空対空ミサイルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 空対空ミサイルの意味・解説 

くうたいくう ミサイル [8] 【空対空ミサイル】


【空対空ミサイル】(くうたいくうみさいる)

Air to Air Missile (AAM)

航空機航空機撃墜する目的のために設計された誘導弾
ロケットエンジンにより超音速目標飛翔追尾し、至近距離での爆発被害与える。
現代戦闘機にとって最も重要な武装で、機関砲など従来武装半ば過去のものとしている。

一時期機関砲標準装備しない戦闘機である「ミサイリアー」も出現した。
しかしベトナム戦争などの戦訓で重大な欠陥指摘され、現代まで戦闘機機関砲装備続けている。

終端誘導にはアクティブレーダー誘導、またはセミアクティブレーダー誘導を用いるのが一般的
短距離用ではジェットエンジン放熱捉える赤外線誘導方式も用いられる。

長さに応じて「長対空ミサイル」「中対空ミサイル」「短対空ミサイル」と分類される場合がある。
この場合、『長さ』とは有効射程指しミサイル自体物理的長さではない。
ただし、搭載燃料体積はほぼ射程比例するため、射程長いミサイルほど大型化する傾向はある。

参考:ミサイル万能論 最後の有人戦闘機 戦闘機不要論 トップガン AIM-7

主な短射程空対空ミサイル(世代別)

主な中射程空対空ミサイル

主な長射程空対空ミサイル


空対空ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/17 06:34 UTC 版)

空対空ミサイル(くうたいくうミサイル、英語: air-to-air missile, AAM)は、兵器の1種であり、空中から発射され空中の目標を攻撃するためのミサイルである。




  1. ^ ロン・ノルディーン著 高橋赴彦監訳 繁沢敦子訳 『現代の航空戦』 原書房 2005年5月15日第1刷発行 ISBN 4562038691
  2. ^ スウェーデンの旗 スウェーデン/イタリアの旗 イタリア/ノルウェーの旗 ノルウェー/ギリシャの旗 ギリシャ/ドイツの旗 ドイツ/カナダの旗 カナダ
  3. ^ イギリスの旗 イギリス/ドイツの旗 ドイツ/イタリアの旗 イタリア/フランスの旗 フランス


「空対空ミサイル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「空対空ミサイル」の関連用語

空対空ミサイルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AN/AAQ-33

F-14

リンクス

99式自走榴弾砲

ベントラルフィン

尾輪式

デルタ

迫撃砲





空対空ミサイルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空対空ミサイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS