口径とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 口径の意味・解説 

こう けい [0] 【口径】

大砲や管(くだ)など,円筒形のものの内径
レンズ・鏡の有効直径


【口径】(こうけい)

筒の内側直径原義)。
その筒の中にどの程度大きさの物を入れられるかを調べるために計測する。

火器場合破壊力指標として用いられ、状況に応じて以下の三種類の意味がある

統一規格制定される以前からの慣例が残っているため、厳密な計測値と一致しない場合がある。
例えば、「口径」は弾丸直径を指す事も、ライフリングを彫る前の山でも、溝の深さ加味した谷径でも有り得る
また、メーカー商標登録問題から数値表記基準異なる、などという事例も多々ある
例えば「9mmパラベラム」「.357マグナム」「.38スペシャル」は全て同じ9mm銃口から発射される。

砲の口径

カノン砲榴弾砲場合、「口径」は砲身長さを示す単位として用いられる。
「1口径」はその砲の口径に等しく例えば「44口径」であれば口径の44倍の長さがある事になる

44口径120mm滑腔砲」なら口径が120mm、砲身長が120mm x 44 = 5280mm。

一般に長身の砲ほど威力減衰少なく命中率も高いものとされる
これは歩兵用の火器でも同様だが、初活力対人火器よりも大きい分、誤差無視できないほど大きい。

銃の口径

拳銃小銃などの個人携行火器では、口径は単純に銃口直径を意味する。
単位としては「インチ」を用いるが、1インチ上である事はまずないため、小数点付記して記述する。
例えば「.50口径」であれば0.5インチ(約12.7mm)である。

場合によっては「ミリメートル単位を用いることもあり、この場合、「.50口径」なら「12.7mm」と置き換えられる。

この場合、12.7mmを「12.7口径」と記述てはならない
12.7mm対物ライフルが12.7インチ = 322.5mm口径の要塞砲混同される、などといった事態起こりえるためである。

散弾銃の口径

散弾銃においては、「口径」は銃口ではなく個々散弾直径を意味する。

日本語用例としては相当に疑問余地があるが、慣例としてこうなっている。
ただ、散弾銃カタログスペックで「口径」の語を実際に目にする事は多くない。
実際表記では「ゲージ番号XX」「~~番ゲージ」などと記述される。

単位としては「ゲージ番号」が使われる。
これは、リード弾として整形した場合散弾1個の重量何分の1ポンドになるかを示している。
たとえば12ゲージ12分の1ポンド、8番ゲージは8分の1ポンドである。

ただし、現代ではリード弾散弾主流から転落しているため、計測時には重量ではなく直径問題になる。
ゲージ番号直径の対応関係は以下の通り数字大きいほど散弾軽く小さくなる

ゲージ番号口径
1019.5mm
1218.1mm
1616.8mm
2015.6mm
2414.7mm
2814mm
3012.3mm
3611.3mm
41010.4mm

口径

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/21 18:17 UTC 版)

口径: calibre)は、火器や砲において銃砲身のサイズを示す言葉である。現在では火器で使用される「口径」の語は、複数の意味で用いられる。




「口径」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「口径」の関連用語


2
72% |||||




6
58% |||||

7
開口 国語辞典
58% |||||

8
国語辞典
58% |||||

9
差渡し 国語辞典
58% |||||

10
直径 国語辞典
58% |||||

口径のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

装弾筒付翼安定式徹甲弾

AH-64

ティルトローター

AGM-88

野戦砲

AAA

VADS

F-86





口径のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの口径 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS