道徳法則とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 法則 > 道徳法則の意味・解説 

どう とくほうそく だう-はふ- [5] 【道徳法則】

人間がいかに行為すべきかを示す規範・法則道徳律。 → 定言命法

道徳法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/09 00:58 UTC 版)

道徳法則とはイマヌエル・カントによる哲学で用いられる概念である。人間というものには誰しもが従う義務のある究極のルールがあるということであり、これのことを道徳法則という。ここでいわれるルールというのをカントは、ルールというものの本質を体現しているルールと考え、このルールの本質というのがルールが適用される人間の間では決して分け隔てされること無く、誰にでも同じように当てはまる普遍性ということである。カントが言うには自分なりのルール(ポリシー)が自分だけでなく、誰にとっても当てはまるルールが道徳法則ということである。このことからカントは道徳法則に従った行為というのは、自分の意思によって行う行為であるものの、それはいつでも普遍的な立法の原理に妥当するような行為であるとした[1]




「道徳法則」の続きの解説一覧





道徳法則と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

道徳法則に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「道徳法則」の関連用語

道徳法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

梼原神在居の千枚田

キャリバー

目数リング

MIDIプラグ

大津祭曳山展示館

塩釜の冷泉

裏筋

ウワバミソウ





道徳法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道徳法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS