雷撃とは?

らい げき [0] 【雷撃】

( 名 ) スル
がおちること。
魚雷で敵の艦船攻撃すること。 「敵空母を-する」

【雷撃】(らいげき)

艦艇攻撃する目的水雷投射する事。
艦載砲比して威力有効射程命中精度で劣るが小型軽量安価であるため小型艦艇主要な攻撃手段として採用されており、重量制限厳し航空機による対艦攻撃でも一般的だった。
近年では艦対艦ミサイル空対艦ミサイル置換されて戦場から姿を消しており、ミサイルでは攻撃不可能な潜水艦に関係する場面でのみ用いられている。

港湾などを機雷封鎖する戦術蒸気船時代から現代に至るまで多用されるが、これは雷撃に含まない場合が多い。

関連雷撃機 対潜哨戒機 対潜ヘリコプター


雷撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/10 10:22 UTC 版)

雷撃(らいげき)とは、軍艦・航空機などが、魚雷を敵の艦船に向けて放つこと。雷撃を専門に行う軍用機は雷撃機と呼ばれる。




「雷撃」の続きの解説一覧

雷撃

出典:『Wiktionary』 (2010/03/23 09:18 UTC 版)

名詞

らいげき

  1. 軍艦航空機魚雷使って艦船攻撃すること。
  2. 落ちること。

動詞

活用

サ行変格活用
雷撃-する





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

雷撃に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「雷撃」の関連用語

雷撃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サイドスティック

スロットルレバー

可変後退翼

STOL

レガシーフライト

AIM-9

ボーンヤード

F-22





雷撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雷撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの雷撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS