重油とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > 重油の意味・解説 

じゅう ゆ ぢゆう- [0] 【重油】

原油常圧蒸留して軽油までを留出させたあとの残油に,軽油などの留出油を混合して製した石油製品ディーゼル-エンジンボイラーなどの燃料に用いる。元来は,原油常圧蒸留後に釜に残る黒色粘稠(ねんちゆう)残油をさした。


重油(じゅうゆ)

重油にはA重油B重油C重油あります。重油は動粘度によりA重油C重油大別されます。A重油は、中小工場ボイラー小型船舶ディーゼルエンジンビルビニールハウス暖房使用されます。一方C重油電力科学パルプ工業等のボイラー大型船舶ディーゼルエンジン燃料として使用されています。B重油は現在ほとんど生産されていません。

重油 (じゅうゆ)

 原油常圧蒸留したときの残滓油に軽油灯油などをブレンドしたもので、動粘度引火点残留炭素水分灰分硫黄分などで性状示し動粘度により1種A重油)、2種B重油)、3種(C重油)に分類する。重油はボイラー金属加熱炉等の各種産業用の燃料として大量使用されている。

重油

英語 heavy oil

炭素数の多い炭化水素主体とする精製油をいう。炭化水素加え多く酸素硫黄窒素金属化合物も含んでいる。

参照 石油精製
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

重油

読み方じゅうゆ
【英】: fuel oil

重油は、ディーゼル・エンジン用およびガス・タービン用などの内燃用と、ボイラー各種工業炉用などの外燃用の燃料として適当な品質有する鉱油として、日本工業規格JIS)でその種類品質定められている。重油は、常圧蒸留残油減圧蒸留残油溶剤脱瀝{ようざいだつれき}残油などの高粘度油に直留軽油分解軽油などの低粘度油を調合して、その用途に応じて粘度硫黄分流動点引火点残留炭素分などの性状合わせて製品とされる
重油は、褐色または黒褐色重質油で、比重は 0.82 ~ 0.95 程度発熱量10,00011,000 kcal/kg 程度である。重油の成分炭化水素主なもので、若干0.1 ~ 4 %程度)の硫黄分および微量無機化合物が含まれている。重油成分中の炭素水素重量比(C/H 比)は 6.5 ~ 7.8 くらいである。近年大気汚染防止上の要請から重油の低硫黄化のため、直接脱硫間接脱硫により残油脱硫が行われることが一般的となっている。重油は便宜上粘度によって A 重油50 において 20cSt 以下)、B 重油20 を超え 50cSt 以下)および C 重油50 を超え 250cSt 以下)の 3 種分類使用されている。すなわち、A 重油は重油中最も軽質で粘度が低く、主成分軽油で、これに 10程度残油加えて製造するが、ディーゼル・エンジン小型バーナー燃料として最も一般的に使用されている。A 重油軽油主体なので硫黄分が低い(1 %以下)ため、大気汚染防止対策用として、従来B 重油C 重油からの切り替え使用が目立つようになったまた、流動点貯槽加熱不要程度に低い(0 ~ 10 )。B 重油A 重油C 重油中間的性質持ちおおよそ軽油 50 %、残油 50程度混合によって製造され、ディーゼル・エンジンバーナー燃料使用される。C 重油は、重油中最も粘度が高く、常温では流動性を失い、加熱保温設備を必要とするものもある。しかし、石油製品のうち最も安価な燃料として大型ディーゼル・エンジン大型ボイラー用などに使用されている。C 重油なかには粘度が 250cSt を超えるものもあり、その分貴重なカッター材を少なくできるため、高粘度 C 重油標準的粘度C 重油よりも安価である。また、船舶燃料用に使われる重油はバンカー重油または単にバンカー呼ばれている。

重油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/09 06:10 UTC 版)

重油(じゅうゆ)とは、原油常圧蒸留によって塔底から得られる残油、あるいはそれを処理して得られる重質の石油製品である。ガソリン灯油軽油より沸点が高く、粘質であることから名付けられている。しかしの一種であるためよりは軽い。英語では、一般に、重油 (heavy oil) よりも燃料油 (fuel oil) と呼ばれる。


  1. ^ 原油蒸溜以降の、接触改質接触分解、脱硫、水素化分解、コーキングなどの工程を行う装置・設備。


「重油」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「重油」の関連用語


2
原油 国語辞典
74% |||||

3
石油 国語辞典
74% |||||





8
54% |||||


10
50% |||||

重油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エテルナ

合成ガソリン

タッピングスクリュー

自然電位検層

オートサーミックピストン

カッティングス

アクティブヘッドレスト

酸性ガス除去プロセス





重油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2017 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS