マッハとは?

【マッハ】(まっは)

Mach
物理学者エルンスト・マッハ博士Ernst Mach)が定義した速度単位
「マッハ1」は、ある空間振動伝播する速度、すなわち音速等しい。

音速振動伝播するのがどのような物質であるか、また密度温度圧力などによって変動する。
国際標準大気想定した場合のマッハ1は秒速として約340 m/s時速にして約1,224 km/hに相当する。
高空など気圧が低い場合遅くなり、真空中ではゼロとなる(真空振動伝播しない)。
逆に圧力が高ければ音速早くなる傾向にあり、ソナーなどで問題になる「水中音速」は大気中の4倍以上に達する。
特に条件指定がない場合、マッハ1は340 m/s換算される事が多い。

世界ではじめ音の壁を超えたのは、公式記録上でアメリカX-1ロケット実験機テストパイロットであったチャールズ・イェーガー中尉1947年10月14日にマッハ1.05を記録)である。
また、有人航空機最高速度世界記録1967年ウィリアム・J・ナイト米空軍大尉X-15実験機到達したマッハ6.70。

しかしながら実際運用では、最先端ジェット戦闘機であっても最高速度はマッハ2.0~2.5程度通常の飛行速度亜音速程度抑えられている。
マッハ2以上の速度実質的利得はなく、部品摩耗燃料消費増大させるのみであると考えられている。

関連国際標準大気


マッハ

名前 Mach

マッハ!!!!!!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/23 07:51 UTC 版)

マッハ!!!!!!!!
องค์บาก
監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ
脚本 スパチャイ・シティアンポーンパン
製作 プラッチャヤー・ピンゲーオ
スカンヤー・ウォンサターバット
製作総指揮 ソムサック・デーチャラタナプラスート
出演者 トニー・ジャー
撮影 ナタウット・キッティクン
編集 タナット・スンシン
公開 タイ王国の旗 2003年1月24日 (バンコク国際映画祭)
日本の旗 2004年7月24日
上映時間 108分
製作国 タイ王国の旗 タイ
言語 タイ語
英語
次作 マッハ!弐
テンプレートを表示

マッハ!!!!!!!!』(タイ題: องค์บาก、英題: Ong Bak: Muay Thai Warrior)は、2003年製作のタイアクション映画。原題の発音はオンバーク。日本公開の時のキャッチフレーズは「CGを使いません・ワイヤーを使いません・スタントマンを使いません・早回しを使いません・最強の格闘技ムエタイを使います」である。ビデオ発売時にタイトルは『マッハ!』に変更された。

概要

アクションの設定は1970年代から1980年代にかけて『Born to Fight』(次作『七人のマッハ!!!!!!!』の英題に使われた)や『アイ・ペット・ボー・コー・ソー』に代表されるアクション映画で活躍したパンナー・リッティクライによる。アクションで使われる格闘技がムエタイラウェイを採用していることや、トゥクトゥクを用いた大胆なアクションシーンが目を引き、2003年の国内の興行成績1位を記録した。

2003年に行われたバンコク国際映画祭では、この「タイ独特の」アクションが受けて上映権を求めて外国の配給会社が殺到した。なお、数ある国の中で一番多くの配給権料を払ったのは日本だと言われている。

映画は、日本人や欧米人などの「先進諸国」の人物がムエタイで倒され、逆に先進国の人物に賞賛を受けるシーンや、ミャンマー(ビルマ)のムエタイと呼ばれるラウェイの使い手が主人公のライバルとなっており最終的に倒されるというシーンが登場する、愛国色の強い作品でもある。

なお、本映画はノー・CG、ノー・スタント、ノー・ワイヤが謳われているが、これはトニー・ジャーのアクションパートのことを指している。映画前半の逃走シーンのジョージにはスタントが使われており、トゥクトゥク・アクションでは一部のシーンでワイヤがトゥクトゥクに使用されている。これらはDVD版特典映像の「メイキング・オブ・『マッハ!』」にて確認できる。

映画中に使用されるムエタイの技術は実際のムエタイ、古式ムエタイに忠実に再現されており、ムエタイファンを唸らせるようなものが多い。これらは、カンフーアクションとは異なるムエタイ映画にしたいという制作陣の意向でもある。

公式パンフレットによると本作は80年代のジャッキー・チェン映画へのオマージュも込められており、『ドラゴンロード』『プロジェクトA』『五福星』などの名シーンを連想させるシーンが盛り込まれている。

あらすじ

主人公のティンは、イーサーン地方の村の住人。村の守護神として大事にされてきた「オンバク」と呼ばれる仏像の頭部が盗まれてしまう。これを取り戻すために、ティンは村の代表としてバンコクへ向かい、同郷出身のジョージと協力してギャング達と闘う。

キャスト

関連項目

参考

  • THAI FILMS 2004 - 2005 (ISBN 9749286596
  • Ong Bak (Special edition)・・・メイキング・ビデオ、VCD

外部リンク


マッハ数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/06 03:07 UTC 版)

(マッハ から転送)

マッハ数
Mach number
量記号 M, Ma
次元 1
SI単位 なし
テンプレートを表示

マッハ数(マッハすう、: Mach number)は、流体の流れの速さと音速との比で求まる無次元数である。

名称は、オーストリア物理学者エルンスト・マッハ: Ernst Mach)に由来し、航空技師のヤコブ・アッケレート英語版により名付けられた[1]英語圏ではMach英語読みして[ˈmɑːk ˌnʌmbər]ーク・ナンバ)、あるいは、[ˈmæk ˌnʌmbər]メァク・ナンバ)と呼ぶ。

定義

マッハ数 Ma は流体の相対速度 U 、音速 a とすると、

Ma = \frac {U} {a}

で求められる。

物理的な意味

マッハ数は、流れ場のもつ慣性力弾性力(流れを圧縮するのに要する力)に対する比、つまり流れ場における圧縮性の影響の程度を表しており[1]、マッハ数が大きいほどに圧縮性の影響が増大する。このことからマッハ数は以下のような物理的意味を持っている。

  • 圧縮性を考慮する必要性を判断するための指標
    マッハ数が大きい流れでは圧縮性の影響が大きくなる。マッハ数が概ね0.3より大きいときには圧縮性の影響を無視することができない。
  • 圧縮性に関する流れの相似条件のための指標
    別々の流れでもマッハ数が等しいときには圧縮性による影響は両者で等しいといえる。つまり圧縮性に関して両者は力学的に相似であるといえる(相似則も参照)。さらにレイノルズ数と幾何学的特徴が一致すれば両者の流れは完全に相似、すなわちあらゆる現象が同様に起こることになる。

マッハ数による流れ場の分類

先に述べたとおりマッハ数は流れ場における圧縮性の影響力を示している。このためマッハ数によって流れ場の特性が大きく変化することから、マッハ数を用いて以下のように流れ場が分類される。

亜音速流 (subsonic flow)
すべての流域で流速が音速に満たない流れ場。物体の形状にもよるが、およそMa < 0.7-0.8 である。
遷音速流 (transonic flow)
流れの中の一部の領域で流速が音速を超えている流れ場。音速を超えた流域では衝撃波が発生している。およそ 0.7-0.8 < Ma < 1.2-1.25 である。流れ場の最大マッハ数が 1 となる状態を臨界状態、このときのマッハ数を臨界マッハ数という[1]
超音速流 (supersonic flow)
全ての流域で流速が音速を超えている流れ場。衝撃波が全域に発生する。超音速戦闘機スーパークルーズ機周りの流れがこれにあたる。およそ 1.2-1.25 < Ma < 5 である。
極超音速流 (hypersonic flow)
流速が全域で著しく音速を上回る流れ場。Ma > 5 では、断熱圧縮による激しい発熱により流体が電離プラズマ化する。このような流体を実在流体とよぶ[要出典]。一部の実験機や、大気圏通過時のロケット周りの流れがこれにあたる。

一般的用法

気温 151気圧 (1,013 hPa) の空気中(国際標準大気 (ISA) 海面上気温)での音速は約 340 m/s ( = 1,224 km/h)となる。物体の速度を、音速の何倍であるかで表した「マッハ○○」という表現が用いられることがある。

高速の飛行機においては、対気速度とは別に飛行マッハ数をマッハ計英語版を用いて計測することで空気の圧縮性の影響を求め、飛行制御に用いる。飛行機のマッハ計は圧縮性の影響を求めるための計器であり、飛行条件と離れた特定条件の音速(海面上音速等)を用いて速度換算することはない。

音速は絶対温度気圧平方根に比例して変化する。地上での実験等ではこの差はほとんど問題とならないが、ジェット機の巡航高度となる対流圏上部 - 成層圏下部ではおおよそ300 m/s(= 1,080 km/h)と、地上との差が顕著になる。したがって、飛行機の飛行マッハ数を単純に340 m/sや1,200 km/hで換算することは、とりわけ高空における場合は正しくない。

大気圏外の宇宙船などに対しては、マッハ数を考えること自体ができない。 ただし、恒星圏と星間物質の相互作用を扱う際にはマッハ数を考慮することがある(ボウショック)。

「マッハ」という言葉は一般には高速という印象が強く、文学映画アニメなどで高速をイメージさせる語として使用される事が多い(有名な例が『マッハGoGoGo』、フォード・マスタングのグレード名「Mach1」、マッハ文朱)。

脚注

  1. ^ a b c 松尾一泰 『圧縮性流体力学』 理工学社、1994年、32-35頁。ISBN 4-8445-2145-4 

関連項目

外部リンク






マッハと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マッハに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マッハ」の関連用語

マッハのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガンシップ

RIM-162

Bo105

F-16

ドローグ

ハリケーン

10式戦車

アローヘッド





マッハのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマッハ!!!!!!!! (改訂履歴)、マッハ数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS