デュアルシステムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 方式 > デュアルシステムの意味・解説 

デュアルシステム [4] 【dual system】

系統コンピューターオン-ライン接続して同一の処理をさせ,結果二者異なった場合には警告を出すという方式

デュアル・システム

35歳未満若年者一人前職業人育て人材育成プログラムのことです。もともとドイツで始まった「働きながら学ぶ」職業訓練制度ですが、日本でも厚生労働省文部科学省今年度から「日本版デュアル・システム」をスタートさせました。

デュアルシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 15:00 UTC 版)

デュアルシステム(Dual system[1]、Dual apprenticeship systems[2])とは、ドイツを発祥とする学術的教育と職業教育を同時に進めるシステムである[3]




[ヘルプ]
  1. ^ OECD 2014, p. 91.
  2. ^ a b c d OECD 2014, AUSTRIA, GERMANY AND SWITZERLAND
  3. ^ Education Policy Outlook Highlights: Germany (Report). OECD. (2014-04). http://www.oecd.org/edu/highlightsgermany.htm. 
  4. ^ a b Developing Highly Skilled Workers - Review of Finland (Report). OECD. (2004). http://www.oecd.org/sti/ind/34458180.pdf. 
  5. ^ a b 職業能力開発総合大学校報告書 2011, pp. 330-331.
  6. ^ 日本版デュアルシステム訓練受講のために, 厚生労働省, (2002-04), http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/dsk/ 
  7. ^ 若者の職業訓練と関連の取り組み (Report). (2015-04). http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2015/04/germany_01.html. 
  8. ^ ISCED Mapping - Germany”. UNESCO. 2015年11月2日閲覧。
  9. ^ ものづくり人材育成のためのデュアルシステムに関する調査研究報告書」、日本機械工業連合、2008年3月
  10. ^ a b ドイツの公共職業教育訓練 —デュアル・システムを中心に (Report). 独立行政法人労働政策研究・研修機構. (2009). http://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2009_6/german_01.html. 
  11. ^ “県立高校と職業技術校が「新しい学び」を始めます” (プレスリリース), 神奈川県, (2014年9月25日), http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p841583.html 
  12. ^ 6校の内訳は(1)近畿職業能力開発大学校、(2)中国職業能力開発大学校、(3)東海職業能力開発大学校附属浜松職業能力開発短期大学校、(4)港湾職業能力開発短期大学校横浜校、(5)関東職業能力開発大学校附属千葉職業能力開発短期大学校、(6)職業能力開発総合大学校東京校


「デュアルシステム」の続きの解説一覧





デュアルシステムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デュアルシステム」の関連用語

デュアルシステムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤツマタモク

ロンデル

FA-200

はやぶさ

鳳凰竹

桐生和紙

オリーブ油

静電塗装





デュアルシステムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデュアルシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS