サイマル放送とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > サイマル放送の意味・解説 

サイマル放送 simulcast

アナログ放送デジタル放送とで同時に同一番組放送すること。2003年12月から地上波デジタル放送が始まったものの、この放送従来アナログ受信機では見ることができないアナログ受信機使用している視聴者保護する必要があるので、2011年7月アナログ放送終了するまではサイマル放送が義務づけられている。

サイマル放送

アナログの現行BS1/のコンテンツを、デジタルでも放映すること。またはその逆。現在アナログBSの受信世帯は相当な数にのぼっており、これらの視聴者保護の意味も含めて行なわれる予定。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


サイマル放送

【英】simulcast

サイマル放送とは、2種類以上の放送波で同一内容放送することである。例えば、衛星放送番組同時に地上波放送する、地上波衛星放送番組ケーブルテレビそのまま放送するなどといったことがサイマル放送にあたる。2005年4月現在、NHKWOWOWClub COSMO(旧St.GIGA)の3局がBS放送衛星)のアナログチャンネルとデジタルチャンネルでサイマル放送を行っている。

放送のほかの用語一覧
技術・規格:  N型コネクタ  SPOT  SECAM  サイマル放送  双方向サービス  24p  TiVo

サイマル放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/29 21:43 UTC 版)

サイマル放送(サイマルほうそう、simulcastsimultaneous broadcasting)とは、同時並行放送のこと。1つの放送局が同じ時間帯に同じ番組を、異なるチャンネル周波数)、放送方式、放送媒体で放送すること。地上アナログテレビ放送地上デジタルテレビ放送衛星放送ワンセグ放送などの組み合わせがある。インターネットなどのIPネットワーク上で電波による放送と同内容のものを配信する場合はIPサイマル放送と呼ばれる。


  1. ^ BShiでのサイマル放送は、2010年12月までにすべて終了した。
  2. ^ 山陰放送では2009年3月27日にテレビ朝日系帯番組のネットから完全撤退している。
  3. ^ 日本テレビではフィラーではなく、正規ネットで定時放送している。
  4. ^ BS-TBSは2011年3月27日放送分までは時差放送だった。
  5. ^ 5時間独立スペシャル (PDF)テレビ朝日PDFファイル
  6. ^ ワンセグ専用番組放送(ワンセグ独立放送)山陽放送


「サイマル放送」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サイマル放送に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サイマル放送」の関連用語

サイマル放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグザタブレットAT570

Mac OS X Mavericks

Kindle

LuvPad

Adobe FrameMaker

Microsoft SideWinder X6 Keyboard

ルーター

S60





サイマル放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2016 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2016 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイマル放送の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイマル放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS