アトサヌプリとは?

アトサヌプリ(北海道)

508m 北緯433637秒 東経1442619秒 (アトサヌプリ) (世界測地系

574m 北緯433654秒 東経1442538秒 (マクワンチサップ) (世界測地系

アトサヌプリ地図 アトサヌプリ写真

概 要

 屈斜路カルデラ(東西26km、南北20km)の中央部位置するカルデラ(アトサヌプリカルデラ、直径約4km)と、 カルデラ形成後にその内外噴出し10個のデイサイト(SiO2 7073%)の溶岩ドーム群である。 溶岩ドーム群は、約7000年前の摩周カルデラ形成期よりも古いもの新しいものに大別される。 古い溶岩ドームには、丸山・ヌプリオンド・274m山・ニフシオヤコツ・トサモシベ・オプタケシュケがあり、 新し溶岩ドームには、マクワンチサップ・サワンチサップ・リシリおよびアトサヌプリがある。 アトサヌプリは別名「硫黄山」と呼ばれており、周辺には昇華硫黄主体とした硫黄鉱床形成され、 1963年まで採掘されていた。 アトサヌプリ周辺では現在も活発な噴気活動続いている



最近1万年間の火山活動

  アトサヌプリは約1万年以降多数ドーム形成しており、約5500年前にはリシリドームを形成して、火砕流発生している。 約5500~1500年前にはマクワンチサップ・旧アトサヌプリドームを形成し、約1500年前にはアトサヌプリ火口水蒸気爆発起こした。 約1500年以降には、新アトサヌプリドームが形成されている。 数百前に「熊落とし」の爆裂火口形成する水蒸気爆発が起き、現在も活発な噴気活動続いている (弟子屈町2001) 。



記録に残る火山活動


1980(昭和55)年5月 有感地震(2回)。

1981(昭和56)年3、4月 有感地震

1982(昭和57)年5月 有感地震(2回)。

1988(昭和63)年6、8月 有感地震(5回以上)。

1994(平成6)年3~10月 有感地震(18回、最大M3.2)。



日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)による。>


アトサヌプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 09:08 UTC 版)

アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる[1]




[ヘルプ]
  1. ^ a b “雌阿寒噴火の危険に備えて 専門家「地震情報周知を」「噴石対策必要」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年10月14日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/568406.html 
  2. ^ 知里真志保『地名アイヌ語小辞典』
  3. ^ 国土地理院 地図閲覧システム
  4. ^ RIO-DB気象庁
  5. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  6. ^ この露店は、一代限りの営業許可を得た者によって営まれているが、1985年頃から暴力団関係者が無許可で営業する例が確認されている
  7. ^ 硫黄山 ゆで卵売り(2007年6月4日) ヨミウリ・オンライン、2007年6月4日。


「アトサヌプリ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アトサヌプリ」の関連用語

アトサヌプリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

白山

妙高山

伊豆大島

榛名山

須美寿島

那須岳

恵庭岳

蔵王山





アトサヌプリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアトサヌプリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS