カーボンニュートラルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > ニュートラル > カーボンニュートラルの意味・解説 

カーボンニュートラル

英語:Carbon Neutral

排出される二酸化炭素吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念具体的には、植物エネルギーとして利用する際の燃焼加工工程において排出される二酸化炭素と、その植物生長する過程において(光合成によって)吸収された二酸化炭素等量であること。

植物燃焼することで発生する二酸化炭素は、長期的な観点立てば、植物自然に分解される際に発生する二酸化炭素等量であることになる。化石燃料代わりに植物などのバイオマス生物資源)を利用すれば、総体的大気中の二酸化炭素量に影響与えないエネルギーライフサイクル実現可能とされる

カーボンニュートラルに対して二酸化炭素排出量が吸収量を上回ることをカーボンネガティブと呼ぶ。逆に二酸化炭素排出量よりも吸収量のほうが上回ることを、カーボンポジティブと呼ぶ。

カーボンニュートラルを実現する技術として、バイオエタノールはじめとするバイオマス燃料注目されている

カーボンニュートラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/24 05:02 UTC 版)

カーボンニュートラル (carbon neutral、炭素中立) は環境化学の用語で、直訳すればカーボンは炭素、ニュートラルは中立なので「環境中の炭素循環量に対して中立」となる。何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念。 環境省のカーボン・オフセット制度の定義によれば、「市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が、自らの責任と定めることが一般に合理的と認められる範囲の温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について、クレジットを購入すること又は他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施すること等により、その排出量の全部を埋め合わせることをいいます。」となっている。






「カーボンニュートラル」の続きの解説一覧





カーボンニュートラルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

カーボンニュートラルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カーボンニュートラル」の関連用語

カーボンニュートラルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

盛土部

ササクレフウセンタケ

敬老の日

ランジュボトム

板ダルマ

距離・区間

日野レインボー

曲見





カーボンニュートラルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカーボンニュートラル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS