焼夷弾とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > 砲弾 > 焼夷弾の意味・解説 

しょう いだん せう- [3] 【焼夷弾】

火炎高熱によって人や建造物などを殺傷破壊する爆弾砲弾テルミット油脂などを焼夷剤とする。

【焼夷弾】(しょういだん)

着弾点で火災発生させる事を目的とする砲弾爆弾
日本では字面から誤解される事があるが、燃料気化爆弾は焼夷弾ではない。
また、ゲリラ暴徒などは手榴弾に似た手製の焼夷弾(火炎瓶)を利用する事がよくある

炎は装甲破壊できないため、防護堅牢な軍事目標に対してはあまり有効ではない。
主たる標的十分な防護のない車両離陸前の航空機集積所などの物資、そして人体である。
森林戦などでは、炎を障害物として利用する事で行軍潜伏妨害するためにも用いられる。
民間対す戦略爆撃にも適するが、延焼によって必要以上に被害拡大するため近年あまり用いられない

歩兵レベルでは、対戦車火器を持たない状況下で装甲車両と戦うために使われる事がある
機械総じて熱に弱くセンサー銃火器が炎に直接触れれば故障暴発の危険が生じる。
また、装甲で守られた車両でも、ガソリンエンジンであれば燃料引火する危険がある。
そうでなくとも、兵器極度高熱長時間さらされ続けても耐えられるようには設計されない。
そして何より高熱燃焼ガス酸素不足は車内操作を行う人員にとって致死的である。

ただしそれは「誰も消火できない」という理想的条件であれば、の話である。
現代において火災対策消火設備施していない軍用車両などそうそう存在するものではない。
また、暴徒鎮圧に際して消火装備放水車投入されるのが定石となっている。
それらの対抗戦術が功を奏し、火炎瓶によって深刻な損害が生じた例は近年あまり見られない。

主な焼夷弾の種別

エレクトロン焼夷弾
照明弾兼ねる。金属のテルミット反応着火し、酸素不要水中でも燃え続ける。
油脂焼夷弾
可燃性の高い油を使うもの。一般にナパーム弾として知られる最も有名な焼夷弾。
黄燐焼夷弾
黄燐自然発火利用したもの。主に手榴弾として用いられる。
火炎瓶
燃料封入したガラス瓶に、燃料に浸した布で栓をしたもの
ライターなどで栓に火を付けてから投げる事で、瓶が割れて撒き散らされた燃料着火する。
軍隊制式製造された事はなく、民兵ゲリラ兵がその場で自ら作成する。

焼夷弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/27 15:26 UTC 版)

焼夷弾(しょういだん、英語: incendiary bomb、incendiary ammunition)は、焼夷剤(発火性の薬剤)を装填した、爆弾砲弾銃弾である。




「焼夷弾」の続きの解説一覧





焼夷弾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

焼夷弾に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「焼夷弾」の関連用語

焼夷弾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




焼夷弾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼夷弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS