撃ちっ放し能力とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 能力 > 撃ちっ放し能力の意味・解説 

【撃ちっ放し能力】(うちっぱなしのうりょく)

Fire and Forget.

ミサイル誘導爆弾が、射撃(Fire)後に放置(Forget)していても命中する事。
これを持たない誘導兵器レーダーレーザーなどを介して誰かが誘導する必要がある
そうした誘導処理に必要な機器全てミサイル爆弾内部組み込む事で可能になる。

このシステム搭載すれば射撃行いやすくなり、また兵士誘導のために拘束される事もなくなる。
これによって生存率が高まるため、各国当該能力備えミサイル開発に力を入れている。
反面、高度な電子機器、複雑なソフトウェアなどの影響調達単価高騰する問題指摘されている。

関連AIM-120 AGM-114


ファイア・アンド・フォーゲット

(撃ちっ放し能力 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/24 02:24 UTC 版)

ファイア・アンド・フォーゲット(英:Fire-and-forget)は、ミサイルの発射・誘導方式に関する軍事用語で、発射後にミサイル自体が標的を追尾する能力を持つため、発射母体が誘導のために照準を持続させたり、他の手段により標的に誘導照準を行ったりする必要がないものを指して言う。日本では「撃ち放し能力」または「撃ちっ放し能力」とも呼ばれる。




「ファイア・アンド・フォーゲット」の続きの解説一覧





撃ちっ放し能力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「撃ちっ放し能力」の関連用語

撃ちっ放し能力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

B-2

M500

Ju87

A-4

アレスティングフック

88式地対艦誘導弾

F-8

用途廃棄





撃ちっ放し能力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイア・アンド・フォーゲット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS