール大全集 7巻』ではエイジ459生まれと設定されたため、エイジ750のレッドリボン軍編で291歳となっている。
  5. ^ 渡辺彰則編「第1章 ドラゴンボール年代記」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、19頁。
  6. ^ a b 鳥山明「其之八十五 殺し屋“桃白白”」『DRAGON BALL 第8巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年7月10日、ISBN 4-08-851838-1、12頁。
  7. ^ a b 鳥山明「其之九十 孫悟空の逆襲」『DRAGON BALL 第8巻』80頁。
  8. ^ 厳密には、「代金代わりにお前が殺したい奴を無料で殺してやる」と提案したのだが、仕立て屋が「殺したい奴なんていません」と慌てて断ったため「ではお前が死ぬか」と殺め、「釣りはいらんぞ、くれてやる」と言い捨てた。
  9. ^ 週刊少年ジャンプ』1989年31号掲載「究極戦士大集合!!カード」。
  10. ^ 悟空の懐の四星球に当たったため、かろうじて命を取り留めた。
  11. ^ ピッコロ大魔王編の頃に出版されたムック「DRAGON BALL 冒険SPECIAL」では、当人とブルー将軍の「男の履歴書」にて、生存を暗示する記述があった。
  12. ^ 鳥山明「其之百六十九 天津飯と桃白白」『DRAGON BALL 第15巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年12月6日、ISBN 4-08-851612-5、11頁。
  13. ^ a b 「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』125頁。
  14. ^ a b PCエンジンソフト『ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説』
  15. ^ プレイステーション2ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!』
  16. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158-159頁。
  17. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』150-153頁。
  18. ^ 『尾田栄一郎画集 ONE PIECE COLOR WALK 1』集英社、2001年、ISBN 978-4088592176、102頁。
  19. ^ 鳥山明「其之八十七 カリン塔」『DRAGON BALL 第8巻』39頁。


「桃白白」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

桃白白に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桃白白」の関連用語

桃白白のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ロバート・テイラー

フランクリン

指定方向外進行禁止

鋼床版補強用SFRC舗装

節分

Xsan

ビクトリー

太白





桃白白のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桃白白 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS