電気抵抗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 抵抗 > 電気抵抗の意味・解説 

でん きていこう -かう [4] 【電気抵抗】

電流通りにくさを表す量。単位オーム記号 Ω 抵抗


電気抵抗(でんきていこう)

電流流れにくさのこと。抵抗値一般的な単位としてΩ(オーム)が用いられる。

電気抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/01 14:15 UTC 版)

電気抵抗(でんきていこう、レジスタンス、: electrical resistance)は、電流の流れにくさのことである。電気抵抗の国際単位系 (SI) における単位オーム(記号:Ω)である。また、その逆数コンダクタンス (conductance) と呼ばれ、電流の流れやすさを表す。コンダクタンスのSIにおける単位はジーメンス(記号:S)である。




[ヘルプ]
  1. ^ Forbes T. Brown (2006). Engineering System Dynamics. CRC Press. p. 43. ISBN 9780849396489. http://books.google.com/books?id=UzqX4j9VZWcC&pg=PA43&dq=%22chordal+resistance%22&as_brr=3&ei=Z0x0Se2yNZHGlQSpjMyvDg. 
  2. ^ Kenneth L. Kaiser (2004). Electromagnetic Compatibility Handbook. CRC Press. pp. 13–52. ISBN 9780849320873. http://books.google.com/books?id=nZzOAsroBIEC&pg=PT1031&dq=%22static+resistance%22+%22dynamic+resistance%22+nonlinear&lr=&as_brr=3&ei=Kk50Ser1MJeOkAS9wNTwDg#PPT1031,M1. 
  3. ^ Fink and Beaty, Standard Handbook for Electrical Engineers 11th Edition, page 17-19
  4. ^ Electrical Conduction and Superconductivity
  5. ^ Ward, MR, Electrical Engineering Science, pp36–40, McGraw-Hill, 1971.
  6. ^ A. Matthiessen, Rep. Brit. Ass. 32, 144 (1862)
  7. ^ A. Matthiessen, Progg. Anallen, 122, 47 (1864)
  8. ^ Seymour J, Physical Electronics, chapter 2, Pitman, 1972







電気抵抗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電気抵抗」の関連用語




4
抵抗力 国語辞典
94% |||||

5
抵抗率 国語辞典
94% |||||






電気抵抗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スネル規格

セル

フルフェイス

ウォッシュボード

セパハン

リム

ブレストガード

デコンプ





電気抵抗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2017 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気抵抗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS