トンキン湾事件とは?

【トンキン湾事件】(とんきんわんじけん)

1964年8月南シナ海トンキン湾発生した、アメリカ合衆国ベトナム民主共和国北ベトナム)との間の武力衝突事件
アメリカ軍ベトナム戦争本格参戦するきっかけになった、とされる事件である。

アメリカ政府は、1964年8月2日海軍アレン・M・サムナー駆逐艦マドックス(DD-731)」が、トンキン湾公海上を航行中に北ベトナム軍のものと思われるP-4魚雷艇3隻から雷撃機関銃攻撃を受け、空母タイコンデロガ」に搭載されたF-8E「クルセイダー」の支援でこれを撃退したと発表した。
続く8月4日にも再び「マドックス」および援護フォレスト・シャーマン駆逐艦「ターナー・ジョイ(DD-951)」が雷撃を受けたと発表
そして8月5日、これらの攻撃対す報復として「タイコンデロガ」のF-8E・A-4C「スカイホーク」および空母コンステレーション搭載F-4Bファントム」が北ベトナム魚雷艇基地などを攻撃した。

「ピアース・アロー作戦」と称されたこの軍事行動は、(後に西側諸国を代表する傑作戦闘機と称されることになる)F-4初陣でもあった。

これに対し北ベトナム政府は、
2日雷撃は、マドックス北ベトナム領海における諜報活動領土対す砲撃などをおこなっていたことに対す自衛のための攻撃である」
4日には雷撃そのものをおこなっていない
などと反論した。

8月7日には連邦議会大統領戦時権限認め決定いわゆるトンキン湾決議」を採択する。
それまではあくまで南ベトナム軍支援する立場とっていアメリカ政府だったが、これをきっかけ北爆などの積極的な直接攻撃を行うようになり、ベトナム戦争泥沼化への道を歩むことになる。

その後

戦争末期、ペンタゴンペーパーと呼ばれる機密書類流出し、この事件アメリカ参戦口実を得るための陰謀あったとされた。
後年事件当時国防長官であったロバート・S・マクナマラは、8月4日雷撃存在しなかったことを認めている。

また、8月2日までの「マドックス」、及び近辺行動していたアメリカ艦隊動向については、
当初から全面的アメリカ側の陰謀だった」
当時領海海岸から3海里とするか12海里とするかで国際的論議があり、両国の間で食い違いがあった」
実際に砲撃をおこなったのは南ベトナムの艦だったが、それがマドックス誤認された」
など諸説がある。


トンキン湾事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/08 16:35 UTC 版)

トンキン湾事件(トンキンわんじけん、: Gulf of Tonkin Incident, Sự kiện Vịnh Bắc Bộ事件灣北部)は、1964年8月北ベトナム沖のトンキン湾北ベトナム軍哨戒艇アメリカ海軍駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件である。これをきっかけに、アメリカ合衆国政府は本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ議会上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議をした。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズ』が、いわゆる「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手、事件はアメリカ合衆国が仕組んだ物だったことを暴露した。




「トンキン湾事件」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トンキン湾事件に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トンキン湾事件」の関連用語

トンキン湾事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

航空母艦

第1空挺団

MD900

増槽

RIM-162

クフィル

編隊

Bf109





トンキン湾事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンキン湾事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS