電動機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 電動機 > 電動機の意味・解説 

【電動機】(でんどうき)

Motor.

電気エネルギー消費して回転運動を行う機関モーター
電流電磁石流し磁気発生させ、その磁力による反発トルクとして利用する。

同様の原理で、回転運動ではなく一回性直線運動を行う「リニアモーター」も存在する。

この場合、「一回性」とは反発して飛び出し部品などがそのまま戻ってこない事を意味する。
往復が必要な場合はトルクモーターにピストンを繋ぐ方式が採られ、リニアモーターは用いない。

都市電力網もしくは電池から供給を受けられるため、危険な燃料管理を必要としない。
構造上のロス少なく制御も容易であり、原動機としては極めて理想的要素備えている。
直径1cmに満たないサイズでも安定稼動させる事ができ、特に小型機械動力源として高いシェア占める。
しかし、電力供給確保難があるため、内燃機関シェアを奪うまでには至っていない。

電力を得る発電機として現在主流なのは、巨大蒸気タービン・ガスタービンである。
これらは「燃料→熱→回転運動電流」という複雑な変換プロセスを経るため、ロスが非常に大きい。
加えて電気エネルギー効率よく蓄積保存するのが極めて困難である。
自然エネルギー発電高効率電池などの新技術待たれる所である。

関連イオンエンジン

軍事分野での利用

動力源備蓄難しい」という点が兵器運用著しく不適格なため、軍事需要比較少ない。
基本的に電子機器など、構造的電力利用不可避場合の「ついで」で運用される。
また、エンジン駆動時の余剰出力電流変換して電動機を含む電子機器運用する事も多い。

例としては以下のような機器が挙げられる。

また、未だ実用段階にない研究段階技術としては以下のようなものも想定されている。

電磁カタパルト
空母艦載機リニアモーター加速して離陸補助するもの。
電磁投射砲レールガン
装薬代わりに、または装薬併用してリニアモーター砲弾加速する火砲
現代では個人レベルでも容易に再現できる技術だが、コスト既存装薬よりも極めて劣る。
大気圏内で運用するのは非現実的だが、宇宙空間初速を得る手段としては現代でも有力視される。
スターウォーズ計画においても弾道ミサイル軍事衛星撃破する手段として研究されていた。
マスドライバー
人工衛星宇宙船第一宇宙速度越え初速与え大出力の電磁投射砲
ロケットエンジン弾道ミサイル後継として宇宙開発核兵器運用に用いる事が想定されている。
軌道エレベーター
宇宙空間から地表射出された物体を、リニアモーター減速させて安全に着陸させる装置
その名の通りエレベーターのような細い軸を衛星軌道上まで構築して宇宙船往還させる運用想定されている。

電動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/16 13:52 UTC 版)

電動機(でんどうき、Electric motor)とは、電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電力機器原動機の総称。モーター電気モーターとも呼ばれる[1]




  1. ^ a b 「モーター」というカタカナ表記に関して、電気学会に於いては「モータ」という表記方を定めている他、電動機メーカーによっては「モーター」のドイツ語表記“Motor”の20世紀前半までドイツ語発音の模範とされた「舞台発音」に基づいた発音方に倣って「モートル」(或いは「モトール」)という表記方を用いているところが見られる《日本電産Webサイト内『モーターとは~1-3-6.超音波モーター』ページ後半に掲載されているコラム『モーターの語源』より;なお「モートル」という表記は、現在、少なくとも日立系列の日立産機システム東芝系列の東芝産業機器システムに於いて、主にブランド名の中で用いられている》
  2. ^ Faraday, Michael (1844). Experimental Researches in Electricity. 2.  See plate 4.
  3. ^ spark museum
  4. ^ a b Electricity and magnetism, translated from the French of Amédée Guillemin. Rev. and ed. by Silvanus P. Thompson. London, MacMillan, 1891
  5. ^ Nature 53. (printed in 1896) page: 516
  6. ^ a b Battery and Technology History Timeline Electropedia
  7. ^ http://www.fh-zwickau.de/mbk/kfz_ee/praesentationen/Elma-Gndl-Generator%20-%20Druckversion.pdf
  8. ^ http://www.uni-regensburg.de/Fakultaeten/phil_Fak_I/Philosophie/Wissenschaftsgeschichte/Termine/E-Maschinen-Lexikon/Chronologie.htm
  9. ^ Electrical Technology History Electropedia
  10. ^ Gee, William (2004). “Sturgeon, William (1783–1850)”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford, England: Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/26748. 
  11. ^ Garrison, Ervan G., "A history of engineering and technology". CRC Press, 1998. ISBN 084939810X, 9780849398100. Retrieved May 7, 2009.
  12. ^ http://www.frankfurt.matav.hu/angol/magytud.htm



電動機

出典:『Wiktionary』 (2011/09/22 12:57 UTC 版)

名詞

でんどうき

  1. 電力によって回転する機械で、電気エネルギー運動エネルギー変換する装置モーター

発音

で↗んど↘ーき

翻訳






電動機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電動機」の関連用語

電動機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ローリングコンバットピッチ

ブルーインパルス

FLIR

A-4

マスターアームスイッチ

STOL

AN/AAQ-33

アグレッサー





電動機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS