87式自走高射機関砲とは?

87式自走高射機関砲 87AW 愛称 スカイシューター


【87式自走高射機関砲】(はちななしきじそうこうしゃきかんほう)

陸上自衛隊が、前線機動する機械化部隊防空用として装備する自走対空機関砲
陸自創設期にアメリカから輸入されたM42ダスター自走高射機関砲M15A1対空自走砲後継として開発された。
防衛省は略称を「87AW」、広報向け愛称を「スカイシューター」としているが、部隊では「ガンタンク」や、敵航空機見立てて、それを撃墜する「ハエ叩き」とも呼ばれる
車体三菱重工、砲および砲塔日本製鋼所射撃統制装置三菱電機生産担当している。

車台には74式戦車車体ベースとした物を使用し、1983年試作車両が完成1987年制式化された。
砲塔左右KDA 35mm高射機関砲を1門ずつ、計2門装備している。

射撃統制装置デジタル式で砲塔後部のパルスドップラー方式捜索レーダーおよび追尾レーダー構成され、目標発見捕捉追尾発射までの過程リアルタイム算出し、車体、砲の動揺修正全て自動的に行う。
高度なECM環境下でのバックアップ用に、TVカメラ、低光度TVカメラ赤外線映像装置レーザー測遠機などの光学照準システム搭載されている。

射撃統制装置レーダー機器装備した高性能自走式対空砲だが、約15億円超と調達費が高額になったため年に数両しか導入できず、わずか52両で調達終了した。
配備されている部隊も、北海道駐留する第7師団高射特科連隊及び第2師団高射特科大隊の1中隊のみと、ごく少数に留まっている。

なお、レーダー機器配置ゲパルト自走式対空砲同様の配置理想としていたが、ゲパルトレーダー配置特許取っていたため、それに触れないよう配置されている。

スペックデータ

乗員3名
全長7.99m
全高4.40m
全幅3.18m
戦闘重量38.0t
エンジン三菱10ZF22WT 空冷2ストロークV型10気筒 ターボチャージド・ディーゼル(出力2,200rpm)
最大速度
路上
53km/h
行動範囲300km
有効射程4,000m
発射速度550rds/min
兵装KDA 35mm高射機関砲×2門

87式自走高射機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/18 10:56 UTC 版)

87式自走高射機関砲(はちななしきじそうこうしゃきかんほう)は、陸上自衛隊が装備する自走式対空砲である。




  1. ^ a b c d e f g PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P38
  2. ^ 江畑謙介「日本の軍事システム 自衛隊装備の問題点」講談社 2001年
  3. ^ 装甲車両・火器及び弾薬の開発・調達について 平成23年2月 防衛省経理装備局艦船武器課
  4. ^ JapanDefense.com
  5. ^ 防衛白書の検索
  6. ^ 防衛省 予算などの概要
  7. ^ a b c d レーダー格納時
  8. ^ a b c レーダー展開時
  9. ^ 劇中の「五体に一体は雷雨を突破」というセリフから


「87式自走高射機関砲」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

87式自走高射機関砲に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「87式自走高射機関砲」の関連用語

87式自走高射機関砲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フェザリング

92式地雷原処理車

S-24

個人用暗視装置

イルミネーター

64式81mm迫撃砲

ペイブウェイ

AH-1S





87式自走高射機関砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2017 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの87式自走高射機関砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS