動機づけとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 動機づけの意味・解説 

動機づけ

動機自律神経系統などの基本的欲求によって起こるという基本的考え方加えて社会的要因および人間環境との交互作用から動機人間の間のさまざまな状況から起こされると考えられている。商品購入では、消費者特定商品購入させるため、誘引なり動因与え欲求を生じさせ、商品種類選びブランド決める各段階に対応した動機づけが行われる。

動機づけ

進歩性判断において考慮される論理づけ観点一つ詳細は、審査基準II第2章 2.5(2)を参照


動機づけ motivation

消費者行動を接発させ、維持し、一定の方向に導いていく過程と定義される。消費者ある商品サービス購入し、ある特定の銘柄選択する意思決定要因1つが動機づけの問題であるiいえる。動機づけを説明する理論として、マズロー欲求の5段階説がある。消費者行動決定するのはその時点で最も支配的欲求であるとされている。→マズローの欲求5段階説

動機づけ

【英】Motivation
読み方どうきづけ

行動一定方向向けて始発させ、推進持続させる過程全般総称する用語。すなわち動機づけは動因誘因の2つの概念を含むが、社会的動機づけの概念などはこれと相違する。学習心理学分野では、動機づけの機能として次の3つが考えられている。①始発機能(energizing function):動機づけは行動始発する役割をはたす。②選択機能(selective function):動機づけは始発た行動を維持し、方向づけ、また一定の刺激対象に向かうように行動規制する役割をはたす。③強化機能(reinforcing function):動因低減による強化説を前提にすれば動因低減もしくは解消)することによって、その行動再現可能性高められる。

動機づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/06 05:05 UTC 版)

動機づけ(どうきづけ、motivation、モチベーション)とは、行動を始発させ、目標に向かって維持・調整する過程・機能である。


  1. ^ 美濃哲郎、大石史博編『スタディガイド心理学』(ナカニシヤ出版、2007年)、p.57
  2. ^ ジョン・アデア著 『Effective Motivation.』 Pan. (1996). ISBN 0-330-34476-5.
  3. ^ 美濃哲郎、大石史博編『スタディガイド心理学』(ナカニシヤ出版、2007年)、p.59


「動機づけ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

動機づけに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「動機づけ」の関連用語

動機づけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

緊急被ばく医療

トゲチョウチョウウオ

混合水栓

平ペダル

ジョンコン

821P

FBR

ホットスタンプ金型





動機づけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2017by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2017 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動機づけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS