ノンシンクロトランスミッションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ノンシンクロトランスミッションの意味・解説 

ノンシンクロトランスミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/03 08:07 UTC 版)

ノンシンクロトランスミッション: non-synchronous transmission)は変速機構に回転速度を同期させる機構(シンクロメッシュ)を持たないマニュアルトランスミッションである。主にトラクターなどの農業機械や大型の貨物自動車オートバイなどで用いられている。このうち常時噛合(コンスタントメッシュ)式のものはドグミッションとも呼ばれる。




  1. ^ [1]
  2. ^ a b c d e US US20140251065A1, "Clutch brake warning indicator", published 2014-9-11 
  3. ^ transmission parts news: index”. 2007年7月16日閲覧。


「ノンシンクロトランスミッション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノンシンクロトランスミッション」の関連用語

ノンシンクロトランスミッションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒーリング・トニック

波兎図鐔

スコービル社

御嶽山

朱雀

812SH sII

2000系

ワット





ノンシンクロトランスミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノンシンクロトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS