カドミウムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > カドミウム > カドミウムの意味・解説 

カドミウム [3] 【cadmium】

12 族(亜鉛族元素の一。元素記号 Cd 原子番号48原子量112.4。青みを帯びた銀白色軟らかい金属軸受合金・易融(いゆう)合金半導体製造に用い,耐食性に富むので鍍金(めつき)に用いる。また,中性子吸収するので原子炉制御材として使用。カドミウム塩・カドミウム蒸気有毒で,イタイイタイ病主因とされる

Cd

〖cadmium〗
カドミウムの元素記号

カドミウム(Cd)

カドミウムによる環境汚染は,従来亜鉛精錬所メッキ工場電気機器工場などの周辺でみられました。大量のカドミウムが長期間わたって体内に入ると慢性中毒となり,腎臓障害をおこし,カルシウム不足となり骨軟症をおこします。「イタイイタイ病」の原因物質はカドミウムといわれています。 
食品規格基準 玄米1.0mg/L以下 
排水基準 0.1mg/L以下 
環境基準水質)0.01mg/L以下 
大気汚染防止法有害物質排出基準1.0mg/Nm3以下

カドミウム


物質
カドミウム
英語名
Cadmium
元素記号
Cd
原子番号
48
分子量
112.411
発見
1817年
原子半径(Å)
1.49(1.66)
融点(℃)
321.1
沸点(℃)
764.3
密度(g/cm3
8.64
比熱(cal/g ℃)
0.055
イオン化エネルギー(eV)
8.993
電子親和力(eV)
0


カドミウム(Cd)

カドミウムは、青白色光沢を持つ柔らかい金属です。地殻中の存在量は約0.02mg/kgとわずかですが、亜鉛共存する形で自然界広く分布しており、特に汚染を受けていない地表水地下水中にも亜鉛の1/100から1/150程度の量(約0.1~0.5μg/リットル)が含まれているといわれています。主な用途としては、顔料プラスチック電池金属加工等があります人体対す毒性強く急性毒性では数グラム摂取激し胃腸炎起こし死亡した例もあります公害病として有名なイタイイタイ病は、慢性中毒による腎機能障害カルシウム代謝異常に、妊娠授乳栄養素としてのカルシウム不足などの要因が重なって発症した重症骨軟化症とされています。環境基準値は、「0.01mg/リットル以下」と定められています。

カドミウム

読み方かどみうむ
【英】:Cd

亜鉛族元素のひとつ。人体にとっては有害で、イタイイタイ病原因となる。また、発がん性がある。

 カドミウムは亜鉛水銀などとともに第12族元素亜鉛族元素)のひとつで、人体に有害な物質です。日本では骨がもろくなるイタイイタイ病引き起こすことでよく知られています。カドミウムとその化合物国際がん研究機関IARC)によって発がん性物質分類されています。
 カドミウムは生物体内蓄積され、人体では約30年残留するといわれています。このため食物連鎖によって濃縮され、長期わたってその毒性さらされる危険があります。また喫煙によって血液中のカドミウムやストロンチウム濃度上昇することが知られています。


カドミウム

【仮名】かどみうむ
原文cadmium

天然に、空気、土、食物微量存在する金属元素亜鉛精製副産物で、電池顔料プラスチック合金電気メッキ製造に用いられる。タバコの煙にも含まれる高濃度のカドミウムにさらされると、ある種のがんや他の健康問題が生じる恐れがある

カドミウム

カドミウムは、原子番号48元素記号Cd原子量112.411、密度8.65 g/cm( 25 )、融点320.8 沸点765 銀白色重金属です。主な用途には、ポリ塩化ビニルPVC)の安定剤、プラスティック・ガラス製品着色
料、ニッケル・カドミウム蓄電池電極材料などがあります。カドミウムは、 土壌中、鉱物中等など天然広く存在し、多く食品には、天然由来のカドミウムが含まれていることが確認されています。
カドミウムの暴露による慢性毒性としては、腎の近位尿細管再吸収機能障害認められています。

カドミウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/20 04:55 UTC 版)

カドミウム: cadmium)は原子番号48の金属元素である。元素記号Cd で、いわゆる亜鉛族元素の一つ。安定な六方最密充填構造 (HCP) をとる。融点は320.9 °C。化学的挙動は亜鉛と非常に良く似ており、常に亜鉛鉱と一緒に産出する(亜鉛鉱に含まれている)ため亜鉛精錬の際回収されている。軟金属である。




  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. ^ a b 食事からのカドミウム摂取量とがん罹患との関連について 国立がん研究センター
  3. ^ 『読売新聞』2012年4月30日付朝刊2面
  4. ^ 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社1998年、226頁。ISBN 4-06-257192-7 


「カドミウム」の続きの解説一覧

カドミウム

出典:『Wiktionary』 (2011/07/05 13:35 UTC 版)

名詞

カドミウム

  1. 原子番号 48元素記号 Cd金属元素単体常温常圧では銀白色固体

関連語

訳語






カドミウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

カドミウムに関連した本

カドミウムに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カドミウム」の関連用語

カドミウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




カドミウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2014 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2014 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2014 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカドミウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカドミウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS