圧縮比とは?

Weblio 辞書 > 工学 > バイク用語 > 圧縮比の意味・解説 

あっ しゅくひ [4] [3] 【圧縮比】

内燃機関などで,シリンダー内に吸入した混合気容積の,圧縮後の容積対する比。圧縮比を高めれば,それに従って出力大きくなるが,高くしすぎると,ノッキングなどの障害起こす

圧縮比

【別称】コンプレッション
混合気 (空気ガソリンが混じったもの)をどのくらい圧縮するエンジンなのかを表す。なぜ圧縮する必要があるのかというと、より爆発時に膨張する力(運動エネルギー)を高めるためである。圧縮比「10:1」だったら元の体積10分の1に、「8:1」だったら8分の1の体積になるまで、ギュッ圧縮する(単に「10」とか「8」と表すこともある)。
一般に圧縮比が高い(数字大きい)車両の方が圧縮比の低い(数字小さい)ものよりもパワーが出る。ところが、圧縮比は大きければ大きい方がいいかというとそうでもないあまりにも圧縮比が高すぎるとうまく爆発しない可能性が高まってしまうのだ。
圧縮比


関連用語】混合気 シリンダー スペック表

圧縮比

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/08 06:37 UTC 版)

圧縮比(あっしゅくひ、: Compression Ratio/CR)とは、内燃機関及び外燃機関の内燃室(ないねんしつ)において、最も容積が大きくなる時の容量と、最も容積が小さくなる時の容量の比率を表す値であり、一般的な熱機関の基本的な仕様となる値でもある。


  1. ^ Encyclopedia Britannica, Compression ratio, http://www.britannica.com/EBchecked/topic/130313/compression-ratio 2009年7月21日閲覧。 
  2. ^ なお、この例ではヘッドガスケットの厚さなどのクレビスボリュームは考慮していないので注意されたい。
  3. ^ このような手法を採ることで、燃焼室形状自体には手を付けることなく圧縮比を調整することが可能となるため、チューニングでピストンを交換する際には交換前後のピストンヘッド側のへこみの容積の把握も重要となる。
  4. ^ 4ストロークエンジンはピストン下死点で既に吸排気バルブが閉じており、この状態での容積を総排気量として圧縮比の計算を行えるが、2ストロークエンジンの場合はピストンが下死点から上昇しても吸排気ポートが開いている関係上ポートから圧縮圧力が逃げてしまう。そのため排気ポートが完全に閉じるポートタイミングを基点に総排気量を決定する必要があるので、2ストロークは同じボア×ストロークのシリンダーでも実質的な総排気量が低下してしまう=計算で算出される圧縮比も低下してしまうのである。
  5. ^ ヤマハ・DT50の国内仕様及び現行欧州仕様の諸元比較
  6. ^ Saab Variable Compression engine
  7. ^ Variable compression ratio engines






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「圧縮比」の関連用語

圧縮比のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キック

モノショック

ジェットヘルメット

メットイン

アクスルシャフト

キャブレター

サーモスタット

リーンウィズ





圧縮比のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの圧縮比 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS