デュアルクラッチトランスミッションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > トランスミッション > デュアルクラッチトランスミッションの意味・解説 

デュアルクラッチトランスミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/24 20:20 UTC 版)

デュアルクラッチトランスミッションDual Clutch Transmission )とは、自動車など車両用の有段自動変速機の一種で、ギアが2系統ありそれぞれにクラッチがあることからこの名前がある。




  1. ^ 中吹かしの際のクラッチペダルの操作方法。
  2. ^ 例えば2速走行時に1速または3速のギアの噛み合いが完了し待機している。
  3. ^ AT限定大型二輪免許には650ccまでの排気量制限があるため、2015年までに販売されているDCT搭載の二輪車は運転することができない。
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『Racing On』466号 pp.42-53「テクノロジー詳説&バリエーション」。
  2. ^ フォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドライン 試乗レポート 」 クルマ選びの総合支援ポータル オートックワン 2008年7月17日
  3. ^ ツインクラッチは走りを革新する - 三菱自動車「Twin Clutch SST」(前編) (2) サーキットでのスポーツ走行が可能な耐久性 マイナビニュース
  4. ^ ステップAT、CVT、MT、DCTの重量比較メモ - クルマのミライ~ 山本晋也のブログ~(2013年05月05日版)。一方、VWでは2010年Q3からティグアンに搭載された7速DSGで、許容トルク量を増加させながら、リバースギアシャフトの省略など全体の見直しで、従来の6速型に比べ大幅な軽量化を果たし、競争力を確保しているVWティグアンがマイナーチェンジ 7速DSGを搭載 - Auto Prove(2010年09月11日版)。
  5. ^ ジヤトコ (2013年3月). “自動車の省燃費化を実現する新型無段変速機を開発”. プロジェクト実用化ドキュメント. NEDO. 2015年4月19日閲覧。
  6. ^ 摩擦式CVTは発売当初は小型車両に限られた。その後少しずつ中型車にも使われるようになったが、それでも車重2トン程度、排気量3リットル程度が限界である。この限界は摩擦式CVTのベルト・チェーンが摩擦不足で大きくスリップし発熱することによる。
  7. ^ BMW M3コンバーチブル、欧州で発売開始(2008年4月25日 カービュー
  8. ^ プジョーのSUV、4007…新トランスミッション採用(2009年9月11日 Response.掲載記事)
  9. ^ 2010年7月20日 環境性能・経済性能・走行性能を高いレベルで実現する小型トラック用「新型パワートレーン」を開発 ~新型エンジン「4P10」とBlueTec®システムを採用、商用車世界初デュアルクラッチ式トランスミッション「DUONIC」を新開発~2010年7月20日 三菱ふそうトラック・バス社プレスリリース)
  10. ^ 2010年6月29日 大型二輪スポーツツアラー「VFR1200F Dual Clutch Transmission」を新発売(2010年6月29日 本田技研工業プレスリリース)
  11. ^ 株式会社 日立ニコトランスミッション > HASTドライブの構造と動作モード


「デュアルクラッチトランスミッション」の続きの解説一覧





デュアルクラッチトランスミッションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デュアルクラッチトランスミッション」の関連用語

デュアルクラッチトランスミッションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

揖保川

misora

梅酒ロック

QRコード

サワグルミ

山田久美

ケンタウルスオオカブト

カメレレ





デュアルクラッチトランスミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデュアルクラッチトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS