熱中症とは?

ねっちゅう しょう -しやう [0] 【熱中症】

高温下での運動労働のため,発汗機構循環系に異常をきたして起こる病気体温上昇発汗停止とともに虚脱痙攣けいれん精神錯乱昏睡こんすいなどを起こし生命の危険を伴うこともある。

熱中症(ねっちゅうしょう)

高温多湿環境長時間いると起こる熱性障害総称

真夏炎天下で、激し運動重労働によって引き起こされる体調不全のことを熱中症という。熱けいれん熱疲労熱射病などの総称として使われる。

「熱けいれん」は、汗をかいて大量塩分が失われることで、血液中の塩分不足により筋にけいれん引き起こす手足のしびれとなって現れることが多い。また、汗をかいて大量水分の失うと、体内水分イオン減少して脱水症状現れる。これを「熱疲労」という。

暑い中にずっといて体温調整する機能がまひすると、体温過度上昇して「熱射病」になる。熱射病は、体の中枢機能に異常をもたらし、重症になると意識障害引き起こす

東京消防庁統計によると、東京都救急車7月から8月までに搬送された人数は、1999年234人、2000年356人だった。今年は、これらを上回るペース増加しているという。

熱中症を防ぐため、作業長時間におよぶときには途中で休憩を入れるなどの工夫をし、まめに水分補給するのがよい。場合によっては、熱中症により命を落とすこともあるだけに、細心の注意が必要だ。

関連リンク「熱中症、熱射病、日射病のホームページ

(2001.07.23更新


熱中症

分野
気象災害に関する用語
意味:
高温多湿、風が弱いなどの環境や、激し労働運動によって体にたまる熱などに体が十分に対応できず体内水分塩分バランス崩れ、また体温調節機構破綻するなどの原因で起こる症状総称
参考環境省熱中症保健指導マニュアル2006 URLhttp://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html)
用例
○○では、今日日中の予想最高気温は××になる見込みです。熱中症などに注意して下さい

熱中症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/29 08:54 UTC 版)

熱中症(ねっちゅうしょう、heat stroke, sun strokeということが多い)とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である[7]。本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全[8]、表面的な症状として主なものは、めまい失神頭痛吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。また、熱中症が原因で死亡する事もある。特にIII度の熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があるとされている。また死亡しなかったとしても、特に重症例では脳機能障害や腎臓障害後遺症を残す場合がある。




  1. ^ 1954年、アメリカ合衆国サウスカロライナ州パリスアイランド海兵隊新兵訓練所にて、服装や装備の厳しい制約や訓練に加えて同地区は湿度が高く、熱中症リスクを事前に判断するためWBGT(Wet-Bulb Globe Temperature“湿球黒球温度”)を用いた暑さ指数の測定を導入。
  2. ^ 関連項目として「意識障害」も参照可。
  1. ^ Marx, John (2006). Rosen's emergency medicine: concepts and clinical practice. Mosby/Elsevier. p. 2239. ISBN 978-0-323-02845-5. 
  2. ^ “Hypothermia therapy after traumatic brain injury in children”. N. Engl. J. Med. 359 (11): 1179–80. (September 2008). doi:10.1056/NEJMc081418. PMID 18788094. 
  3. ^ a b “Temperature management in acute neurologic disorders”. Neurol. Clin. 26 (2): 585–603, xi. (May 2008). doi:10.1016/j.ncl.2008.02.005. PMID 18514828. 
  4. ^ a b Laupland KB (July 2009). “Fever in the critically ill medical patient”. Crit. Care Med. 37 (7 Suppl): S273–8. doi:10.1097/CCM.0b013e3181aa6117. PMID 19535958. 
  5. ^ “Dantrolene in the treatment of MDMA-related hyperpyrexia: a systematic review”. CJEM 12 (5): 435–442. (September 2010). PMID 20880437. "Dantrolene may also be associated with improved survival and reduced complications, especially in patients with extreme (≥ 42°C) or severe (≥ 40°C) hyperpyrexia" 
  6. ^ Sharma HS, ed (2007). Neurobiology of Hyperthermia (1st ed.). Elsevier. pp. 175–177, 485. ISBN 9780080549996. https://books.google.com/books?id=Vk1UTlmEwrQC&pg=485#v=onepage&q=hyperpyrexia%20core%20temperature&f=false 2016年11月19日閲覧. "Despite the myriad of complications associated with heat illness, an elevation of core temperature above 41.0°C (often referred to as fever or hyperpyrexia) is the most widely recognized symptom of this syndrome." 
  7. ^ 日医雑誌 2012;141(2): 259-263.
  8. ^ a b c 三宅康史:熱中症の予防対策 (PDF)
  9. ^ 熱中症とは何か 新潟大学保健管理センター (PDF) を改変
  10. ^ 職場における熱中症による死傷災害の発生状況 厚生労働省 平成26年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」を公表します (PDF)
  11. ^ 学校の管理下における熱中症死亡事例の発生傾向”. 日本スポーツ振興センター. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月27日閲覧。
  12. ^ a b 朝山正己:熱中症予防対策の落とし穴 体力科学 Vol.56(2007) No.1 P42
  13. ^ 沢本圭悟、文屋尚史、米田斉史 ほか、「岩盤浴入浴中に3度熱中症を発症した1例」 日本救急医学会雑誌 Vol.20(2009) No.4 P.221-225, doi:10.3893/jjaam.20.221
  14. ^ 藤澤安貴夫、学校における水泳プールの保健衛生管理に関する研究 学位論文(2010/3) 兵庫教育大学
  15. ^ a b c 体育・スポーツ活動中の熱中症予防マニュアル (PDF) . 東京都教育委員会
  16. ^ 中井誠一、熱中症予防指針の作成経緯と追加・修正の要点 体力科学 Vol.56(2007) No.1 P39
  17. ^ 剣道における暑熱環境下の水分摂取 事故を防ぐ・稽古量を増やす”. (財)全日本剣道連盟 医・科学委員会 (2005年). 2013年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月30日閲覧。
  18. ^ 遠藤義晴 これが本当の「冷えとり」の手引書:愛蔵版 ISBN 4569829767 P99
  19. ^ 時澤健、田井鉄男、呂健ほか、『睡眠不足による暑熱負担の増悪と予防対策』 体力科学 Vol.63(2014) No.1 p.96, doi:10.7600/jspfsm.63.96
  20. ^ 織田順、行岡哲男、木戸博ほか、 熱中症の新しいリスクファクターとしての熱不安定性フェノタイプ症 日本救急医学会雑誌 Vol.22(2011) No.7 P.350-351, doi:10.3893/jjaam.22.350
  21. ^ H27熱中症予防リーフレット 厚生労働省
  22. ^ a b c d 熱中症診療ガイドライン2015 日本救急医学会 (PDF)
  23. ^ 中症予防の為の運動指針(2013) 日本体育協会 (PDF)
  24. ^ 熱中症環境保健マニュアル(運動時の注意事項) 環境省 (PDF)
  25. ^ a b 応急手当 熱中症 京丹後市消防本部
  26. ^ 熱中症の発生機序および予防・対処法 平成26年度環境省熱中症に係る自治体等担当者向け講習会資料 (PDF)
  27. ^ a b 熱中症の対処方法(応急処置) 環境省
  28. ^ 猛暑で増えるニセ熱中症 -脱水で起こる、心筋梗塞・脳梗塞- 日経メディカルオンライン 記事:2011年7月14日 閲覧:2011年7月15日
  29. ^ 世界初の「熱中症診療ガイドライン」登場 日経メディカルオンライン 記事:2015年5月12日 閲覧:2015年8月21日
  30. ^ 重症熱中症患者を救う新冷却法 日経メディカルオンライン 記事:2015年8月11日 閲覧:2015年8月21日
  31. ^ “中2男子 熱中症で重体 金沢・野球クラブ 練習で罰走40分”. 中日新聞. (2014年9月17日). http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140917143714767 2014年9月18日閲覧。 
  32. ^ a b c d e 国立衛生研究所「熱中症患者の発生状況と今後の予測[1]
  33. ^ 藤部文昭. 暑熱(熱中症)による国内死者数と夏季気温の長期変動 (PDF) . Meteorological Society of Japan Tenki 60(5), 371-381, 2013-05-31
  34. ^ 熱中症はどれくらい起こっているのか (PDF) . 環境省熱中予防情報サイト
  35. ^ 職場における熱中症の予防について”. 厚生労働省労働基準局安全衛生部 (2009年6月19日). 2011年8月2日閲覧。
  36. ^ 職場における熱中症予防対策マニュアル”. 厚生労働省労働基準局安全衛生部. 2011年8月2日閲覧。
  37. ^ 環境省熱中症関連情報”. 環境省. 2011年8月2日閲覧。
  38. ^ 女性セブン 2013年8月1日号
  39. ^ インドの熱波、死者1800人に 過去20年で最悪 AFP通信(2015年5月29日)2017年1月10日閲覧
  40. ^ a b “ドクター石川のどうぶつ百科 イヌの熱中症注意を”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年6月23日). オリジナル2014年8月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140808075847/http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/dr-ishikawa/236554.html 


「熱中症」の続きの解説一覧





熱中症と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熱中症」の関連用語

熱中症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バッキーズ・ブローズ

V形 搬送装置

らくらくホン プレミアム

佐藤 馨

水ノ子島灯台

あるぜんちな丸

ポケット線量計

Cストローク





熱中症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱中症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS