マニュアルトランスミッションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > トランスミッション > マニュアルトランスミッションの意味・解説 

マニュアルトランスミッション

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

マニュアルトランスミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 05:36 UTC 版)

マニュアルトランスミッション: Manual Transmission, MT、手動変速機)とは、運転者の任意により減速比(ギア)を選択するトランスミッション(変速機)である。主に内燃機関を原動機とする自動車オートバイ農業機械などに利用されている。現在では、ATやCVTなどの自動変速機に押されて減少しつつある。




[ヘルプ]
  1. ^ コトバンクにてデジタル大辞泉ならびに大辞林第三版の引用
  2. ^ a b c d e 大車林-自動車情報辞典. 三栄書房. (2003). ISBN 4879046787. 
  3. ^ 押しがけは、車を押すか下り坂でニュートラルで転がすなどして、速度が上がったら適当なギアに入れてクラッチを繋ぐ。引きがけは他の車に牽引してもらい、速度が上がったら適当なギアに入れてクラッチをつなぐことによってセルモーターを使わずにエンジンを始動する。
  4. ^ http://www.carnationcanada.com/blog/blog/manual-transmission-past/[リンク切れ]
  5. ^ 2010年新車販売台数MT比率(ベストカープラス6月18日増刊号の記事)
  6. ^ http://web.peugeot.co.jp/web_magazine/backnum_0504/tips/index.html
  7. ^ 警察庁2014年運転免許統計 https://www.npa.go.jp/toukei/menkyo/index.htm
  8. ^ 若者のバイク離れに反攻、バカ売れ“Ninja250”に見るカワサキの「掴(つか)む力」!
  9. ^ 2代目の2007年10月-2009年11月モデル[1]。2009年11月の一部改良によりCVT車とMT車は同一価格になった[2]
  10. ^ 「13G・Fパッケージ」の5速MT車での場合。
  11. ^ メーカーサイト - 環境仕様
  12. ^ 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2009.07.30】別添42(軽・中量車排出ガスの測定方法) (PDF)
  13. ^ http://jp.autoblog.com/2010/03/31/lamborghinis-future-includes-less-weight/
  14. ^ 「1.5G"W×B"」を含む一部の特装車、および同グレードベースの特別仕様車「1.5G"+Red"」は除く
  15. ^ 同グレードベースの特別仕様車「1.5G"W×B"」は除く


「マニュアルトランスミッション」の続きの解説一覧





マニュアルトランスミッションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マニュアルトランスミッションに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マニュアルトランスミッション」の関連用語

マニュアルトランスミッションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レイアウトマシン

片山右京

カーブドオフセットスプリング

バックテーパー

バフ研摩

車幅灯

アナログメーター

マルチコントロールパネル





マニュアルトランスミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマニュアルトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS