秘密戦隊ゴレンジャーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 秘密戦隊ゴレンジャーの意味・解説 

秘密戦隊ゴレンジャー

原題:
製作国:日本
製作年:1975
配給:東映
スタッフ
監督:田口勝彦 タグチカツヒコ
製作:荻野隆史 オギノタカシ

平山亨 ヒラヤマトオル
原作:石森章太郎(石ノ森章太郎) イシモリショウタロウ(イシノモリショウタロウ)
脚本:上原正三 ウエハラショウゾウ
音楽:渡辺宙明 ワタナベチュウメイ
キャスト(役名
誠直也 マコトナオヤ (アカレンジャー)
宮内洋 ミヤウチヒロシ (アオレンジャー)
畠山麦  (キレンジャー)
牧リサ マキリサ (モモレンジャー)
伊藤幸雄 イトウユキオ (ミドレンジャー)
高原駿雄 タカハラトシオ (江戸川権八
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
鉄輪仮面とその軍団イーグル秘密部隊所在地図を盗み出し攻撃開始した。そこでアカレンジャーなどゴレンジャー反撃加え鉄輪仮面撃滅成功するのだった

秘密戦隊ゴレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/12 11:53 UTC 版)

秘密戦隊ゴレンジャー』(ひみつせんたいゴレンジャー)は、1975年昭和50年)4月5日から1977年(昭和52年)3月26日までNET(現・テレビ朝日)系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全84話が放送された、NET・東映制作の特撮テレビドラマ。「スーパー戦隊シリーズ」第1作目であり、NET時代に放送された唯一の同シリーズ作品である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『ストロンガー』での五人ライダー案は、東映と毎日放送の事前協議の段階で没となったため文書としては残されていない[12]
  2. ^ プロデューサーの平山亨は、「モモレンジャー」を先に発想したことからすべて日本語に統一したと証言している[11]
  3. ^ 第1回では2杯食べている。
  4. ^ 『秘密戦隊ゴレンジャー大全集』では「改造人間の軍団」と表現[33]。ダイガー仮面のように、「改造された怪人」と明確に表現しているのもある[34]
  5. ^ このような描写は後のスーパー戦隊シリーズ作品でも幾度か見られる形で受け継がれている。
  6. ^ 一度だけアオレンジャーに漏らしたことはあるが、作戦遂行後だった。
  7. ^ 黄色い1に翼がデザインされている。
  8. ^ ひらがなのに似た字体になっている。
  9. ^ 第82話
  10. ^ また、ゴレンジャーマシンなどでの走行時の並び順と同じでもある。
  11. ^ ただし、見た目や大きさ的にはラグビーボールよりアメフトのボールに近い。
  12. ^ 第24話でグリーンマシーンが切り離しを実行している
  13. ^ ただし、第41話で新命が運転したこともある
  14. ^ カミソリ仮面との戦闘からの離脱の際に、負傷したミドを救出するため、モモがグリーンマシーンを運転。そのままミドをサイドカーに乗せて脱出している。
  15. ^ 第17話でミドレンジャー、第41話で海城が操縦している
  16. ^ 第20話で江戸川総司令が操縦している
  17. ^ 第60話では新命不在の為アカレンジャーが操縦している
  18. ^ ただし、熊野は第65話で、描写はないが単身でゴレンジャー基地までバリタンクを運搬しており、大岩は第67話で運転席から降りてくる描写がある。
  19. ^ 第1話、第2話。また、その出入口からは007などの諜報員も使用しているが、その際のドアの解錠については不明
  20. ^ 第44話
  21. ^ 67話はクレジットなし。
  22. ^ クレジットは「平山慎吾」
  23. ^ ノンクレジット。声は別人の担当
  24. ^ クレジットは「上ノ山功一」
  25. ^ 前年の映画『トラック野郎・爆走一番星』に関根が出演したことに因んだ配役であった[40]
  26. ^ 自宅マンションの表札は「大古次郎」となっていた
  27. ^ ロゴは、当時一般的に使用された「斜体」ではなく、正方形風にアレンジした「直立」だった。このロゴは『アクマイザー3』や『超神ビビューン』でも使用されている。
  28. ^ テロップでは「こうろぎ'73」と表記されていた。
  29. ^ 『オリジナル・サウンドトラック』の楽曲解説では初収録を『東映戦隊ヒーロー バトルミュージックコレクション』と記述しているが、そちらに収録されたのは未使用バージョンであることが楽曲解説に明記されており、実際に使われていたバージョンの初収録は『オリジナル・サウンドトラック』が正しい。
  30. ^ 名称は、「全怪獣怪人 下巻」では「三日月仮面[52]、「'70年代特撮ヒーロー全集」では「三ヵ月仮面[53]とそれぞれ表記している。
  31. ^ 「全怪獣怪人 下巻」では、名称を「一ツ目仮面」と表記している[54]
  32. ^ 「全怪獣怪人 下巻」では、名称を「青スジ仮面」と表記している[54]
  33. ^ 「'70年代特撮ヒーロー全集」では、名称を「テッカン仮面」と記載している[53]
  34. ^ 「'70年代特撮ヒーロー全集」では、名称を「鉄姫仮面」と表記している[53]
  35. ^ デザイン画では名称を「剣鮫仮面」と表記しており[55]、「'70年代特撮ヒーロー全集」ではこちらに準じている[56]
  36. ^ 書籍によっては、名称を「鉄蜘蛛仮面」と表記している[57][56]
  37. ^ 書籍によっては、名称を「鉄蛇仮面」と表記している[58][56]
  38. ^ 「'70年代特撮ヒーロー全集」では、名称を「鉄びん仮面」と表記している[56]

出典

  1. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 148、212.
  2. ^ a b ~スーパー戦隊シリーズ30作品記念企画~ トレーディングカードゲーム「レンジャーズストライク」 - プレスリリース 株式会社バンダイ
  3. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年、344頁。ISBN 4-7669-0962-3
  4. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 169
  5. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 148.
  6. ^ a b c d e f 「ヒーローファイル 秘密戦隊ゴレンジャー」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、pp.48 - 49。ISBN 978-4-05-610166-9
  7. ^ アニメソング25年史、木村英俊、ジーベック音楽出版、90-91頁。
  8. ^ 池田憲章高橋信之『ウルトラマン対仮面ライダー―メガヒーロー 光と影の神話』文藝春秋、1993年、237頁。ISBN 4-16-347170-7
  9. ^ 怪獣とヒーローを創った男たち 2002[要ページ番号]
  10. ^ a b c 大下英治 「第七章 ジャパニーズ・キャラクター世界へ」『日本(ジャパニーズ)ヒーローは世界を制す』 角川書店、1995年、174 - 183頁。ISBN 978-4048834162
  11. ^ a b c d e 大全 2001, pp. 18-19, 「RESPECT平山亨
  12. ^ a b 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 311, 「仮面ライダーストロンガー制作コンセプト」
  13. ^ a b c 特撮ニュータイプ』2011年4月号 73ページ
  14. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 146-147.
  15. ^ スーパー戦隊生誕40周年、新ヒーローは『手裏剣戦隊ニンニンジャー』 オリコン 2014年12月26日。
  16. ^ 宇宙船SPECIAL 1998, pp. 170-171.
  17. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 130.
  18. ^ 『泣き虫プロデューサーの遺言状』 講談社1999年7月15日ISBN 978-4-06-364900-0
  19. ^ 怪獣とヒーローを創った男たち 2002, p. 171.
  20. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 130-131.
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 『大野剣友会伝 ヒーローアクションを生んだ達人たち』 風塵社1999年7月15日ISBN 4-938733-69-2[要ページ番号]
  22. ^ a b c d e f g h i 『東映ヒーローMAX』vol.14(辰巳出版)[要ページ番号]
  23. ^ a b 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 143, 「INTERVIEW 宮内洋」
  24. ^ a b 「秘蔵写真で綴る!! 宮内洋大全集」、『HYPER HOBBY PRESENTS キャラクターランド』Vol.1、徳間書店2015年6月1日、 pp.42-50、 ISBN 978-4-19-730134-8
  25. ^ a b 「特撮ヒーロー界のレジェンドが語る“ヒーローの在り方” 宮内洋」『俺たちのPLAY-BACK 昭和マガジン VOL.2 ボクらのスーパー戦隊』 ダイアプレス〈DIA Collection〉、2015年6月18日、pp.54-58。ISBN 978-4-8023-0030-8
  26. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 130、148.
  27. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 130、148、180.
  28. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 196.
  29. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 47、131.
  30. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 5.
  31. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 7.
  32. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 8.
  33. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 36、40.
  34. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 71.
  35. ^ 「名作SD3Dモデル・ワールド 超合金秘密戦隊ゴレンジャーシリーズ」、『宇宙船』VOL.150(2015 autumn)、ホビージャパン2015年10月1日、 83頁、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  36. ^ a b c 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 32
  37. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 147.
  38. ^ 『スーパー戦隊アートコレクション 戦隊ロボ編』 メディアワークス2002年、153頁。ISBN 4-8402-2139-1
  39. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 33.
  40. ^ 「TOQGER Main Cast Interview 07 関根勤(取材・構成 大黒秀一)」『OFFICIAL PERFECT BOOK TOQGER ETERNAL MEMORIES 烈車戦隊トッキュウジャー 公式完全読本』 ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、東京、2015年6月20日、第1版、38頁。ISBN 978-4-7986-1031-3
  41. ^ 新堀和男”. 株式会社 レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2011年4月9日閲覧。
  42. ^ a b c d e f 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988[要ページ番号]
  43. ^ 代表プロフィール”. Office Big. 2011年5月16日閲覧。
  44. ^ “大葉健二がやってきた! 『宇宙刑事ギャバン』からのメッセージ”. ガジェット通信. http://getnews.jp/archives/66291 2011年4月9日閲覧。 
  45. ^ 『東映ヒーローMAX』 Vol.5、辰巳出版、2003年、60項
  46. ^ 『東映ヒーローMAX』 Vol.29、辰巳出版、2009年、60項
  47. ^ 『東映ヒーローMAX』 Vol.29、辰巳出版、2009年、60項
  48. ^ 『東映ヒーローMAX』 Vol.29、辰巳出版、2009年、60項
  49. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー MUSIC COLLECTION』(1996年、日本コロムビア)のライナーノーツより。
  50. ^ 『東映戦隊ヒーロー バトルミュージックコレクション』(1997年、日本コロムビア)のライナーノーツより。
  51. ^ 『東映戦隊ヒーロー バトルミュージックコレクションVol.2』(1997年、日本コロムビア)のライナーノーツより。
  52. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 172.
  53. ^ a b c 宇宙船SPECIAL 1998, p. 216
  54. ^ a b 全怪獣怪人 下 1990, p. 173
  55. ^ 大全 2001, p. 121.
  56. ^ a b c d 宇宙船SPECIAL 1998, p. 217
  57. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 178.
  58. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 179.
  59. ^ 1975年4月15日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  60. ^ NETテレビ系の土曜18:00 - 18:30における『超電磁ロボ コン・バトラーV』は、6日遅れの金曜17:00 - 17:30にて放映。
  61. ^ a b 「DVD & VIDEO Selection」、『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ2003年5月1日、 88頁、 雑誌コード:01843-05。
  62. ^ 宮内洋『ヒーロー真髄』 風塵社、1999年、116-117頁。
  63. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1999』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1999年5月1日、64頁。雑誌コード:01844-05。
  64. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 2000』 朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2000年4月20日、62頁。雑誌コード:01844-04。
  65. ^ 但し、第1巻は16話収録。
  66. ^ 東映ビデオ:秘密戦隊ゴレンジャー特集
  67. ^ 永谷園のプレスリリース (PDFファイル)
  68. ^ DyDo Drink Message 企業情報 ニュースリリース
  69. ^ パンフレット掲載の出演者・スタッフインタビュー記事より。同作品に宮内はジャッカー電撃隊・番場壮吉/ビッグワンとして出演。
  70. ^ 勝敗を分けた延長戦 日本ハム - 劇的サヨナラが一転、球界史上初の珍事nikkansports.com、2017年2月5日閲覧。 ※タイトルには「延長戦」とあるが、記事の本文の方では述べられているように、当試合は9回で終了している。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

秘密戦隊ゴレンジャーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「秘密戦隊ゴレンジャー」の関連用語

秘密戦隊ゴレンジャーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオハネモ

ビーノ

交差する

Y形道路交差点あり

観世音寺の鐘

災害対応多目的車

ジャポニカ種

7000形





秘密戦隊ゴレンジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秘密戦隊ゴレンジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS