外国語とは?

外国語

★1.外国語の発生

創世記11世界中人々は、同じ言葉を使って話していた。シンアルの平野に住みついた人々は、「天まで届く塔のある町を建て、有名になろう」と言って、れんがで高い塔を造り始めた。主(しゅ)は、「これでは、彼らが何を企てても、やめさせることができない。彼らの言葉混乱させ、互い言葉聞き分けられぬようにしてしまおう」と考え言葉混乱バラル)させ、彼らを全地に散らした。こういうわけで、この町は「バベル」という名で呼ばれた。

食人から始まった言語南オーストラリア、ナリニェリ族の神話意地悪な老女ウルルリ(*→〔火〕1f)が死んだので、喜んだ人々方々からやって来た。最初にラミンジェラル族が来て、ウルルリの死体の肉を食べると、すぐにはっきりした言葉話し始めた。次に東方部族来て腸の中身を食べ、少し違った言葉話した。最後に北方部族来て腸や残りの物をむさぼり食い、ラミンジェラル族の言葉とははるかに異なった言葉話した。

*→〔山〕5cの言語分裂メラネシアアドミラリティ諸島神話)。

★2.知らない外国語を話せるようになる。

使途行伝』第2章旬祭の日、イエス弟子たちが集まっていると、激しい風のような音が天から聞こえ、炎のような舌が分かれ分かれ現れて、弟子たち1人1人の上にとどまった。一同精霊に満たされ、霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉話し出した。エルサレムには、天下あらゆる国々から人々来ていたが、皆、自分故郷言葉が話されているのを聞いて驚いた

★3.外国語だから、何を言っているかわからない。

現代民話考』松谷みよ子)2「軍隊ほか」第12太平洋戦争終了後、ルソン島日本人捕虜収容所夜勤米兵情婦性交を、日本人捕虜たちがのぞき見た。米兵が気づいて、日本人捕虜たちに謝罪要求する。1人が「ありがとうございました」と丁寧に頭を下げると、米兵は「OKと言った。皆は声をそろえ、「また見せ下さいと言った日本語わからない米兵は、満足げにうなずいた。

★4.声が外国語に聞こえる。

モルグ街の殺人ポオパリモルグ街で母娘2人が殺された時、近辺にはフランス人イタリア人イギリス人スペイン人オランダ人などがいた。彼らは一様に、「外国人の声を聞いた」と証言したので、殺人犯外国人かと思われた。しかしそれは、オラン・ウータンの声であった→〔密室〕1。

★5.外国語の流入

夜明け前島崎藤村第2部12章 帝への献扇事件後(*→〔扇〕2)、裁断が下るまでの間、青山半蔵50日近謹慎し、文明開化世相夢のようにながめた。芸人の歌う流行唄(はやりうた)も、すっかり変わった。「待つ夜長き」では旧弊で、「待つ夜ロング」と言わねばならない。「猫撫で声」は「キャット撫で声」だ。少女たちは洋書洋傘を携え、いそいそと英語教師のもとへ通うという。それを聞いて半蔵胸がいっぱいになった。


外国語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 09:05 UTC 版)

外国語(がいこくご、: foreign language: langue étrangère: Fremdsprache)とは、外国で使われている言語のことである。




「外国語」の続きの解説一覧

外国語

出典:『Wiktionary』 (2010/07/27 04:08 UTC 版)

名詞

がいこくご

  1. 自分以外で話されている言語

関連語

翻訳






外国語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「外国語」の関連用語

外国語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

F-22

徳川家達

ハダカデバネズミ

荷送りの儀

アイボリーマイカルタ

あるぜんちな丸

フロントロックナイフ

5000系





外国語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2017 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの外国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS