岩盤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > > 岩盤の意味・解説 

がん ばん [0] 【岩盤】

地中岩体軟弱堆積物の下にあって基盤となっている岩体。 → 地盤

岩盤

自然に生成された大量岩石集合体、または岩石連続して分布している地層のことを言い、亀裂地下水破砕帯などを包含する地盤区別する場合に土に対する語として用いる。

岩石

(岩盤 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 02:23 UTC 版)

岩石(がんせき、: rock[1])は、石ころや岩盤を学術的に表現した堅い表現の用語である。一般的には、その大きさに範囲はないと思われがちだが、学術的にはあまりにも小さいものを、大きいものを剛盤やプレートと言い、区別することが普通である。その成因は、岩石が溶けた液体であるマグマ(岩漿)が冷えたり、砂や泥が続成作用と呼ばれ、地下で固結作用をうけて岩石に戻ったり、あるいは誕生した岩石が変成作用とよばれる圧力溶液気体との化学反応物理現象を受け溶けてマグマにならないまでも、性質が変化し、二次的に岩石が誕生することもある。多くの地球型惑星は岩石でできている。どこからどこまでを「岩石」と呼び、「金属」と呼ぶのかは難しい問題である。ガラス、金属等と漸移的ともいえる。


[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、24頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ Bernhard von Cotta英語版 (1862) [1855] (German). Die Gesteinslehre (第二版 ed.). Freiberg: J.G. Engelhardt. pp. [要ページ番号]. OCLC 4656265. 
  3. ^ 岩石学 2』 5頁。
  4. ^ T. Crook (1914). Miner. Mag. 17. 
  5. ^ 『徹底図解鉱物・宝石のしくみ : カラー版』 宮脇律郎監修、新星出版社2008年、28頁。ISBN 978-4-405-10666-6
  6. ^ Jonathan O'Neil; et al. (2008). “Neodymium-142 Evidence for Hadean Mafic Crust”. Science 321 (5897): 1828-1831. doi:10.1126/science.1161925. ISSN 1095-9203. 
  7. ^ ナショナルジオグラフィック日本語『地球最古の地殻を発見か [リンク切れ]』2008年9月25日
  8. ^ 共同通信『世界最古、42億年前の岩石発見 カナダ東部 [リンク切れ]』2008年9月25日
  9. ^ 毎日新聞『岩石:43億年前の岩石、カナダで発見 地球初期の地殻か--世界最古 [リンク切れ]』2008年9月25日
  10. ^ 田切美智雄ほか「カンブリア紀を源岩とする日立変成岩の地史-SHRIMP年代測定による結果」 、『日本地質学会学術大会講演要旨』第115年学術大会(2008秋田)、日本地質学会2008年、 77頁、 doi:10.14863/geosocabst.2008.0.149.0ISSN 1348-3935NAID 110007060284
  11. ^ 田切美智雄「日立カンブリア紀層の地史の再考 (PDF) 」 、『日本地球惑星科学連合大会予稿集』、日本地球惑星科学連合2009年、 G209-021。
  12. ^ 田切美智雄ほか「日立変成岩類 : カンブリア紀のSHRIMPジルコン年代をもつ変成花崗岩質岩類の産状とその地質について」 、『地学雑誌』第119巻第2号、東京地学協会2010年、 245-256頁、 doi:10.5026/jgeography.119.245ISSN 0022-135XNAID 10030368584
  13. ^ 毎日新聞『日立変成岩:日本最古…カンブリア紀の地層 茨城・日立 [リンク切れ]』2008年9月17日


「岩石」の続きの解説一覧





岩盤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岩盤」の関連用語

岩盤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木下浩一

コブシミル

葵葉透図鐔

FOMA F906i

ミゼットホース

ウィリアム・ヒューレット

車両通行区分

根巻鳥居





岩盤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サムシングサムシング
Copyright (c) 2017 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS