語学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 語学 > 語学の意味・解説 

ご がく [1][0] 【語学】

言語研究する学問言語学。 「 -者」
外国語学習。また,その学科外国語運用能力についてもいう。 「 -に弱い」


語学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/27 18:33 UTC 版)

語学(ごがく)とは、母語以外の言語を学ぶこと。言語学を指すこともあるが、語学はあくまで「実用」を目的とし、言語学はあくまで「言語そのものの解明」を目的とする。


  1. ^ ただしE.ポリワーノフをはじめとする言語学者は日本語とインドネシア語の同系論を唱えている。確かに音韻論的にはラテン語よりもインドネシア語の方が日本語に近い。詳しくは「日本語の起源-これまでに唱えられた主要な説」の「オーストロネシア語起源説(混合語起源説)」を参照。
  2. ^ アラビア語学習ガイド、2012年8月31日閲覧
  3. ^ http://www.iic-colonia.de/italiano-2000/09.12%20Analisi%20generale%20dei%20dati.htm
  4. ^ 高田和文大学におけるイタリア語教育の現状と第二外国語学習の意義について」『静岡文化芸術大学研究紀要』、2006年
  5. ^ Oppert, Ernst (1880). A Forbidden Land: Voyages to the Corea. S. Low, Marston, Searle, and Rivington. http://books.google.com/books?id=PB8PAAAAYAAJ&. 
  6. ^ Raugh, Harold E.. “The Origins of the Transformation of the Defense Language Program”. Applied Language Learning 16 (2): 1-12. http://www.dliflc.edu/academics/academic_materials/all/ALLissues/all16two.pdf 2008年1月9日閲覧。. 
  7. ^ Lee, Saekyun H.; HyunJoo Han. “Issues of Validity of SAT Subject Test Korea with Listening”. Applied Language Learning 17 (1): 33-56. http://www.dliflc.edu/academics/academic_materials/all/ALLissues/ALL17.pdf. 
  8. ^ Fujita-Round, Sachiyo; John C. Maher (2007). “Language Education Policy in Japan”. United States: Springer. pp. 393-404. ISBN 978-0-387-32875-1. 
  9. ^ “Korea Marks 558th Hangul Day”. The Chosun Ilbo. (2004年10月10日). http://english.chosun.com/w21data/html/news/200410/200410100002.html 2008年1月9日閲覧。 [リンク切れ]


「語学」の続きの解説一覧





語学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

語学に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「語学」の関連用語

語学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

護衛艦「たかなみ」型

FMLコンパクト蛍光灯

大雪山国立公園

ムーンビーチ

99式自走155mmりゅう弾砲

VA26D/WX

こがね丸

にぎり





語学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの語学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS