ベトナム戦争とは?

ベトナム戦争(べとなむせんそう)

アメリカ北ベトナム爆撃して、拡大ていった戦争だ。当時北ベトナムソ連中国支援を受けていた。これに対し、アメリカ南ベトナム支援していた。1965年社会主義拡大恐れアメリカは、この北ベトナム攻撃した。アメリカは「北ベトナムはすぐに降伏する」と思っていたのだ。

ところが、予想外戦争長期化した。北ベトナムは、アメリカが思う以上に強敵だった。ついにはベトナム戦争はゲリラ戦になった。そして、ジャングルでの戦いが始まった。民間人軍人も関係なく、子供までもが戦争巻き込まれた。北ベトナム兵士は、ジャングル隠れアメリカ攻撃した。

そこで、アメリカ枯葉剤空中から散布し、ベトナム森林破壊しようとした。「ベトナムまるはだかにして兵士隠れところをなくそう」としたのだ。しかも、この際に使用された枯葉剤には、猛毒ダイオキシンが含まれていた。このあとベトナムでは奇形児障害児がたくさ生まれようになった

しかし、そんなにしても、アメリカはベトナム戦争で勝利をあげることができなかった。というのは、内外反対運動経済的負担のために、アメリカ戦争続けられなくなったのだ。1973年1月27日ベトナム和平協定調印される。 そして、その2ヵ月後の3月29日 ベトナムからアメリカ軍撤収完了した。アメリカはベトナム戦争に「敗北」したのだ。

アメリカがいなくなったあと、ベトナム北ベトナムによって統一された。これが現在のベトナム社会主義共和国だ。

(2000.10.14掲載


ベトナム戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/22 03:56 UTC 版)

ベトナム戦争(ベトナムせんそう)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では「米国戦争Chiến tranh Mỹ quốc)」「対米抗戦Kháng chiến chống Mỹ)」「抗米救国戦争Kháng chiến chống Mỹ cứu nước)」などと呼ばれる[2]




[ヘルプ]
  1. ^ 「ケネディ政権のかつてのメンバーの中には、ケネディがアメリカ軍(軍事顧問団)を完全撤退させる決定を1964年の大統領選挙の後にするつもりだったと論じている人もいるが、その他の同様の要職に就いていた人はこれを否定している」キッシンジャー著「外交」p298。
  2. ^ 同じ時期のベトナム労働党の評価は17万人であった。
  3. ^ 地上部隊を派遣したのは南ベトナム国内だけで、北ベトナム領内には中華人民共和国の全面介入をおそれて派遣しなかった。
  4. ^ しかし、12度逮捕されたコーヴィックのように違法なデモなどを行ったこともあり、高い支持を受けることはなかった。
  5. ^ 1月31日にサイゴンのアメリカ大使館に決死隊20名が突入占拠し約6時間の交戦の後に19名が死亡し、1名が捕虜となった。この時の戦闘でアメリカ兵4名も死亡している。「ベトナム戦争の記録」30P 大月書店
  6. ^ その後、アメリカに亡命して1988年時点ではアメリカのバージニア州に在住している。
  7. ^ 当時38歳。いわゆる秘密メンバーで、彼のグループはサイゴン河の海軍基地ゲート前での銃撃戦で7名が戦死し数時間の戦闘の後に13名の仲間とともに捕虜となった。そこから1.5キロ離れた国家警察本部に連行されて本部ロータリーの前で他の13名が射殺されて、その時にリーダーと目された彼だけがそのまま長官の所へ連行された。以前レムはロアンの関係者家族を皆殺しにしていたというのは真偽不明である。「ベトナム戦争の記録」 決定的瞬間の主役たちの現在 157P 大月書店
  8. ^ 反戦運動は必ずしも大学生や裕福な層だけのものではない。ベトナム戦争から戻ってきた兵士も反戦運動に加わることもあった。また反戦運動には加わらなくても、保守派内でもベトナム戦争を早く終わらせる考えが強く、明確に戦争を支持する人々は68年以降は少なく、たんに反感ではなく当時のアメリカ国内で国論を分裂させたベトナムからの撤退を願う人々が多かった。その意味ではサイレントマジョリティーも反戦であった。
  9. ^ ホーチミンを失った北ベトナム政府は、ソ連のレーニンの例に倣って、本人の意思を無視してソ連のエンバーミング専門家を招請して遺骸を防腐処理して保存し、巨大なホーチミン廟を建設して安置した。その後、1976年に中華人民共和国で毛沢東が死亡した際には、中ソ対立の影響でソ連からのエンバーミング技術指導が得られなかった中共指導部が、ある程度ノウハウがあると思われたベトナム政府に毛沢東の遺体保存への協力を求めたが断られ、毛沢東の遺体は9月の残暑の中で腐敗してしまい保存には失敗してしまった。このため葬儀では水晶で毛沢東の棺を作り真空状態にして保存したとして公開したが、中身は蝋人形であると言われており、この時のベトナム側の態度が中越対立の伏線となったとも言われている[誰によって?]。(林彪事件の際にも、わざわざ北ベトナムにことわりを入れていて、何か伏線があったのだろうと推察される)
  10. ^ 父親が儒者であったホー・チ・ミンが共産主義者としてアジアで活動を始めたのは、孫文がソ連の支援を受けて廣東に設立した黄埔軍官学校(校長は蒋介石)の教官としてであり、同校には多数のベトナム人留学生達も学び、卒業後は北伐戦に参加している。本人はアメリカ製のセーラム煙草を愛し、アメリカのOSSの要員から“ひどく良い奴だった”と回想された人物であった。
  11. ^ 南ベトナム軍は、正規軍・地方軍・民兵で構成されており、1971年においては、正規軍51万6000人、地方軍と民兵53万2000人の計104万8000人の兵力であった。だが、約半数を占めていた地方軍と民兵は、装備が劣っていた北ベトナム軍・南ベトナム解放民族戦線には太刀打ちができず、1972年以降においては、年を追うごとに人数を減らされていった。
  12. ^ この大攻勢は、復活際(イースター)攻勢(Easter Offensive)と呼ばれている。
  13. ^ その中で、航空機からの敷設機雷は5000個に及んだ。
  14. ^ ホーチミンのあとを継いだ北ベトナムのレ・ズアン指導部は、当初「南ベトナム政権との戦いは1980年頃まで続くだろう」と考え、長期戦に備えて大量の兵站物資を南ベトナムの拠点に備蓄していた。しかし南ベトナム政権軍の崩壊は予想外に早く、大量の余剰軍需物資と元南ベトナム解放民族戦線・旧南ベトナム政権軍兵士の処遇に困る結果となった。この事態が後のカンボジア侵攻でベトナム政府が勝負に出る原因のひとつとなった。
  15. ^ レノンの行う「反戦活動」に対して共感するファンも多く、当時レノンがイギリスで大麻所持により逮捕されたためにアメリカへの再入国が許可されなかったことを、「レノンの『反戦活動』による若者への影響を嫌うニクソン政権による嫌がらせ」との解釈もあった(アメリカでは通常、近年内に麻薬での逮捕歴がある人間の入国は拒否される)。
  1. ^ a b c d 油井大三郎古田元夫『世界の歴史第28巻:第二次世界大戦から米ソ対立へ』 中央公論社1998年.p.333
  2. ^ 油井・古田1998,p313。
  3. ^ 鹿島茂『怪帝ナポレオンIII世 第二帝政全史』 講談社、2004年 p.409
  4. ^ ヤコノ 『フランス植民地帝国の歴史』 白水社〈文庫クセジュ798〉1998年,p.64
  5. ^ 世界大百科事典平凡社「ニューカレドニア」
  6. ^ 世界大百科事典平凡社、「第二次アヘン戦争」
  7. ^ 高村忠成 『ナポレオン3世とフランス第二帝政』 北樹出版、2004年 p.137-138
  8. ^ 世界大百科事典平凡社「フランス」
  9. ^ 石井米雄、桜井由躬雄 『東南アジア史〈1〉大陸部』山川出版社、1999年,p229
  10. ^ 高村忠成 『ナポレオン3世とフランス第二帝政』p.140
  11. ^ グザヴィエ・ヤコノ 『フランス植民地帝国の歴史』 平野千果子訳、白水社〈文庫クセジュ798〉1998年,p65
  12. ^ 世界大百科事典「洋擾」の項目
  13. ^ 『東南アジア史〈1〉大陸部』山川出版社1999,p230
  14. ^ a b c d e f g 小倉貞男『ドキュメント ヴェトナム戦争全史』岩波書店1992
  15. ^ 小倉1992,p17
  16. ^ 小倉1992,p18
  17. ^ 小倉1992,p18
  18. ^ 小倉1992,p18
  19. ^ 小倉1992,p18-19
  20. ^ 小倉1992,p18-19
  21. ^ 小倉1992,p18-19
  22. ^ 小倉1992,p22。
  23. ^ ベトナム独立宣言、小倉1992,p20-23
  24. ^ 小倉1992,p20-23
  25. ^ 小倉1992,p23
  26. ^ 小倉1992,p24
  27. ^ 油井・古田『第二次世界大戦から米ソ対立へ』 1998年,p159
  28. ^ a b c 玉居子精宏「ベトナム秘史に生きる日本人:第2回:植民地政府を解体した一夜の奇襲作戦」web草思2007年8月23日]
  29. ^ 油井・古田1998,p.162
  30. ^ 油井・古田1998,p.169
  31. ^ 小倉1992,p24-25
  32. ^ 油井・古田1998,p.170
  33. ^ 小倉1992,p25
  34. ^ 小倉1992,p25
  35. ^ 小倉1992,p25-26
  36. ^ 小倉p2-3
  37. ^ 小倉p3-4
  38. ^ 小倉p4-5
  39. ^ 小倉1992,p6
  40. ^ 松岡2001,p9
  41. ^ 油井、古田1998,p234
  42. ^ 松岡2001,p9
  43. ^ 小倉1992,p32
  44. ^ 小倉1992,p32
  45. ^ 小倉1992,p33
  46. ^ 小倉1992,p33
  47. ^ 小倉1992,p29
  48. ^ 小倉1992,p30
  49. ^ 小倉1992,p30
  50. ^ 小倉1992,p30
  51. ^ 小倉1992,p30
  52. ^ 油井、古田1998,p231
  53. ^ 油井、古田1998,p231-2
  54. ^ 油井、古田1998,p232
  55. ^ 小倉1992,p31
  56. ^ 小倉1992,p31
  57. ^ 小倉1992,p31
  58. ^ 小倉1992,p31
  59. ^ 小倉1992,p36
  60. ^ 小倉1992,p36
  61. ^ 玉居子精宏「ベトナム秘史に生きる日本人:第三回:ホー・チ・ミンの軍隊で戦った日本人」web草思2007年9月6日。
  62. ^ 油井・古田1998,p.173
  63. ^ 林英一「残留日本兵」中公新書2012年
  64. ^ 小倉1992,p36
  65. ^ ベトナム独立戦争参加日本人の事跡に基づく日越のありかたに関する研究 井川一久 東京財団研究報告書 2005年10月
  66. ^ 立川京一「インドシナ残留日本兵の研究」戦史研究年報 第5号(2002年3月)防衛省防衛研究所
  67. ^ 小倉1992,p37
  68. ^ 小倉1992,p39
  69. ^ 小倉1992,p39
  70. ^ 小倉1992,p35
  71. ^ 小倉1992,p35
  72. ^ 小倉1992,p35
  73. ^ 小倉1992,p35
  74. ^ 油井、古田1998,p234
  75. ^ 小倉1992,p35
  76. ^ 油井、古田1998,p259
  77. ^ 油井、古田1998,p259
  78. ^ 油井、古田1998,p242
  79. ^ 油井、古田1998,p235
  80. ^ 油井、古田1998,p235
  81. ^ 油井、古田1998,p235
  82. ^ 油井、古田1998,p235
  83. ^ 油井、古田1998,p236
  84. ^ 松岡2001,p12
  85. ^ 油井、古田1998,p236
  86. ^ 小倉1992,p39
  87. ^ 油井、古田1998,p237
  88. ^ 小倉1992,p39
  89. ^ 小倉1992,p39
  90. ^ 小倉1992,p39
  91. ^ 小倉1992,p40
  92. ^ 小倉1992,p40
  93. ^ 油井、古田1998,p275
  94. ^ 油井、古田1998,p275
  95. ^ 小倉1992,p40
  96. ^ 油井、古田1998,p276
  97. ^ 油井、古田1998,p277
  98. ^ 小倉1992,p44
  99. ^ 小倉1992,p41-2
  100. ^ 油井、古田1998,p237
  101. ^ 油井、古田1998,p237
  102. ^ 油井、古田1998,p241
  103. ^ 油井、古田1998,p241
  104. ^ 小倉1992,p45
  105. ^ 小倉1992,p45
  106. ^ 小倉1992,p45
  107. ^ 油井、古田1998,p239
  108. ^ 油井、古田1998,p239
  109. ^ リチャード・ニクソン著『ノー・モア・ヴェトナム』宮崎成人・宮崎緑共訳(講談社 1986年 ISBN 4062024462)。
  110. ^ 小倉1992,p48
  111. ^ 油井、古田1998,p240
  112. ^ 油井、古田1998,p261
  113. ^ 小倉1992,p63-4
  114. ^ 小倉1992,p64
  115. ^ 小倉1992,p64
  116. ^ 小倉1992,p64
  117. ^ 小倉1992,p64
  118. ^ 小倉1992,p65
  119. ^ 小倉1992,p66
  120. ^ 小倉1992,p83
  121. ^ 小倉1992,p83
  122. ^ 小倉1992,p83
  123. ^ 小倉1992,p64-5
  124. ^ 小倉1992,p84
  125. ^ 小倉1992,p85
  126. ^ 小倉1992,p87
  127. ^ 小倉1992,p67-8
  128. ^ 小倉1992,p68
  129. ^ 小倉1992,p70
  130. ^ 小倉1992,p70
  131. ^ 小倉1992,p69
  132. ^ 小倉1992,p72
  133. ^ 小倉1992,p75
  134. ^ 小倉1992,p75
  135. ^ 小倉1992,p77
  136. ^ 小倉1992,p77
  137. ^ 小倉1992,p93
  138. ^ デイビッド・ハルバースタム著、浅野 輔訳、『ベスト&ブライテスト』(上・中・下)、朝日文庫、1999年
  139. ^ ヘンリー・キッシンジャー著、岡崎久彦訳『外交』日本経済新聞社、1996年p292
  140. ^ アレックス・アベラ著、牧野洋訳、『ランド〜世界を支配した研究所』、文藝春秋社、2008年
  141. ^ ロバート・マクナマラ著、仲晃訳、『マクナマラ回顧録 ベトナムの悲劇と教訓』、共同通信社、1997年、p97
  142. ^ Dennen, Leon (August 12, 1968). U Thant Speaks No Evil on Czech Crisis. Daily News.
  143. ^ クーデター派から信頼されていたCIAサイゴン支局のルシアン・コネイン大佐からも詳しい報告があった。そのため後にCIAによる暗殺ではないかとの疑惑がつきまとう。
  144. ^ 『ベトナム戦争への道―大統領の選択』NHK 1999年』
  145. ^ 『CIA秘録 上巻』
  146. ^ 『ベトナム戦争への道―大統領の選択』NHK 1999年』
  147. ^ a b c d e f 「サイゴンのいちばん長い日」近藤紘一著 サンケイ新聞 1975年
  148. ^ 「ベトナム戦争の記録」146P  ベトナム戦争記録編集委員会  大月書店 1988年12月発行
  149. ^ 「ベトナム戦争の記録」161P 大月書店
  150. ^ 「アメリカ20世紀史」229P 秋元英一・菅英輝 著 東京大学出版 2003年10月発行
  151. ^ 有賀貞編著 『世界歴史大系〜アメリカ史2〜』 山川出版社、1993年7月、p. 410。
  152. ^ 東大作. 我々はなぜ戦争をしたのか 米国・ベトナム 敵との対話(Missed Opportunities). pp. 138-148. ISBN 978-4-582-76704-9. 
  153. ^ a b c d e f 韓国 軍も企業もベトナム参戦”. 朝日新聞 (2008年1月28日). 2008年4月29日閲覧。
  154. ^ 文京洙『韓国現代史』岩波書店
  155. ^ 今日の歴史(8月13日) 聯合ニュース 2009/08/13
  156. ^ 首都機械化歩兵師団英語版
  157. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r D.W.W.コンデ『朝鮮-新しい危機の内幕-』新時代社、1969年
  158. ^ en
  159. ^ 白馬部隊(白馬師団)第29連隊長として全斗煥(後の大統領)が参戦している。池東旭『韓国大統領列伝』中公新書、2002年154頁。
  160. ^ 今日の歴史(9月5日) 聯合ニュース 2009/09/05
  161. ^ a b c d e 『ベトナム戦争 Part−1 コンバット・ドキュメント・シリーズ』戦車マガジン、1991
  162. ^ 군사편찬연구소(軍事編纂研究所) (2005年11月9日). “연도별 해외근무수당 지급총액 및 국내송금액(年度別海外勤務手当て支給総額及び国内送金額)” (朝鮮語). 국방부(国防部). 2010年9月23日閲覧。
  163. ^ The Cold Warrior”. Newsweek (2000年4月9日). 2013年3月16日閲覧。
  164. ^ ハノイの日刊紙ニャンザン(人民)、解放民族戦線の報道による。コンデ同書。
  165. ^ 白馬部隊(白馬師団)には全斗煥(後の大統領)が第29連隊長として参戦している。池東旭『韓国大統領列伝』中公新書、2002年154頁。
  166. ^ a b 三島2003、P203-205
  167. ^ ベトナム女性韓国に謝罪を要求」ヤフーニュース2015年10月16日
  168. ^ 「現代アメリカ政治〜60-80年代への変動過程〜」113P 
  169. ^ 「ベトナム戦争の記録」30P 大月書店
  170. ^ Dmitry Mosyakov, “The Khmer Rouge and the Vietnamese Communists: A History of Their Relations as Told in the Soviet Archives,” in Susan E. Cook, ed., Genocide in Cambodia and Rwanda (Yale Genocide Studies Program Monograph Series No. 1, 2004), p54ff. ( オンライン版
    『1970年4月から5月にかけて、ポル・ポトではなく腹心のヌオン・チアによる要請を受け、多くの北ベトナム軍部隊がカンボジアに侵入した。Nguyen Co Thachは「ヌオン・チアからの要請を受け、我々は10日でカンボジアの5州を解放した」と回想している』
    "In April–May 1970, many North Vietnamese forces entered Cambodia in response to the call for help addressed to Vietnam not by Pol Pot, but by his deputy Nuon Chea. Nguyen Co Thach recalls: "Nuon Chea has asked for help and we have liberated five provinces of Cambodia in ten days.""
  171. ^ 日本国が日本国政府専用機を導入したのは、ベトナム戦争終結から18年後の1993年である。
  172. ^ 世界大百科事典 第2版,平凡社。株式会社日立ソリューションズ
  173. ^ ステファヌ・クルトワ他著、恵雅堂出版、ISBN 4-87430-027-8
  174. ^ ニール・シーハン「ハノイ&サイゴン物語」P156
  175. ^ 稲垣武 『「悪魔祓い」の戦後史』 文藝春秋、1994年、219-220頁。
  176. ^ 「ベトナム戦争の記録」119P 大月書店
  177. ^ 池内恵『現代アラブの社会思想――終末論とイスラーム主義』(講談社現代新書、2002年)
  178. ^ 2009年1月20日、大統領就任式におけるバラク・オバマ大統領の就任演説 “President Barack Obama's Inaugural Address”. (2009年1月21日). http://www.whitehouse.gov/blog/inaugural-address/ 2011年2月4日閲覧。 
  179. ^ ベトナム共和国「南ベトナムにおける『解放戦争』の欺瞞性」 P33
  180. ^ 米国国務省「北からの侵略」P64
  181. ^ [1]
  182. ^ 1999年5月256号ハンギョレ21
  183. ^ “癒えることないベトナム戦争での民間人虐殺 「ああ、韓国人は今も村に入れない」”. ハンギョレ. (2016年1月16日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23079.html 2016年1月16日閲覧。 
  184. ^ 韓国 ベトナム戦争での「ライダイハン」を史実から消去画策 - NEWSポストセブン 2013年11月13日掲載、SAPIO2013年12月号『韓国が背負う「嘘の代償」』の再録。
  185. ^ WTO・他協定加盟状況 - ベトナム - アジア - ジェトロ”. 日本貿易振興機構 (2011年2月17日). 2011年4月4日閲覧。
  186. ^ 岩垂弘. “もの書きを目指す人びとへ、わが体験的マスコミ論”. イーコン. 2009年8月13日閲覧。
  187. ^ 『ベトナム現代短編集 1』 加藤栄訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸〉、1995年
  188. ^ 高見浩訳角川書店〈角川文庫〉、1986年3月。
  189. ^ NHKスペシャル 戦争を記録した男たち ~ファインダーの中のベトナム戦争~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス







ベトナム戦争と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

20世紀の戦争 第一次世界大戦  世界大戦  ベトナム戦争  アフガニスタン戦争  コロンビア・ペルー戦争
アメリカ合衆国の戦争 イラク戦争  第一次世界大戦  ベトナム戦争  アルーストック戦争  湾岸戦争
朝鮮の戦争 羅唐戦争  第二次世界大戦  ベトナム戦争  丙寅洋擾  契丹の高麗侵攻
ソビエト連邦の戦争 第二次世界大戦  ノモンハン事件  ベトナム戦争  継続戦争  中ソ紛争
中華人民共和国の戦争 中越国境紛争  中越戦争  中ソ国境紛争  ベトナム戦争  南日島戦役
ベトナムの戦争 西沙諸島の戦い  中越国境紛争  中越戦争  ベトナム戦争  ガム・ソアイムト水路の戦い
台湾の戦争 日清戦争  国共内戦  第二次世界大戦  ベトナム戦争  南日島戦役
タイの戦争 タイ・フランス領インドシナ紛争  ベトナム戦争  ガム・ソアイムト水路の戦い

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ベトナム戦争に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベトナム戦争」の関連用語

ベトナム戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

編隊

AH-64

フェザリング

AWACS

アグレッサー

P.180

編隊

用途廃棄





ベトナム戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベトナム戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS