かかったとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > かかったの意味・解説 

かかっ た 【掛かった】

連語
かかわりあう価値がある。下に打ち消しの語を伴って,「話にならない」の意を表す。 「俄かに胴震ひしをつて,-様ぢやなかつたげな/歌舞伎桑名屋徳蔵

罹った、懸った、掛かった

読み方:かかった

ラ行五段活用動詞罹る」「懸る」「掛かる」の連用形である「罹り」「懸り」「掛かり」の促音便形に、過去・完了存続確認助動詞「た」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かかった」の関連用語

かかったのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シュクシャ

松尾臣善

痩男

榛名山

コンポーネンツ

KTM 990 Adventure

ボーイング式737-400型

紅豊





かかったのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS