AIM-120とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > AIM-120の意味・解説 

【AIM-120】(えーあいえむひゃくにじゅう)

AIM-7スパロー」の後継として1979年から開発された中距離空対空ミサイル
一般に開発名称“Advanced Medium-Range Air-to-Air Missile”の頭文字からAMRAAM(アムラーム)として呼ばれる事が多いが、slammer(スラマー)という非公式愛称を持つ。
ヒューズ・ミサイル・システムズ(現レイセオン社)が生産を行っている。

AIM-7発射した機体レーダー依存し、命中するまでロックオン続け誘導なければならないのに対し、AIM-120はレーダー内蔵しているので、母機レーダー誘導から外れても自立した誘導が可能である。
これにより、発射機は機動制限されることなく攻撃離脱ができる(撃ちっ放し能力)というのが本ミサイル最大特長である。
ただし、発射直後からレーダー作動するわけではなくある程度の距離までは慣性誘導もしくは母機からのデータリンク中間誘導し、あくまで目標まで残りキロ終端誘導アクティブレーダー誘導となる為、発射直後から完全に自立したレーダー誘導を行うわけではない

また、AIM-7比べ小型軽量化もなされており、弾体の機動性が向上したうえ、短射程ミサイル用のランチャーへも装填可能となり、目視外戦のみならずドッグファイトへの適応性増した。

その性能要求の高さから開発難航実戦配備1990年代に入ってからであった。
そもそもの性能要求が「スパロー搭載可能な機体には原則、無改造搭載出来ること」であったことから前後の翼の位置スパローのそれと同じように造られている。
これによりF-4F ICEなどの機体胴体下の半埋め込みランチャーAMRAAM搭載可能となっている。
同様にF-14にも搭載が可能であり、海軍による搭載テスト良好であったが「必要なし」として搭載は見送られている。

実戦においての実績は非常に高くカタログスペック通り信頼性をみせている。

F-15F-16など米軍機以外にも、ユーロファイター タイフーンサーブ 39 グリペンなどにも搭載が可能である。

関連アムラームスキー

参照)http://strike-eagle.masdf.com/aim120.html

スペックデータ

主な搭載機

バリエーション


AIM-120 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/14 21:28 UTC 版)

(AIM-120 から転送)

AIM-120 AMRAAM(Advanced Medium-Range Air-to-Air Missile、アムラーム)は、アメリカ合衆国のヒューズ社が開発した中距離空対空ミサイルである。ヒューズ・ミサイル・システムズ社はレイセオン社に吸収合併されたため、AMRAAMはレイセオン社が生産している。




「AIM-120 (ミサイル)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

AIM-120に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「AIM-120」の関連用語

AIM-120のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AAA

編隊

編隊

豆戦車

フィンガーチップ

F-5

たかなみ

VTOL





AIM-120のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAIM-120 (ミサイル) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS