F/A-18とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > F/A-18の意味・解説 

【F/A-18】(えふえーじゅうはち)

McDonell Douglas F/A-18"Hornet(ホーネット)".

アメリカマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した、艦上戦闘攻撃機
愛称の「ホーネット」は、スズメバチを意味する。
現在アメリカ海軍アメリカ海兵隊主力戦闘攻撃機である。

本機ルーツは、1970年代ノースロップ社がF-5後継として開発した「P530『コブラ』」であった。
この機は、アメリカ空軍LCF低価格戦闘機競争試作に「YF-17」としてエントリーしたが、ジェネラル・ダイナミクス社のYF-16に敗れて一度お蔵入り」となる。

しばらく後、アメリカ海軍NACF海軍空戦戦闘機計画が立ち上がったが、海上運用時の安全確保見地から、海軍単発のYF-16を拒否したため双発YF-17ベースとした艦上機開発が決まった。
しかし、ノースロップには艦上機開発経験がなかったため、マクダネル・ダグラスとの共同開発となり、最終的にはマクダネル・ダグラス主契約社となった。
後に、マクダネル・ダグラス社はボーイング社吸収合併されたため、現在はボーイング社ブランドとなっている。

当初戦闘機型のF-18攻撃機型のA-18が別々に生産される計画だったが、同一機体両方任務をこなせる多目的戦闘機となったため、F/A-18のナンバー与えられた。
但し「F-18」と「A-18」の名は同一機体になってからもしばらく残っており、「F/A-18」になるまでは戦闘機任務従事する機体を「F-18」、攻撃機任務従事する機体を「A-18」と呼んでいた。
初期型のA・B型加え火器管制能力を向上させてAIM-120AGM-65などを運用できるC・D型が開発されたが、その後海軍F-14A-6退役すると、それらの後継としては航続能力や兵装量が不足するため、機体大型化して燃料搭載量やハードポイント増加など、各所改良施しE・F型開発され、現在配備進んでいる。
なお、E・F型呼称として、メーカーなどの通称 SuperHonet(スーパーホーネット) 、現場兵士などの愛称Rhino(ライノ)が挙げられる。
また、EA-6B後継となる電子戦機型として、複座F型ベースにしたEA-18G開発行われている。

アメリカ以外ではカナダスペインオーストラリアクウェートスイスフィンランドマレーシア各国空軍使用している。

映画インデペンデンスデイ」の主役機やアメリカ海軍アクロバットチームブルーエンジェルス」の機体としても有名である。

スペックデータ

乗員1名(A/C
2名(B/D)
全長17.07m
全高4.66m
全幅11.43m
主翼面積37.2
空虚重量12,973kg(A/B
10,810kg(C/D)
最大離陸重量21,888kg(A/B
23,542kg(C/D)
エンジンGE F404-GE-400ターボファン推力7,258kgf)×2基(A/B
GE F404-GE-402ターボファン推力8,145kgf)×2基(C/D)
最大速度マッハ1.7+(A/B)/マッハ1.8(C/D)
航続距離3,700km(フェリー時)
約537km(戦闘行動時)(C/D)
実用上昇限度15,240m(C/D)
固定武装M61A1 20mmバルカン砲×1門
兵装下記兵装を7,031kg(E/F型は8,051kg)まで搭載可能。
空対空ミサイルAIM-9,AIM-7,AIM-120
空対地ミサイルAGM-65,AGM-123,AGM-158
空対艦ミサイルAGM-84
対レーダーミサイルAGM-88
爆弾/ロケット弾ポッド
AGM-154JSOW滑空誘導爆弾
各種クラスター爆弾
ペイブウェイレーザー誘導爆弾
JDAM
Mk.80シリーズ
CBU-72 FAE
LAU-10 ズーニー 5インチ ロケットランチャー
LAU-68 ハイドラ70 ロケットランチャー
B-57/61戦術核

バリエーション(カッコ内は生産機数)

18f.jpg
Photo:MASDF

F/A-18F スーパーホーネット


F/A-18 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/17 22:16 UTC 版)

(F/A-18 から転送)

F/A-18は、アメリカ合衆国マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が開発した戦闘攻撃機アメリカの軍用機命名規則ハイフン以外の記号の使用を禁じており、正式にはFA-18である。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。




[ヘルプ]
  1. ^ 後にF-15/F-16はレーダーの改良によりこの機能が実装された
  2. ^ 最強 世界の軍用機図鑑 2013年 学研パブリッシング 59頁
  3. ^ スイス空軍の機体は当初爆撃能力を持っていなかった(後で追加)


「F/A-18 (航空機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

F/A-18に関連した本

「F/A-18」に関係したコラム

  • 株365の日経225証拠金取引と為替相場との関係

    株365の日経225証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、日経225証拠金取引の値動きのもととなる日経平均株価(日経225)と主要通貨のチャートを見比べてみます。次の図は、...

  • FXのローソク足の見方

    FXのローソク足は、為替レートの始値、高値、安値、終値を図に表したものです。図に表すことにより、現在の為替レートが過去の為替レートの中のどのポジションにあるかを知ることができたり、為替レートが上昇して...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F/A-18」の関連用語

F/A-18のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SS-1

ハリケーン

96式多目的誘導弾

空中発射デコイ

落下式タンク

クラスター爆弾

エアブレーキ

サイドバイサイド





F/A-18のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF/A-18 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS