超人機メタルダーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 超人機メタルダーの意味・解説 

超人機メタルダー

原題:
製作国:日本
製作年:1987
配給:東映
スタッフ
監督:富田義治 トミタヨシハル
製作:渡邊亮徳 
プロデューサー:吉川進 ヨシカワススム

折田至 

日笠淳 ヒガサジュン
原作:八手三郎 ヤツデサブロウ
脚本:高久進 
撮影:工藤矩雄 
特撮監督:矢島信男 ヤジマノブオ
音楽:横山菁児 ヨコヤマセイジ
キャスト(役名
妹尾洸  (剣流星
青田浩子 アオタヒロコ (仰木舞)
解説
地球征服を狙う帝王ゴッドネロスに敢然挑むメタルダー活躍を描く。原作八手三郎脚本は「北斗の拳」の高久進監督富田義治撮影工藤矩雄それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ネロス帝国帝王ゴッドネロスが重病倒れた。そして「メタルダーを倒した者に帝国を譲る」とのメッセージが出された。こうしてネロス帝国本格的メタルダー狩りが始まった。その頃、剣流星メタルダー女性カメラマン仰木舞と束の間の平和を楽しんでいたがネロス軍団に襲われた。大爆撃の中、無事、大包囲網を脱出ヨロイ軍団クールギンは、部下の中の精鋭、タグスキーとタグスロン兄弟コンビ送り出した。ネロス軍団興亡を託されたタグ兄弟執拗な攻撃に、さしものメタルダー苦戦するが、仏像の型から啓示を受けた新・必殺拳が炊裂、見事に破るのだった

超人機メタルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 14:51 UTC 版)

超人機メタルダー』(ちょうじんきメタルダー)は、1987年(昭和62年)3月16日から1988年(昭和63年)1月17日まで、テレビ朝日系で全39話が放送された、東映制作の特撮テレビ番組、およびその主人公の名前。




注釈

  1. ^ 書籍『超人機メタルダー大百科』では古賀博士は開発部長であり、古賀博士の指揮のもと設計課長の染谷一郎(陸軍技術中佐)、江木豊、村上荘司らによって作られたと紹介している[8]
  2. ^ 妹尾の二役。
  3. ^ 妹尾自身がサキソフォン演奏が趣味で特技。
  4. ^ 名前が明らかになったのは第29話。
  5. ^ 書籍『全怪獣怪人 下巻』では、名称をタグスキーIIと記載している[14]
  6. ^ 最初使っていたものはネロス帝国を離反する際に失われてしまったため、再登場に際して新しいライフルをどこかから調達している。
  7. ^ ゲーム『スーパーヒーロー作戦』でエナジーブレイカーと名付けられている。
  8. ^ 第1、2話のテロップでは桐原コンッエルンと誤表記。
  9. ^ 名称は、書籍『宇宙船別冊 超人機メタルダー』ではウォッガーII世[31]、書籍『全怪獣怪人 下巻』ではウォッガーIIと記載している[32]
  10. ^ 第5話からの登場であるため、それ以前の回や放送初期のスチールではトップガンダーが序列の二番手となっている。
  11. ^ 書籍『全怪獣怪人 下巻』では、名称を改造ガルドスと記載している[42]
  12. ^ 第17話では元々二丁拳銃の使い手であったことがトップガンダーの口から語られている。
  13. ^ 書籍『全怪獣怪人 下巻』では、名称を改造クロスランダーと記載している[42]
  14. ^ 専用バイクのデザインも起こされており、高射砲的な砲台への簡易的な変形ギミックも考えられていた[45]
  15. ^ 書籍『全怪獣怪人 下巻』では、名称をゴチャック第2形態と記載している[42]
  16. ^ 資料によっては、名称をジュニアと記載している[61][1]
  17. ^ 胸に魚雷発射管を備え、そこにメガドロンやアグミスが乗れるだけの大きさを想定して描かれている[9]
  18. ^ 書籍『宇宙船別冊 超人機メタルダー』では「破壊砲」[67]、書籍『全怪獣怪人 下巻』『超人機メタルダー大百科』では「機関砲」とそれぞれ記載している[65][66]
  19. ^ 同一話内で複数回使用される場合もあった。
  20. ^ 3月30日は『オールスター頭の良くなる学校』(19:00 - 21:00)放送のため休止。
  21. ^ 8月3日は『カリブソン'87』(8:30 - 4日0:30)放送のため休止。
  22. ^ 8月10日は『ナイトライダー・スペシャル』(19:00 - 21:00)放送のため休止。
  23. ^ 1月3日は『NANNOこれしきとんねるず』(9:00 - 10:00)放送のため休止。
  24. ^ 次作『ジライヤ』の後番組として放送された。

参照話数

  1. ^ a b 第1話。
  2. ^ 第2話。
  3. ^ a b c d e f g h i 第39話。
  4. ^ a b c 第10話。
  5. ^ a b 第7話。
  6. ^ a b c d 第4話。
  7. ^ a b 第34話。
  8. ^ 第28話。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 第37話。
  10. ^ 劇場版。
  11. ^ 第26話。
  12. ^ 第25話。
  13. ^ a b 第19話。
  14. ^ 第13話
  15. ^ a b c 第8話。
  16. ^ a b 第3話。
  17. ^ 第5話。
  18. ^ 第6話
  19. ^ 第11話
  20. ^ 第16話。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 宇宙船158 2017, pp. 116-119, 「宇宙船Archives 超人機メタルダー」
  2. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 251.
  3. ^ X文庫『メーキング・オブ・東映ヒーロー(3) メカニカルヒーローの世界』(講談社、1987年)p.57
  4. ^ 宇宙船』Vol.38(1987年10月号)p.53
  5. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 291.
  6. ^ 『宇宙刑事年代記』 徳間書店2004年3月ISBN 4-1973-0103-0
  7. ^ 「INTERVIEW 妹尾青洸」、『東映ヒーローMAX』第3巻、辰巳出版2002年、 102頁、 ISBN 978-4886418296
  8. ^ a b 大百科 1987, pp. 34-35, 「超人機誕生秘話(1)」
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 奇怪千蛮 2017, pp. 194-195, 「DESIGNER INTERVIEW 08 森木靖泰[1]」
  10. ^ kouryoukan 2014年12月13日の発言
  11. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 51.
  12. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 50.
  13. ^ 大百科 1987, p. 70.
  14. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 299.
  15. ^ kouryoukan 2014年11月30日の発言
  16. ^ 大百科 1987, p. 125.
  17. ^ DVD-BOX特典超人機分析文書より。
  18. ^ a b 大百科 1987, p. 129.
  19. ^ a b c 奇怪千蛮 2017, p. 127
  20. ^ 大百科 1987, p. 130-131.
  21. ^ 宇宙船別冊 1987, pp. 52-53.
  22. ^ kouryoukan 2014年12月2日の発言
  23. ^ kouryoukan 2014年12月2日の発言
  24. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 56, 高久進「ある裏切者の独白(モノローグ)」.
  25. ^ 大百科 1987, p. 153.
  26. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 130.
  27. ^ 『宇宙船』Vol.41(1988年4月号)p.38
  28. ^ a b c d 奇怪千蛮 2017, p. 131
  29. ^ 大百科 1987, p. 155.
  30. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 293.
  31. ^ 宇宙船別冊 1987, pp. 58、61.
  32. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 294.
  33. ^ 大百科 1987, p. 157.
  34. ^ a b c d e f g h i j k 奇怪千蛮 2017, pp. 196-197, 「DESIGNER INTERVIEW 09 岡本英郎[1]」
  35. ^ a b c d 奇怪千蛮 2017, p. 132
  36. ^ 大百科 1987, p. 162.
  37. ^ a b c d e f 奇怪千蛮 2017, pp. 198-199, 「DESIGNER INTERVIEW 10 寺田克也」
  38. ^ 大百科 1987, p. 163.
  39. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 133.
  40. ^ 大百科 1987, p. 164.
  41. ^ a b c 大百科 1987, p. 166.
  42. ^ a b c 全怪獣怪人 下 1990, p. 295
  43. ^ a b 奇怪千蛮 2017, p. 135
  44. ^ 『B-CLUB』No.24 1987年11月号、バンダイ出版課、1987年、 74 - 75頁。
  45. ^ kouryoukan 2014年12月1日の発言
  46. ^ kouryoukan 2014年11月30日の発言
  47. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 29.
  48. ^ 『宇宙船』Vol.41(1988年4月号)、1988年4月、 38頁。
  49. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 137.
  50. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 15.
  51. ^ a b c 奇怪千蛮 2017, p. 138
  52. ^ kouryoukan 2014年12月9日の発言
  53. ^ a b c 奇怪千蛮 2017, p. 139
  54. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 33.
  55. ^ 全怪獣怪人 下 1990, pp. 296、298.
  56. ^ 『東映ヒーローMAX vol.33』の扇澤延男へのインタビューより。
  57. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 141.
  58. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 142.
  59. ^ a b 奇怪千蛮 2017, p. 143
  60. ^ a b 奇怪千蛮 2017, p. 144
  61. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 298.
  62. ^ a b c d 奇怪千蛮 2017, pp. 200-202, 「DESIGNER INTERVIEW 10 篠原保[1]」
  63. ^ a b 「『高速戦隊ターボレンジャー篠原保のコメント」『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995』 グライドメディア、2011年12月15日、253頁。ISBN 978-4813021636
  64. ^ DVD-BOX超人機分析文書より。
  65. ^ a b c 全怪獣怪人 下 1990, p. 297
  66. ^ a b c 大百科 1987, p. 204
  67. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 43.
  68. ^ a b c 奇怪千蛮 2017, p. 149
  69. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 129
  70. ^ 奇怪千蛮 2017, p. 145
  71. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 61.
  72. ^ 『東映ヒーロー仮面俳優列伝』 辰巳出版。
  73. ^ 『東映ヒーローMAX』32、辰巳出版。
  74. ^ 『ORIGINAL SOUNDTRACK 超人機メタルダー』解説書 p.19
  75. ^ 大百科 1987, p. 207 - 222.
  76. ^ 宇宙船別冊 1987, p. 48.
  77. ^ 宇宙船158 2017, pp. 120-121, 五十嵐浩司「名作SF3Dモデル・ワールド BUILT.38」.
  78. ^ 「超人機メタルダー」第33話 感想・解説・あらすじ・シナリオ比較”. 語 る!. ジオシティーズ. 2008年6月9日07:52閲覧。
  79. ^ 『宇宙船』Vol.41(1988年4月号)p.37
  80. ^ a b c CS東映チャンネル・「ピンスポ!」妹尾青洸インタビューより
  81. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、304頁。ISBN 4766927060







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「超人機メタルダー」の関連用語

超人機メタルダーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キルヒホッフ

ネギ油

正法寺川北沢第十四号石堰堤

サンプリングガス

ミニレフレクタ球

チャイロサンゴヤドカリ

920P

ソリハシシギ





超人機メタルダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超人機メタルダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS