鹵獲とは?

ろ かく -くわく [0] 【鹵獲】

( 名 ) スル
〔「鹵」はうばう,かすめる意〕
敵の軍用品兵器などをぶんどること。 「 -兵器


【鹵獲】(ろかく)

戦場において、商取引なしに物資兵器などを入手する事。
捕虜から没収する場合と、死体から漁る場合と、撤退時に放棄された物資回収する場合がある。

鹵獲される物資大半食料弾薬歩兵個人装備などといった雑多消耗品である。
戦車などの兵器戦闘によって破壊されるため、兵器稼動状態のまま鹵獲されるのは比較的珍しい。

鹵獲兵器として最も代表的なのは海戦拿捕された艦艇である。
しかし、軍艦沈没確定するまで降伏しないのが通例であり、実際に拿捕される艦は多くない。
陸戦では占領した基地在庫が最も多く捕虜武装解除時に没収する装備がその次に多い。

墜落した航空機はほぼ確実に大破するため、空戦によって何かを鹵獲する事はまずない。
歩兵航空基地占領目論んだ場合にも、自力飛んで撤退が可能なため、軍用機の鹵獲は極めて困難である。

鹵獲された兵器は、既知のものであれば自軍兵器として流用される。
何らかの疑問点があれば後送してリバースエンジニアリングにかけられる
そうした利用価値すらないものである場合前線発覚したなら破壊放棄され、後送後であれば倉庫死蔵される。
今日、我々が博物館などで目にする旧時代の兵器多くも、軍から譲渡された鹵獲品である。

戦争犯罪としての鹵獲

戦時国際法では鹵獲しても良い物資敵国国有財産のみに限定している。
また、これを鹵獲する権利国家軍隊に対してのみ認めている。
従って、一般市民対す掠奪行為や鹵獲品の横領戦争犯罪である。

とはいえ戦時国際法例に漏れず、この原則実際戦場においてしばしば黙殺される。
特に消耗品戦場で監査不備が生じやすく、後から入手経路追跡調査するのも困難である。
もしもその事実発覚すれば軍法会議対象となるが、憲兵が鹵獲品の明細を完全に把握するのは不可能である。

例えば、ある兵士支給品以外の食べ物や服、銃などを所持していたとする
この場合、その物資入手経路としては以下のようなものが考えられる
以下のいずれであるかは必ずしも問われないし、入手した事実そのもの報告されない事が多い。


鹵獲

読み方:ロカク(rokaku)

戦勝して敵の軍用品を奪うこと。


鹵獲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 23:55 UTC 版)

鹵獲(ろかく)は、戦地などで敵対勢力の装備品(兵器)や補給物資を奪うこと。接収(せっしゅう)とも。捕獲(ほかく)と称される場合もあるが、軍事用語としては鹵獲が適当な言葉である。


[ヘルプ]
  1. ^ 古代における異民族による武具略奪の事例としては、878年(9世紀末)に秋田城蝦夷によって焼き討ちされた際の報告として、甲冑300領や馬1,500匹、穀物類などを盗まれた記述があり(参考・『世界考古学体系4 日本IV』 平凡社 4版1966年 p.67)、武具被害が目立つ。戦国期の例でいえば、『北条五代記』に風魔小太郎が少数精鋭で敵地に侵入した際、繋いであった敵軍の馬に乗り、そのまま転用している
  2. ^ 『日本軍鹵獲機秘録』 押尾一彦、野原茂 (光人社 2002年)参照
  3. ^ 『日本戦車隊戦史』 上田信 (大日本絵画 2005年)
  4. ^ 『捕獲戦車』 ヴァルター・J・シュピールベルガー 著 高橋慶史 訳(大日本絵画 2008年)参照
  5. ^ 藤田昌雄『もう一つの陸軍兵器史 知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態』 光人社 2004年 ISBN 4-7698-1168-3


「鹵獲」の続きの解説一覧

鹵獲

出典:『Wiktionary』 (2008/05/26 18:25 UTC 版)

名詞

鹵獲(ろかく)

  1. 戦争において、打倒した敵の兵器軍用品後続する戦闘のために接収すること。

翻訳

鹵獲する

  • 英語:capture, plunder, loot, pillage





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鹵獲に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鹵獲」の関連用語

鹵獲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダブルデルタ

コンフォーマルタンク

イルミネーター

FLIR

10式戦車

ティルトローター

96式多目的誘導弾システム

クラスター爆弾





鹵獲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹵獲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鹵獲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS