狐とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > キツネ > の意味・解説 

きつね [0] 【狐

イヌ科哺乳類体長70センチメートル尾長40センチメートルほどで,体が細く,口は長くとがり,尾は太く房状。夜行性ネズミ・ウサギなどを捕食し,果実なども食べる。毛色は様々で,普通は赤黄色毛皮襟巻などにされ,全身銀色ギンギツネのものは最高級とされる古くから霊力をもつ動物として説話俗信多く稲荷神使者ともされる。北半球広く分布し,日本にも各地低山帯草原にすむ。 [季] 冬。
油揚げは狐の好物ということから〕 甘み強くして煮つけた油揚げをのせた,かけのうどんやそば。けつね。
狐色きつねいろ」の略。
〔狐は人をだましたり,たぶらかしたりすると俗にいうことから〕
悪賢い人。他人をだます人。 「いづれか-ならむな/源氏 夕顔
娼婦ののしっていう語。 「根性くさりの-め/浄瑠璃天の網島
狐拳きつねけん」の略。 「本拳か-か/滑稽本七偏人

くつね 【狐

キツネの転。 〔名義抄

けつね [0] 【狐

キツネ。主に関西でいう。 「 -うどん」

【こ】[漢字]

【 己 】
⇒ き〔己〕 [漢]
【 戸 】 [音] コ
家・部屋の出入り口。と。 「 戸外門戸
いえ。一家。 「 戸戸戸口戸主戸数戸籍
酒を飲む量。 「 下戸上戸
【 乎[音] コ
他の語に付いて,多く形容動詞をつくる。 「 確乎断乎牢乎(ろうこ)断断乎
【 古 】 [音] コ
ふるい。長い時間がたっている。 「 古書古物古木
ふるい時代。むかし。 「 古今古代古典古風古墳懐古上古擬古文
【 呼 】 [音] コ
はく息。 「 呼気呼吸
声を出す。よぶ。 「 呼応呼集歓呼指呼点呼
名づける。 「 呼称
【 固 】 [音] コ
かたい。かたまる。 「 固形固結固体凝固
つよい。かたくな。 「 固持固辞固執固守確固 ・頑固 ・堅固牢固(ろうこ)
もとより元来。 「 固有
【 姑[音] コ
しゅうとめ。おば。 「 外姑舅姑(きゆうこ)
しばらく。とりあえず。 「 姑息
【 沽[音] コ
うる。また,かう。 「 沽券沽酒
【 狐[音] コ
キツネ。 「 狐疑狐媚(こび)狐狸(こり)狐狼(ころう)野狐
【 股 】 [音] コ
また。またぐら。 「 股間股肱(ここう)四股
【 虎 】 [音] コ
トラ。また,トラのような。 「 虎穴虎口虎児虎狼猛虎竜虎虎視眈眈たんたん暴虎馮河(ひようが)
【 孤 】 [音] コ
親をなくした子。 「 孤児
ひとり。ひとりぼっち。 「 孤雲孤影孤高孤独孤立
【 弧 】 [音] コ
原義は,弓の意〕 弓なりにまがった曲線。 「 弧状円弧括弧
【 故 】 [音] コ
古い。むかし。 「 故家故事故老 ・温故 」
もとの。以前の。なじみの。 「 故園故旧故郷故山故主
死ぬ。死んだ。 「 故人物故
ことさらに。わざと。 「 故意故殺故買
[音] コ
草木がかれる。 「 枯死枯凋(こちよう)枯木
おとろえる。 「 栄枯
水分がなくなる。かわく。 「 枯渇枯燥
【 胡[音] コ
中国で,北方または西方異民族の称。 「 胡越胡笳(こか)胡歌胡国胡坐(こざ)胡馬
外国から渡来したものの意。 「 胡弓胡琴胡椒(こしよう)
でたらめ。あやしい。 「 胡散(うさん)胡乱(うろん) 」 〔「ウ」は唐音
【 個 】 [音] コ ・カ
全体に対して,ひとつ。または,ひとり。 「 個人個数個性個別個条(かじよう)各個数個
【 庫 】 [音] コ ・ク
物品をおさめておく建物。くら。 「 庫裏(くり)金庫車庫書庫倉庫文庫宝庫格納庫冷蔵庫
【 扈[音] コ
貴人のともをする。 「 扈従(こしよう)(こじゆう)) 」
はびこる。 「 跋扈(ばつこ)
【 袴[音] コ
ももひき。はかま。ズボン。 「 袴褶(こしゆう)長袴弊袴布袴(ほうこ)
【 虚 】
⇒ きょ〔虚〕 [漢]
【 壺[音] コ
酒やを入れる器。つぼ。 「 壺觴(こしよう)香壺(こうご)唾壺(だこ)投壺銅壺
【 湖 】 [音] コ
みずうみ。 「 湖沼湖上湖畔火口湖
特に中国洞庭湖どうていこ。 「 湖南湖北
【 雇 】 [音] コ
人をやとう。 「 雇員雇用解雇
【 誇 】 [音] コ
ほこる。いばる。大げさにいう。 「 誇示誇称誇大誇張
【 鼓 】 [音] コ
つづみ。たいこ。 「 鼓笛太鼓
はげます。ふるいおこす。 「 鼓吹鼓舞
【 糊[音] コ
のり。 「 糊精
かゆ。かゆをすする。 「 糊口
ぼんやりしたさま。 「 糊塗模糊
【 錮 】 [音] コ
【 顧 】 [音] コ
かえりみる
ふりかえって見る。 「 顧望一顧右顧左眄うこさべん
心にかける。 「 顧問顧慮愛顧後顧
たずねる。おとずれる。 「 三顧
【 蠱[音] コ
まどわす。 「 蠱惑
まじなうまじないで人を呪う。 「 巫蠱(ふこ)
むし。人体寄生する毒虫。 「 蠱毒


作者永井荷風

収載図書荷風小説 2
出版社岩波書店
刊行年月1986.6

収載図書短編愉楽 2 近代小説のなかの異空間
出版社有精堂出版
刊行年月1991.3

収載図書永井荷風谷崎潤一郎
出版社筑摩書房
刊行年月2001.11
シリーズ名明治文学


作者野上弥生子

収載図書戦後出発女性文学 第1巻 昭和2021年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


作者新美南吉

収載図書手袋を買いに
出版社小学館
刊行年月2004.1
シリーズ名小学館文庫

収載図書ごん狐新美南吉動作傑作
出版社小峰書店
刊行年月2004.6

収載図書月のものがたり―月の光いざなうセンチメンタル&ノスタルジー
出版社ソフトバンククリエイティブ
刊行年月2006.2

収載図書新美南吉童話集
出版社角川春樹事務所
刊行年月2006.11
シリーズ名ハルキ文庫


作者青木左知子

収載図書季節はずれ
出版社澪標
刊行年月2004.10


作者水上勉

収載図書壼坂幻想
出版社講談社
刊行年月2008.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者佐賀純一

収載図書藪医竹軒行状記
出版社東洋医学
刊行年月2008.6


作者住井すゑ

収載図書住井すゑ初期短編集 1 農村イソップ
出版社冬樹社
刊行年月1989.8


作者岡本かの子

収載図書岡本かの子全集 4
出版社筑摩書房
刊行年月1993.7
シリーズ名ちくま文庫

収載図書岡本かの子全集 第3巻 復刻
出版社日本図書センター
刊行年月2001.2


作者浜由子

収載図書狐狸幻夢
出版社近代文芸社
刊行年月1996.10


作者八剣浩太郎

収載図書浮かぶ瀬もなし
出版社徳間書店
刊行年月1998.7
シリーズ名徳間文庫


作者月丘ユメジ

収載図書
出版社新風舎
刊行年月1999.7


作者D.H.ロレンス

収載図書狐・大尉の人形てんとう虫
出版社彩流社
刊行年月2000.11

収載図書D・H・ロレンス短篇全集 第3巻
出版社大阪教育図書
刊行年月2005.9

収載図書D.H.ロレンス『狐
出版社映画女狐』―反フェミニズムからレズビアニズム敗北へ』晃学出版
刊行年月2005.9


作者ひろみ

収載図書大人のための面白童話
出版社郁朋社
刊行年月2001.4


作者黒島傳治

収載図書定本黒島傳治全集 第3巻 小説 3
出版社勉誠出版
刊行年月2001.7


読み方:きつね

  1. 芸妓酌婦ノ類。〔第二類 人物風俗
  2. 芸妓娼妓酌婦を云ふ。狐は騙すと云ふ迷信あるより。
  3. 芸妓娼妓酌婦のことをいう。狐がだますという迷信があることから。

読み方:きつね

  1. 骨子三個ヲ使用スル賭博ノ名称。〔第三類 犯罪行為
  2. 采を三個使用してなす賭博狐樗蒲(きつねちよぼ)の事。三個の采の中当つ采の目一つあれば胴親より賭けた金の倍額貰ひ二つ当れば三倍、三つ当れば四倍を得る方法を云ふ。
  3. 采を三個使用してする賭博狐樗蒲きつねちょぼ)のこと。三個の采の中当った采の目一つあれば胴親より賭けた金の倍額貰い二つ当れば三倍、三つ当れば四倍をうる方法をいう。

読み方:きつね

  1. 鋏。〔第六類 器具食物
  2. 鋏。前橋掏摸仲間
  3. 鋏。〔掏摸
  4. 鋏。藤八拳の狐と形態類似から。〔博〕

分類 博/犯罪掏摸掏摸仲間


読み方:こんこんちき

  1. (一)狐の異名。(二)馬鹿囃の拍子形容したる語。

分類 東京


読み方:よほ

  1. 賭博-〔全羅北道益山地方博徒用語〕。〔朝鮮人隠語
  2. 賭博を云ふ。〔全羅北道益山地方博徒用語〕

分類 全羅北道益山地方博徒、朝鮮人全羅北道益山地方博徒用語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キツネkitsune

原野山林にすむ夜行性食肉

季節

分類 動物


キツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/01 06:14 UTC 版)

( から転送)

キツネ)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。


[ヘルプ]
  1. ^ 三省堂編修所, ed. (2012), “キツネ”, 三省堂 生物小事典, 三省堂, ISBN 978-4-385-24006-0 
  2. ^ 増井光子 (1974), “キツネ”, in 相賀徹夫, 万有百科大事典 20 動物, 小学館 
  3. ^ ミステリアス“ウルフ” - 中村一恵生命の星・地球博物館名誉館員)
  4. ^ Sillero-Zubiri, Claudio; et al., eds., Status Survey and Conservation Action Plan, Canids: Foxes, Wolves, Jackals and Dogs, IUCN/SSC Canid Specialist Group, http://www.carnivoreconservation.org/files/actionplans/canids.pdf 
  5. ^ a b 今泉吉典キツネ[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  6. ^ 今泉吉晴 (2009), “キツネ”, in 下中直人, 世界大百科事典, 2009年改定新版, 平凡社 
  7. ^ a b Lindblad-Toh, Kerstin; et al. (2005), “Genome sequence, comparative analysis and haplotype structure of the domestic dog”, Nature 438: 803–819, doi:10.1038/nature04338, http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7069/full/nature04338.html 
  8. ^ Austin, Jeremy J.; et al. (2013), “The origins of the enigmatic Falkland Islands wolf”, Nature Communications 4, doi:10.1038/ncomms2570, http://www.nature.com/ncomms/journal/v4/n3/full/ncomms2570.html 
  9. ^ 洲本川水系河川整備基本方針(案) 概要 - 兵庫県
  10. ^ 佐渡島のテンの生息に関する研究 - 箕口秀夫(新潟大学農学部助教授)他 (2004)
  11. ^ a b フクロウとキタキツネの森 公式web
  12. ^ a b Journal of Mammalogy
  13. ^ Early Canid Domestication: The Fox Farm Experiment
  14. ^ 動物好きな研究者の夢 -- 40年の研究からペットギツネが誕生
  15. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ
  16. ^ 地球ドラマチック「不自然な“進化”〜今 動物に何が!?〜」
  17. ^ 特集:野生動物 ペットへの道
  18. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」
  19. ^ a b c d 『怪異・きつね百物語』pp.1,7,12 笹間良彦
  20. ^ 『発掘された日本列島2009』p.27 文化庁
  21. ^ 『貝塚の獣骨の知識』pp.127–128 金子浩昌著
  22. ^ 『鳥浜貝塚』森川昌和
  23. ^ 食農教育 No.53 2007年3月号『ごんぎつねがいたころ』(東京農業大学客員教授)守山弘
  24. ^ a b 『稲荷信仰』pp.15,143 (筑波大学客員教授・民族学者)直江広治
  25. ^ a b 日本書紀(四)』岩波文庫 ISBN 4-00-300044-7
  26. ^ 上智大学紀尾井文学会 公式ブログ
  27. ^ 『「共生」のシンボル・狐』 岩井国臣公式HP【私の旅】
  28. ^ 『稲荷信仰』p.8 直江広治著
  29. ^ 岡田茂吉著『明日の医術 第三編』昭和18(1943)年発行
  30. ^ Ylvis - The Fox (What Does the Fox Say?) [Official music video HD]
  31. ^ Ylvis Q&A: What 'The Fox' (Viral Stars) Say About Their Surprise Hit



出典:『Wiktionary』 (2011/12/19 09:58 UTC 版)

読み

名詞

翻訳


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





狐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

狐に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「狐」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

滑り杉茸擬き

朝明川砂防堰堤

XL1200C

甲斐智美

821SC

幅木

第二しょうどしま丸

カータース





狐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキツネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS