ロータリーエンジンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > エンジン > ロータリーエンジンの意味・解説 

ロータリーエンジン [6] 【rotary engine】


RE

〖rotary engine〗
ロータリー-エンジン

【ロータリーエンジン】(ろーたりーえんじん)

  1. 星型空冷式レシプロエンジン一種で、通常とは異なりクランクシャフト胴体固定され、シリンダーの方がプロペラとともに回転するもの。
    2.と区別するため「ロータリー・レシプロエンジン」と呼ばれることもある。
    エンジン本体回転することにより、より多くの風を当てることが出来通常のエンジンよりも冷却効率優れること、また、シリンダーブロックフライホイール兼ねるため、エンジン全体重さ軽減できるとして初期飛行機に用いられた。
    しかし、回転するピストンバルブ備えるなど機構が複雑であり、また飛行機大型化にともなってエンジン大型化していったこと、ジャイロ効果から、姿勢制御を行うと突然意図せぬ方向機首振られること、熱伝導率良いエンジン素材採用などからメリットを失い、ほどなく廃れていった

  2. 燃料燃焼エネルギー回転運動変換して動力とするエンジン
    レシプロエンジン異なり燃焼エネルギーローター呼ばれるおむすび型の部品で受けて直接回転運動変換するため、レシプロエンジン比べ振動少なく部品点数少ないうえ、サイズ小さい。
    またノッキング起こしづらいため、オクタン価の低いガソリンでも高回転を得やすい。
    副次的にではあるが、レシプロエンジンの6気筒とほぼ同等燃焼間隔のため、排圧が高く、過給機との相性もよい。
    ただし燃費耐久性レシプロエンジン劣り発熱量大きいため、あまり広くは用いられない
    将来展望としては、水素燃料とした「水素ロータリーエンジン」が研究されている。

    ドイツNSU社(現アウディ)とフェリックス・ヴァンケル博士共同開発したためNSUヴァンケルエンジン」あるいは単に「ヴァンケルエンジン」とも呼ばれる
    しかしNSU自身販売したロータリー搭載車は磨耗不完全燃焼などの問題が深刻で、実用品とは言い難いのだった
    その他に多く企業実用化向けて研究をしたが、現在のところ、世界でも日本マツダだけが採算レベルでの実用化成功しており、1967年発表した「コスモスポーツ」を筆頭に、RX-7(SA22C、FC3SFD3S)から現行のRX-8に至るまで、主力スポーツカーでは欠かせない存在となっている。

    ロータリーエンジンの排気量ピストン部分容積)は「単室容積×ローター数」(例え13Bは「654cc×2」)となるが、税法上(自動車税など)はこれに係数1.5を掛ける
    そのためRX-7(SA22C、FC3SFD3S)やRX-8搭載されている13B系(654cc×2)の場合「654cc×2ローター×係数1.5=1962cc」で、税法上は2.0リッター扱いとなり、ユーノスコスモ搭載されている、3ローターの20B-REW(654cc×3)だと「654cc×3ローター×係数1.5=2943cc」で3.0リッター扱いとなる。

    レシプロエンジンよりも軽くタービンエンジンよりも燃費優れることから、一部小型航空機では補助動力として用いられることもあった。
    また実用面以外では、その小ささからホビー用のラジコンヘリコプターに用いられることもある。

    参考リンク:マツダのくるまづくり ロータリーエンジン
    http://www.mazda.co.jp/philosophy/rotary/

ロータリーエンジン

クルマのほか、多く動力源として使われている内燃機関は、筒状シリンダー内を往復するピストンによって、2または4ストロークサイクルの作動容積変化形成させる、いわゆるレシプロ”(reciprocating engine)であり、作動ガス膨張圧力を受けるピストンクランク機構を介し、出力軸にトルク発生させている。これに対し、膨張ガス圧を直接回転カに変換するエンジンをロータリーエンジンと呼びバンケル式ロータリーエンジン唯一実用化されている。古く往復運動機構をきらった技術者たちが、伸縮する摺動子をもったベーンタイプやルーツブロアタイプなどを考案したが、実用化には至らなかった。このうち2節トロコイド形状ハウジング内を3つの頂点をもつローター遊星運動し、4ストロークサイクルを形成する方式エンジンがE.H.Felix Wankel博士(西ドイツ、1902~1988年)により考案され、まず外周ハウジング回転するタイプのものをDKM(Doreh Kolben Motoren)という呼称1957年発表次いでハウジング固定タイプのKKM(Kreis Kolben Motoren)が1959年11年実用化発表され、NSU社が基本特許取得ダイムラー・ベンツ、C.S.A(Peugeot/ Citroen)、ロールスロイスGMAMCカーティス・ライト社、日本ではヤンマーディーゼル東洋工業(現マツダ61年ライセンス取得)、日産自動車トヨタ自動車など各社ライセンスを受け、本格実用化向けてしのぎを削った。NSU社が64年シングルローターのプリンツ・スパイダーを発売、これが実用化1号車である。その後67年5月マツダが2ローターコスモ・スポーツ次いでNSU社がRo-80を発売68年にはダイムラー・ベンツ社がC-111という3ローターのミッドシップスポーツカーを発表して話題をまいたが、発売には至らなかった。最終的マツダ研究開発続け本格量産化に唯一成功数度にわたる排出ガス規制強化燃費基準強化克服しながら多数モデル搭載2003年発売マツダRX-8サイドポート排気方式をもった2ローターNAの“RENESIS”に至っている。また、1991年ルマン日本車唯一のウイナーとなったマツダ787Bは、4ローターNAエンジン搭載車だった。

ロータリーエンジン

ロータリーエンジン_2

ロータリーエンジン_3

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ロータリーエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/14 03:51 UTC 版)

ロータリーエンジンRotary engine)とは、一般的なレシプロエンジンのような往復動機構による容積変化ではなく、回転動機構による容積変化を利用した回転運動をそのまま回転動力として出力する原動機である。




[ヘルプ]
  1. ^ 例えばマツダ13B型エンジンの単室容積xローター数は654ccx2=1308ccであり、実質吸気量でいえばその2倍の2616cc相当となるが、税制区分上は1.5倍の1962ccと換算されて、同エンジン搭載車は排気量1.5リットル以上2.0リットル未満の車として課税される。なお、換算式内の「1.5」を俗に「ロータリー係数」と言うが、正式名称ではない。
[ヘルプ]
  1. ^ a b 『自動車工学』P.58-P.64 (下田茂 著、共立出版株式会社、3353-618071-1371)
  2. ^ 自動車税-京都府ホームページ
  3. ^ 毎年のように見直されたが、その都度ロータリーとレシプロの優劣関係が変動した
  4. ^ 『モーターファン・イラストレーテッド Vol.19 ロータリーエンジン ― 基礎知識とその未来 ―』P.030-P.031(三栄書房、ISBN 978-4-7796-0403-4)を参考とした。
  5. ^ 『モーターファン・イラストレーテッド Vol.19 ロータリーエンジン ― 基礎知識とその未来 ―』P.027(三栄書房、ISBN 978-4-7796-0403-4
  6. ^ lada wankel - YouTube
  7. ^ ニュースリリース『新型「マツダアテンザ」「マツダ大気(たいき)」を第40回東京モーターショーに出品』
  8. ^ 水素とロータリーエンジン - マツダ
  9. ^ マツダ(株)、RX-8水素ロータリーエンジン車の公道走行を開始 - マツダ 2004年10月27日
  10. ^ 『マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』の国土交通大臣認定を取得 - 2008年6月20日
  11. ^ a b マツダ、RX-8の生産を終了…最終モデルがラインオフ - レスポンス 2012年6月27日
  12. ^ 電気自動車の発電にRE活用 - 中国新聞 2012年6月6日
  13. ^ 電気自動車の発電にRE活用 - 47NEWS 2012年6月6日
  14. ^ 水素ロータリーエンジン発電 EVリースへ - 東京新聞 2012年6月6日
  15. ^ マツダ、EV航続距離延長にロータリーエンジン活用 - 日本経済新聞 2013年12月20日
  16. ^ [1]
  17. ^ 驚異の12ロータリー・エンジン。2400馬力。ただしボート用。- http://mazdafan.com
  18. ^ 6回目の未年との遭遇 日本カーボン会長・石川敏功(随想)1991.01.21 化学工業日報 1頁 写有(全1,892字)
  19. ^ 『モーターファン・イラストレーテッド Vol.19 ロータリーエンジン ― 基礎知識とその未来 ―』P.036-P.039(三栄書房、ISBN 978-4-7796-0403-4)2008年時点の公道走行車両用水素エンジン同士での比較もされており、マツダ・13Bロータリー(2ローター1308cc)109PS/14.3kgmに対し、BMW・レシプロ(V型12気筒5972㏄)260PS/39.8kgm。排気量比で約1:4.6、出力比で約1:2.4である。
  20. ^ 【ビデオ】これが世界初の6ローターロータリーエンジン! - autoblog.com
  21. ^ TRW Wankel pre-tensioner system
  22. ^ Mercedes-Benz. “Occupant Safety Systems”. pp. 11-12. 2007年12月31日閲覧。
  23. ^ Charles E. Steffens, Jr. “Seat belt pretensioner”. 2007年4月11日閲覧。
  24. ^ ロータリー熱エンジン (RHE) - 株式会社 ダ・ビンチ







ロータリーエンジンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロータリーエンジンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロータリーエンジン」の関連用語

ロータリーエンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エンドヨーク

フォルスキャノピー

NSX

Su-26

フィン

ミグ

常時噛み合い式変速機

デルタ





ロータリーエンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロータリーエンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS