若返りとは?

わか がえり -がへり [0] 【若返り】

( 名 ) スル
若返ること。 「チームの-をはかる」

若返り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

若返り

読み方:わかがえり

若くなること。組織構成員役員などに、より若い人起用することを意味する場合が多い。

若返り

★1a.草・花果実などを、飲んだり食べたりして若返る

ギリシア奇談集』アイリアノス)巻3-18 オケアノス彼方大陸に「不帰の郷」があり、「快楽川」が流れている。そのほとりの木の実を食べた者は、もろもろ欲望捨て少しずつ若返る老人壮年青年少年へと回帰し、やがて胎児となって消滅するのである〔*→〔逆さまの世界1bの『逆まわりの世界』(ディック)に類似〕。

ギルガメシュ叙事詩 不死求めて旅をするギルガメシュは、不死者ウトナピシュテムから海底の若返りののことを教えられる。ギルガメシュ深淵にもぐって若返りのを手に入れるが、故郷ウルク帰る途中水浴をしている間に、来てそのを食べてしまう。

今古奇観第8話「灌園叟晩逢仙女」 崔玄微という老人が、広い庭に多く草花を植えて楽しんでいたが、花の精からもらった花びらを食べて30代に若返り、後には神仙の道を得て仙界へ去った。

七草草紙御伽草子国の大しうは、百歳に及ぶ老父母に、帝釈天教えによって春の七草与え20歳ほどに若返らせた。

ファウストゲーテ第1部 初老学者ファウスト(*50歳代と考えられる)は、悪魔メフィストフェレス用意した若返りの飲み30年若返る美し青年の姿となったファウストは、街角で見かけ10代の処女マルガレーテグレートヒェン)を誘惑して、関係を持つ。

*→〔りんご〕1の『詩語法』(スノリ)第2~3章。

★1b.を食べたりを飲んだりして、老夫婦若返る

桃太郎昔語ももたろうむかしがたり昔々のこと。爺は山へ草刈りに、婆は川へ洗濯に行った。川に流れて来たを食べると、爺と婆は若夫婦に変じて、2人の間に元気な赤ん坊(=桃太郎)が生まれた〔*江戸時代桃太郎物語は、若返った婆が桃太郎を産む、という形が多い〕。

『若返りの昔話山へ炭焼きに行った爺が、岩陰清水飲み若者になって家に帰った。婆が羨んで清水へ行くが、うんと若返ろうと欲張って飲みすぎ、赤ん坊になってしまった(山梨県西八代郡)。

★1c.水の中に入って若返る

マハーバーラタ第3巻「の巻」 若く美貌アシュヴィン双神が、老チャヴァナ聖仙とともに湖水に入る。しばらくして3人は湖から出て来るが、老チャヴァナ聖仙はすっかり若返って美青年となっており、アシュヴィン双神との見分けつかないくらいだった→〔三者択一〕4。

★1d.月の神は、若返りの持っている

万葉集13 3259歌 「・・・月読つくよみ)の持てる変若水(をちみづ)い取り来て君にまつりて変若(をち)えてしかも〔*月の神が持っている若返りの取って来て我が君差し上げ、若返っていただきたい〕」とあるように、月の神は若返りのを持つ、との俗信があった。

お月様お日様が、変若水(しじみず)を人間与えようとする→〔死の起源〕1の『月と不死』(ネフスキー)。

★2.魔法神通力などによって若返る

ギリシア神話アポロドロス)第1巻第9章 魔女メディア牡羊八つ裂きにして煮、子羊に若返らせる。「同様にして老ペリアス王を若返らせる」とのメディア言葉に、王の娘らは欺かれ、ペリアス王を細々に切り裂いて煮る。

ペンタメローネバジーレ)第1日10話 王様がだまされて老婆共寝するが、明かりをつけてその正体を見、怒って老婆を庭へ放り出す。朝、通りかかりの7人の妖精が、老婆15歳ほどの美女変身させる。王様はその美女昨夜老婆とは知らず花嫁にする→〔真似〕2。

ペンタメローネバジーレ)第4日第1話 ミネコ老人魔法の石を指輪にはめ、それに願って18歳の若者になり、王女結婚する。しかし魔術師指輪を奪われ、ミネコは老人にもどる。2匹の鼠が魔術師の指をかじって指輪取り返し、ミネコは前以上の美男子になる。

老婆が若い女に変身する→〔老婆2a

★3.老いてはまた若返ることを繰り返す

八百比丘尼伝説 18歳の娘が人魚の肉を食べ、死ねない身体になって、百歳になると18歳に戻ることを繰り返す。娘は尼になって「白比丘尼」と呼ばれたが、後に若狭の国行き百年以上も生きたので、「八百比丘尼」とも呼ばれた(石川県輪島市縄又町)。また、結婚して夫とともに老いるが、夫が死ぬと娘時代若返ることを繰り返した、ともいう(福井県小浜市)。

★4.身近にいる人を若返らせる不思議存在

竹取物語 翁が竹中からかぐや姫を見つけ、姫は3ヵ月成人して、多くの男が求婚に来る。その時、翁は70歳過ぎだった。翁が20余年かぐや姫を養った頃、姫は「私はまもなく月へ帰る」と告げるが、その年、翁は50歳ほどだった〔*『竹取物語』の記述そのまま読めば、翁は1年に1歳ずつ若返ったことになる〕。

毘沙門の本地御伽草子天竺瞿婁(くる)国の千載王が90歳、妃が60歳の時、申し子をして天大玉姫を得た。姫が生まれると王は20歳、妃は1718歳ほどに若返った。乳母50歳から1718歳ほどになり、その他、民百姓にいたるまで、姫を拝んだ人は皆若返った。

子訓と対座した老人たちは、鬚も髪も黒くなった→〔白髪2cの『神仙伝』巻5「子訓」。

★5.若返ったと思ったら、病気だった。

だまされた女』マン50歳の未亡人ロザーリエは閉経期迎え自分がもはや女でなくなったことを寂しく思う。彼女は24歳の青年ケン知り合い、胸をときめかせる。ある日、ロザーリエは思いがけず出血見て、「再び生理が始まった。私の身体奇蹟が起こったのだ」と歓喜する。彼女はケン逢い引き約束をするが、その直後大量出血倒れる。ロザーリエは子宮癌に侵されていたのだった〔*→〔盗作代作〕3の『再春』(松本清張)は、女性作家がこの小説知らなかったため、盗作問題起こす物語〕。

*これとは逆の設定で、病気だと思ったら妊娠だった、という物語がある→〔妊娠5aの『カズイスチカ』(森鴎外)。

★6.老人若者から若さをもらうが、反省して再び老人にもどる。

マハーバーラタ第1巻「序章の巻」 ヤヤーティ王は聖仙シュクラに呪われ、老人になってしまった。王は5人の息子たちに、「わしの老年引き受けてくれ」と頼む。4人は断るが、末子が父の老い引き受けて、自分若さを父に与える。若返った王は、虎のようにたくましくなり、2人の妃と愛の営み千年以上も楽しんだ。しかしある時、王は人の欲望限りのないことに気づき若さ末子返した。王は断食の行をおこない、妃たちとともに昇天した。

未来ドロボウ藤子・F・不二雄病気余命ヵ月金持ち老人が、貧しさゆえ高校進学断念した少年と、心を交換する。老人の心は、若い身体得て生き生きと、光り輝く毎日を送る。しかしやがて老人は、「若いということは想像以上すばらしい。すばらしすぎる。世界中の富をもってきてもつりあわないだろう。この取り引きは不公平だった」と考え直し未来を正当な持ち主である少年返す

*老富豪の脳が、貧乏青年の若い肉体を味わう→〔憑依〕7の『ぬすまれた味』(小松左京)。

★7.若返り無用論。

這う男ドイル) 老学者が若返ろうとして失敗する事件があった(*→〔〕7c)。ホームズは、若返りには否定的考えを持っていた。彼は言う。「若返りが可能になれば、好色世俗的人間だけが、生命長らえるだろう。崇高な人間は、より高いあの世へ行くことを嫌がらないからだ。この愛すべき世界は、生きる価値のない者ばかりの、汚水溜になってしまう」。

性交による若返り→〔性交〕4の『列仙伝』(劉向)「女几(じょき)」。

白髪生まれその後だんだん若返る→〔白髪1bの『河童』(芥川龍之介16


若返り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/30 02:48 UTC 版)

若返り(わかがえり)は、若くなるための行為を指す。アンチエイジングが抗老化医学と言われ、老化を防ぐために行う行為の総称に対して、若返りは生活様式の改善、思考の変革により若返りを意図し、工夫することで加齢ではなく減齢することにある。




「若返り」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「若返り」の関連用語

若返りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スモークワインダー

ニホンアナグマ

紙袋の口止め

鹿毛

伊豆沼・内沼のマガン

タンパー

KTM 530 EXC-R

ブラックライト





若返りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2017 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの若返り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS