爆雷とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 爆雷の意味・解説 

【爆雷】(ばくらい)

雷鳴を響かせて爆発する兵器、つまり爆弾総称原義)。
しかし、現代ではこの用法廃れており、基本的に後述するように水中爆雷の略語として使われる。

「水中爆雷」の略語としての「爆雷」

depth charge.

水中起爆させることを目的とした爆弾総称水中爆雷(水雷)とも。
主に駆逐艦対潜機対潜ヘリコプター装備する対潜艦用の水中爆雷を指すが、魚形水雷魚雷)や機械水雷機雷)を含む事もある。
これを用いて攻撃する事を特に雷撃と言う

最初期のものはドラム缶のような独特の形状で知られ、爆薬詰めた弾体をレールに載せて海中投下していた。
設定された水深達すると自動的爆発し、水圧変化によって潜水艦外壁圧壊させるものである
この方式は命中精度比較的高く、現代でも航空機ヘリコプター搭載する場合この方式が用いられる。

翻って現代艦艇では、接触によって起爆する小型爆雷を大量投下するタイプ一般的である。
投射手段そのものも、単なるレールによる自然落下から「爆雷投射砲」「対潜臼砲」「対潜迫撃砲」などと呼ばれる専用の砲に置換されている。
また、命中精度の低さを補うために核弾頭使用する核爆雷かつては存在していた。

ほぼ垂直に沈んでいく軌道を描く関係上、有効射程圏は敵潜水艦魚雷より短い。
艦艇から投下するのは敵艦消耗戦を強いるための迎撃であり、積極的に戦果を得るには不適格である。
積極的に潜水艦撃沈を狙う場合魚雷攻撃の心配が不要対潜機対潜ヘリコプター使用するのが一般的

関連ヘッジホッグ スキッド リンボー


爆雷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 08:15 UTC 版)

爆雷(ばくらい、英語: Depth charge)は、水中で爆発する水雷兵器の一種で、水上艦艇や航空機から海中に投下して潜航中の潜水艦を攻撃する。かつては主力対潜兵器として小型艦艇や航空機が装備していた。現代では対潜魚雷やそれを投下するミサイルに主役を譲り、機雷の処分や警告用など補助的に使われている。


[ヘルプ]


「爆雷」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

爆雷に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「爆雷」の関連用語

爆雷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドーサルスパイン

装弾筒付翼安定式徹甲弾

偵察機

RIM-162

クリーン

プローブ

99式自走榴弾砲

ハリケーン





爆雷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの爆雷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS