硫黄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 硫黄 > 硫黄の意味・解説 

いおう いわう [0] 【《硫黄》】 〔sulfur〕

〔「ゆあわ(湯泡)」の転か〕
16 族(酸素族元素の一。元素記号 S 原子番号16原子量32.07。黄色樹脂光沢のあるもろい結晶天然単体存在する。空気中で熱すると青白い炎を出し燃え二酸化硫黄亜硫酸ガス)となる。いろいろな金属化合して硫化物をつくる。火薬マッチ医薬品原料漂白ゴム加硫パルプ製造に用いられる。ゆのあわ。ゆわう。

ゆおう ゆわう [0] 【〈硫黄〉】

いおう(硫黄)

硫黄

読み方:ユオウ(yuou)

酸素族元素の一


硫黄(いおう)

原油石油製品に含まれている不純物一つで、多く含まれるほど一般的に価格安くなります。中東産出される原油一般的に硫黄分が高く、南方アジア産出される原油硫黄分の低いものが多くなります。硫黄含有量が高い原油サワー原油sour crude)、硫黄含有量の低い原油スウィート原油(sweet crude)と呼びます。

イオウフロアブル

分子式S
その他の名称:Sulfur、Sulfidal、Brimstone、Bensulfoid、Flowers of sulfurGround vocle sulfur、S、γ-Sulfur水和硫黄、イオウフロアブル、Thio
体系名:硫黄、スルフィド、チオ


物質
硫黄
英語名
Sulfur
元素記号
S
原子番号
16
分子量
32.066
原子半径(Å)
1.02
融点(℃)
112.8
沸点(℃)
444.6
密度(g/cm3
2.07
比熱(cal/g ℃)
0.175
イオン化エネルギー(eV)
10.36
電子親和力(eV)
2.0772


硫黄(Sulfur)

硫黄
Agrigento,Sicily,Italy

硫黄(Sulfur)

硫黄
La Fracciata,Carrara Italy
S 画像の幅約3cm

硫黄(Sulfur)

硫黄
Cozzodisi mine,Agrigento,Sicily,Italy
S 画像の幅約2.7cm

有名なイタリア シシリー島産の硫黄です。
この産地の硫黄は黒いピッチ質のもので覆われているのが特徴です。

硫黄(Sulfur)

硫黄 硫黄
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
S 画像の幅約5mm、標本の幅約3.8cm

温泉地として有名な万座温泉産の自然硫黄です。
母岩表面小さな硫黄の結晶が沢山付いています。

天青石/硫黄(Celestine/Sulfur)

天青石
Machow mine,Tarn,Poland
SrSO4 画像の幅約1.5cm

小さな天青石の結晶黄色い硫黄の組み合わせ美し標本です。

硫黄

英訳・(英)同義/類義語:sulfur

生体含まれる典型元素一つ化学記号:S
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  硫酸鉄  硫酸鉛  硫酸銅  硫黄  硬化油  硬水  神経分泌物質

硫黄

読み方:イオウiou

作者 矢野文夫

初出 昭和15年

ジャンル 詩集


硫黄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 08:44 UTC 版)

硫黄(いおう、: sulfur, sulphur, : sulphur)は原子番号 16、原子量 32.1 の元素である。元素記号S酸素族元素の一つ。多くの同素体結晶多形が存在し、融点密度はそれぞれ異なる。沸点 444.674 ℃。大昔から存在が知られており、発見者は不明になっている。硫黄の英名 sulphur は、ラテン語で「燃える石」を意味する言葉に語源を持っている[2]




[ヘルプ]
  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics. CRC press. (2000). ISBN 0849304814. http://www-d0.fnal.gov/hardware/cal/lvps_info/engineering/elementmagn.pdf. 
  2. ^ ロナルド・ルイス・ボネウィッツ著、青木正博訳『ROCK and GEM 岩石と宝石の大図鑑』誠文堂新光社 2007年 120ページ
  3. ^ Ralf Steudel, Bodo Eckert (2003). “Solid Sulfur Allotropes Sulfur Allotropes”. Topics in Current Chemistry 230: 1–80. doi:10.1007/b12110. 
  4. ^ Steudel, R. (1982). “Homocyclic Sulfur Molecules”. Topics Curr. Chem. 102: 149. 
  5. ^ ゴム状硫黄「黄色」です―17歳が実験、教科書変えた 2009年1月5日閲覧
  6. ^ S. M. Hong, L. Y. Chen, X. R. Liu, X. H. Wu and L. Su, Rev. Sci. Instrum., 76, 053905 (2005).
  7. ^ P. Yu, W. H. Wang, R. J. Wang, S. X. Lin, X. R. Liu, S. M. Hong and H. Y. Bai, App. Phys. Lett., 94, 011910 (2009).
  8. ^ F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  9. ^ 温泉などの「硫黄の臭い」は,本当は何のにおいなのか? - Q&Aで学ぶ/第1章 物質の構成、浜島書店
  10. ^ 硫黄の主な生産国は、アメリカ、カナダ、ポーランド、フランス、ロシア、メキシコ、日本である



硫黄

出典:『Wiktionary』 (2011/11/12 13:13 UTC 版)

名詞

 (熟字訓 いおう

  1. 原子番号 16元素記号 S の非金属元素単体は、斜方硫黄単斜硫黄など様々な形態をもつ。

訳語






硫黄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

硫黄に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「硫黄」の関連用語

硫黄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウィルヘンダーソン沸石

フォンセン石

デーナ石

緑閃石

マンガノパンペリー石

水晶

ジュオニアイト

クリード石





硫黄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2016 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2016 Shinichi KATO All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硫黄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの硫黄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS