松谷みよ子とは?

松谷みよ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/23 08:14 UTC 版)

松谷 みよ子(まつたに みよこ、本名:松谷 美代子[1]1926年2月15日 - 2015年2月28日)は、日本児童文学作家




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “松谷みよ子さん死去…「ちいさいモモちゃん」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年3月9日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150309-OYT1T50079.html 2015年3月11日閲覧。 
  2. ^ “松谷みよ子さん死去 児童文学、反戦絵本も 89歳”. 東京新聞 (中日新聞社). (2015年3月9日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015030902000232.html 2015年3月11日閲覧。 
  3. ^ 児童文学作家の松谷みよ子さん死去”. NHK「かぶん」ブログ. 日本放送協会 (2015年3月9日). 2015年3月12日閲覧。
  4. ^ 松谷みよ子『じょうちゃん』朝日新聞社 2007年
  5. ^ 先輩たち”. 東洋女子高等学校. 2015年3月12日閲覧。
  6. ^ “長野での体験、創作の原点に…松谷みよ子さん”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年3月10日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150309-OYT1T50139.html 2015年3月11日閲覧。 
  7. ^ 「松谷みよ子年譜」『松谷みよ子の本 別巻ー松谷みよ子研究資料』収録
  8. ^ “訃報:松谷みよ子さん89歳=児童文学作家”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年3月9日). http://mainichi.jp/select/news/20150309k0000e040176000c.html 2015年3月11日閲覧。 
  9. ^ いずれもトーハン『ミリオンブック』2008年度版。
  10. ^ “松谷さん 自宅庭に子ども施設”. 首都圏 NEWS WEB (日本放送協会). (2015年3月9日). オリジナル2015年3月11日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20150311035922/http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150309/3040741.html 2015年3月11日閲覧。 
  11. ^ 石原真樹 (2015年3月10日). “松谷みよ子さん死去 児童育んだ「お話」 地元・練馬で悼む声”. 東京新聞 (中日新聞社). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150310/CK2015031002000121.html 2015年3月11日閲覧。 
  12. ^ 児童文学作家の松谷みよ子さん死去 「ちいさいモモちゃん」など,スポーツニッポン,2015年3月9日
  13. ^ a b c d e f g 『差別用語』(汐文社、1975年)p.83-84


「松谷みよ子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松谷みよ子」の関連用語

松谷みよ子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

とうし

グラン マルニエ・コスモポリタン

緑茶茶葉の製造工程

社屋新築落成

道保川公園のせせらぎと野鳥の声

1000形式

クローズダンパー機構

FLTRXSE





松谷みよ子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松谷みよ子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS