暗殺とは?

あん さつ [0] 【暗殺】

( 名 ) スル
(主に政治的理由要人を)ひそかにねらって殺すこと。 「大統領が-される」


【暗殺】(あんさつ)

Assassination.

テロリズム一環として要人殺害すること。
その目的に応じて秘密裡の暗殺」と「公然の暗殺」に大別される。

どちらにせよ、暗殺は明らかに一般人や一般的犯罪者の手に余る行為である。
訓練を受けた経歴があっても単独では不可能に近くましてやフィクションのように傭兵を雇って殺させるなど論外である。
一人人間確実に暗殺するには、情報収集後方支援含めて一個中隊規模人員が必要とされる

一般に現代職業暗殺者特殊部隊一員として軍隊諜報機関に籍を置いている。
特殊部隊任務はほぼ全て守秘義務を伴うため、誰が暗殺を担当するのかは普通明らかでない。
また、特殊部隊としての身元自体隠蔽され、報復から二重保護されている。
よって、守秘義務を守る限り暗殺者でも一般的な家庭生活送り円満老後を過ごす事ができる。

秘密裡の暗殺

法治国家における暗殺は、主にスパイ活動上の要求によって行われる
機密情報を扱う場合、その情報漏洩を防ぐために厳重に管理され、隠蔽され、必要な時には抹消される必要がある
人間記憶もまた情報の塊であるから記憶抹消する必要に迫られる場合がある。
そして現代に至るまで、人間記憶抹消する唯一確実な手段はその生命絶つ事である。

この場合実行犯黒幕露呈ないよう綿密作戦計画立案される。
不都合弁明」による機密漏洩を防ぐ事が目的である以上、事後に暗殺であったと発覚する事は失敗等しい。
暗殺対象にはほぼ確実に親族同胞存在しており、暗殺された事が発覚すれば報復が望まれる。
そして暗殺に対する最高の報復は、被害者が行うはずだった「不都合弁明」を遂行する事である。
さらに、国外要人対する暗殺計画紛争引き金、あるいは外交上の失点にも繋がる。

また、法治国家に暗殺を正当化する法律はないため、暗殺者殺人企て罪に問われる
当然、殺人事件捜査する司法警察余罪追及し、過去案件背後関係に関する機密も暴かれる事になる

実態としては、殺人意図隠蔽し、自殺事故死偽装する事で暗殺の事実を隠そうとする
交通事故水難泥酔医薬品事故などを誘発して間接的殺害する事が多い。
また、遺族沈黙したがるような痴情悪癖犯罪などの恥ずべき死因偽装する事もある。

何らかの事情偽装できないか失敗した場合備え、暗殺実行班とは別に清掃チーム編成される。
暗殺後の現場潜入し、血痕などの状況証拠清掃して元に戻し死体持ち去って損壊処分する。
清掃チーム自体痕跡を残さない限り被害者失踪した事実だけが残り何が起きたのかは後々まで明らかにならない

とはいえ清掃チーム出動極めてリスクが高い。
暗殺そのものは短ければ単独で数秒の接触を行うだけで終わるが、清掃を行うなら30分は現場留まる必要がある
しかも特殊清掃器具抱え進入し、数十kg肉塊抱え出て行くとなれば、もはや不審人物以外の何者でもない
人通りのある場所や、警備された邸宅などで暗殺の痕跡清掃するのは事実上不可能である。

公然の暗殺

暗殺であったと発覚するリスク最たるもの紛争勃発である。
逆に言えば、すでに紛争状態にあるなら公然と暗殺を行ってしまっても構わないという事になる。
ただし、紛争地域であっても国際社会配慮して」秘密裡な暗殺が望まれる場合はある。

例えば、暗殺対象が危険を察知して国外逃亡した場合
法治国家での暗殺には現地警察他国諜報機関警戒する対象本人などを欺く綿密計画が必要とされる

もちろん、暗殺の実行犯自分自身生存企図するので、報復避けるための隠密行動求められる
しかし、空爆建物ごと抹殺するなど、隠蔽余地もない純然たる軍事行動として実行される事も多い。
実行犯自身も、軍事行動が行われた事実可能な限り広く周知させようとする

また、こうした公然の暗殺については政治的判断入り乱れるため、かえって真相定かならぬ事が多い。
例えば、「外敵によって暗殺された」事になっている人物が実は組織内部の政争で暗殺されていた、などという事例は少なくない

また、権力者個人的怨恨のために暗殺者動員する事があり、報復連鎖によって状況錯綜する事も少なくない
特に近代以前世襲制封建制においては世代交代に際して権力を巡る暗殺の応酬繰り広げられた事例少なくない
またそうした情勢では質の低い素人暗殺者投入されがちで、秘密破綻して大混乱から紛争に至る事もままあった。


暗殺

作者池波正太郎

収載図書剣客商売 5 白い鬼
出版社新潮社
刊行年月1989.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書完本 池波正太郎大成11剣客商売
出版社講談社
刊行年月1998.10

収載図書剣客商売 5 白い鬼
出版社新潮社
刊行年月2002.11
シリーズ名新潮文庫


暗殺

作者井沢元彦

収載図書天正十二年のクローディアス井沢元彦自選歴史ミステリー
出版社有学書林
刊行年月1992.6

収載図書明智光秀の密書
出版社祥伝社
刊行年月1996.7
シリーズ名ノン・ポシェット


暗殺

作者生島治郎

収載図書28ショック
出版社出版芸術社
刊行年月1993.3
シリーズ名ふしぎ文学館


暗殺

作者ブライアン・フリーマントル

収載図書十二秘密指令
出版社新潮社
刊行年月1994.7
シリーズ名新潮文庫


暗殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/15 13:53 UTC 版)

暗殺(あんさつ)は、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為(謀殺)のこと[1]




[ヘルプ]



暗殺

出典:『Wiktionary』 (2012/04/19 14:21 UTC 版)

名詞

あんさつ

  1. 主に政治上・思想上の対立から要人密かに狙って殺すこと。

発音

あ↗んさつ

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
暗殺-する

翻訳






固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

暗殺に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「暗殺」の関連用語

暗殺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パトルイユ・ド・フランス

戦術空中発射デコイ

無反動砲

RPG

タイフーン

ウェポンベイ

STOL

F/A-18





暗殺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暗殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暗殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS