契機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 契機の意味・解説 

けい き [1] 【契機】

物事が始まったり変化が生じたりする直接要素原因きっかけ動機。 「就職を-に親元離れた」
〘哲〙 〔ドイツ Moment〕 ある物を動かし,規定する根拠要因弁証法では,発展組み込まれて,より大きな関係を構成する不可欠なものとなった要素


契機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/06 14:56 UTC 版)

契機(けいき)とは、きっかけすなわち、物事を始める手掛かりのことのことである。ヘーゲルはこれを弁証法的発展において止揚、克服されて高次の存在を構成する不可欠な要因となっており、いっそう広い関係に組み込まれて関係が成立するために不可欠になる要素である、すなわち契機こそが物事の動的過程における必要な通過過程であり、本質的な構成要素であると考えた。 また、フッサールは全体に対し比較的従属する形体やを契機と呼んだ。




「契機」の続きの解説一覧





契機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

契機に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「契機」の関連用語

契機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ネムノキ

シルク印刷

音無疏水

ストール

万内川十二号堰堤

フェリーしらかば

ちくさ雁皮紙

はんぺん





契機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの契機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS