柳とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > の意味・解説 

やぎ 【柳

やなぎ。多く他の語と複合して用いる。 「青-」 「垣内(かきつ)-末(うれ)摘み枯らし我立ち待たむ/万葉集 3455」 〔「やなぎ」の略か。「楊」の字音由来するとする説もある〕

やなぎ [0] 【柳・〈楊柳〉】

ヤナギ科ヤナギ属低木,または高木総称。シダレヤナギ・カワヤナギ・フリソデヤナギなど。 [季] 春。
(かさね)色目の名。表は白,裏は青の張り裏。
織り色の名。経(たて)萌葱(もえぎ)色,緯(よこ)白のもの。
柳色
中世京都にあった造り酒屋。また,そこで造った酒。美酒で知られた。柳の酒。

やなぎ 【柳】

姓氏の一。

【りゅう】[漢字]

【 立 】 りふ
⇒ りつ〔立〕 [漢]
【 柳 】 りう [音] リュウ
やなぎ。 「 柳糸柳絮(りゆうじよ)柳条蒲柳(ほりゆう)楊柳(ようりゆう)
やなぎのような。 「 柳眉(りゆうび)柳腰
【 流 】 りう [音] リュウ ・ル
ながれる。ながす。
などが動いて行く。 「 流域流血流出流水流涕(りゆうてい流動流入流氷流木逆流合流
世の中にひろまる。 「 流行流説(るせつ)(りゆうせつ) ・流俗流通流布(るふ)
刑として遠方へ送る。 「 流刑(りゆうけい(るけい)) ・流罪(るざい)流人(るにん)遠流(おんる)配流(はいる)
さすらう。 「 流亡流民流離流浪(るろう)
形をなさずにおわる。 「 流会流産
他の使途転用する。 「 流用
それる。目標からはずれる。 「 流弾
ながれ。
などの移動。 「 海流急流激流細流上流支流水流濁流暖流潮流電流本流奔流
血筋。 「 嫡流末流
武術芸術技芸グループおよびその系統。 「 流派亜流門流一刀流他流試合
階級等級。 「 一流上流中流二流品 」
固有のやり方。 「 流儀我流西欧流 」
とどこおりがない。 「 流暢(りゆうちよう)流麗
根拠がない。 「 流言流説(りゆうせつ(るせつ)) 」
【 留 】 りう [音] リュウ ・ル
とめる。とどめるつなぎとめる。 「 留意留置慰留係留繫留(けいりゆう)拘留抑留
残す。そのままにしておく。 「 留保遺留保留
とまる。とどまる。同じところに長くいる。 「 留学留任留守(るす)居留寄留残留駐留逗留(とうりゆう)
とどこおる。 「 滞留
【 竜 ( 龍 ) 】 [音] リュウ ・リョウ
天子。または天子に関する事柄に付ける語。 「 竜顔(りようがん(りゆうがん)) ・竜車竜駕(りようが)(りゆうが)) 」
特にすぐれたもの。 「 竜馬(りゆうめ)(りゆうま)(りようめ)) ・臥竜(がりよう)
化石時代大形爬虫(はちゆう)類の名称に用いる。 「 恐竜魚竜禽竜(きんりゆう)
【 粒 】 りふ [音] リュウ
穀物。米つぶ。 「 粒食穀粒粒粒辛苦
米つぶのように小さいもの。 「 粒子粒状顆粒(かりゆう)素粒子微粒子
【 隆 ( 隆 ) 】 [音] リュウ
高くもりあがる。 「 隆起隆然隆鼻術
盛んになる。栄える。 「 隆運隆興隆盛隆替
【 硫 】 りう [音] リュウ
非金属元素の一。硫黄(いおう)。 「 硫化硫酸硫化銀硫酸塩硫化水素
硫酸」の略。 「 硫安
【 溜りう [音] リュウ
したたる。たれる。 「 溜出
ためる。とどこおる。 「 溜飲
蒸発させた成分冷却して分解精製すること。 「 溜出乾溜蒸溜分溜


やなぎ 【柳】

ヤナギ科ヤナギ属総称日本でも中国でも、早くぶくので生命力のあるめでたい木とし、正月飾りなどに使う。長寿繁栄退魔呪力があるとも信じられ、箸や楊子にもする。中国ではに縁のある木として雨乞いにも用い、観音菩薩柳の枝で浄瓶のをまいて降らせるとして楊柳観音信仰がある。この観音諸病消除の仏でもある。切っても容易に枯れないので、キリスト教では福音シンボルとするが、日本でも柳塔婆に根がつくと成仏のしるしとした。だが異界と関係する木ともされて、この木の下幽霊妖怪が出るともした。西洋でも死と嘆き連想する木とされる

柳(ヤナジ)

柳やぼたん、採物にし、それを一つずつ持ちかえて踊るという構成法をとった古典女七踊りなかでも特異存在踊り。自然の摂理人情機微を、採物により具体化している。

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 1 喜び悲しみ
出版社筑摩書房
刊行年月1988.2

収載図書チェーホフ全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1994.2
シリーズ名ちくま文庫


読み方:やなぎ

  1. 人力車夫間で、静かに駈けることをいう。⑵〔花言〕悲哀追悼の意。

分類 花言葉車夫


読み方:やなぎ

  1. 遊ブコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作部・長野県〕
  2. 遊興すること。〔長野県
  3. 遊興すること。〔長野

分類 長野長野県


読み方:やなぎ

  1. 昆布ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・大阪府
  2. 昆布。〔第六類 器具食物

分類 大阪府


読み方:やなぎ

  1. 劇場隠語女郎買などの幇間をなすこと。おぶさるといふに同じ。

分類 東京芸能


読み方:やなぎ

  1. 〔不〕人力車夫仲間などで静かに引くことに云ふ。

分類 不/人力車夫


柳(やなぎ)

読み方:やなぎ

  1. 出の着付けに結ぶ厚板の帯の締め方、お太鼓の帯止を解きたる形なり。

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヤナギ(yanagi)

ヤナギ科落葉高木湿の地を好む

季節

分類 植物


読み方:ヤナギ(yanagi)

初演 享保16.5(大坂佐渡島座)


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 熊本県上益城郡山都町


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 大分県別府市


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 茨城県筑西市


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 神奈川県足柄上郡大井町


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 静岡県菊川市


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 三重県度会郡度会町


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 奈良県大和郡山市


読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 奈良県吉野郡吉野町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:ヤナギ(yanagi)

所在 三重県(近畿日本鉄道鈴鹿線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/04 02:36 UTC 版)

柳(やなぎ)




「柳」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 02:25 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

柳に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「柳」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三栗谷用水

ハンドピック

パワーリフティング

頚椎

木和田川砂防八号堰堤

出産祝い

サイレンサー

追分の道標





柳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
沖縄県総合教育センター沖縄県総合教育センター
Copyright(C) 2003-2017 Okinawa Prefectural General Education Center. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS