アドミタンスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > アドミタンスの意味・解説 

アドミタンス [3] 【admittance】

交流回路における電流流れやすさを表す量。インピーダンス逆数に相当する複素量で,実部コンダクタンス虚部サセプタンスという。単位ジーメンス記号 S )。

アドミタンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/27 05:11 UTC 版)

アドミタンス(admittance、アドミッタンス)は、交流回路における電流電圧の比である。慣習的に記号 Y、単位としてはジーメンス(表記は[S])が用いられる。計算を簡略化するため複素数表示(フェーザ表示)で表されることが多い。直流回路における電気伝導の代わりに用いられる。 交流回路における電圧と電流の比である インピーダンス Z とは次の関係がある。






「アドミタンス」の続きの解説一覧





アドミタンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アドミタンス」の関連用語

アドミタンスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W65K

docomo PRIME series P-07A

ロージィ・テトラ

中空カムシャフト

御前埼灯台

アーカンサストウースピック

VT800J/5FD

アックス





アドミタンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドミタンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS