文明開化とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 文明開化の意味・解説 

ぶん めいかいか -くわ [5] 【文明開化】

人間知力進み世の中開けること。特に,明治初期思想文化・社制度近代化西洋化をいう。

文明開化

読み方:ブンメイカイカ(bunmeikaika)

明治初期政府が行った近代化政策に伴う社会現象


文明開化

作者林房雄

収載図書青年・文明開化
出版社夏目書房
刊行年月2003.11


文明開化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/21 02:58 UTC 版)

文明開化(ぶんめいかいか)とは、明治時代日本西洋文明が入ってきて、制度や習慣が大きく変化した現象のことを指す。さらに、「西洋のものなら何でもよい」という考えすら出ていた。 近代化=西欧化そのものは明治時代に於いて一貫した課題であったが、文明開化という言葉は、一般に明治初期に、世相風俗がこれまでの封建社会から大きく変わった時期を指して使われる。その社会が変化していく時代を強調し「開化期(かいかき)」、「御一新(ごいっしん)」などの別称もある。




  1. ^ 当時の流行り歌(都々逸)に由来し、この言葉に連なる言葉には「ちょんまげ頭を叩いてみれば因循姑息(いんじゅんこそく)の音がする」と「総髪頭をたたいてみれば、王政復古の音がする」というのがある。


「文明開化」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「文明開化」の関連用語

文明開化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ムラサキフウセンタケ

武宮 陽光

コルト プラス

CLUBSPORT

日野メルファ

エアシャー

なたね油

シルバークイーン





文明開化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文明開化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS