特殊部隊とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 特殊部隊の意味・解説 

【特殊部隊】(とくしゅぶたい)

Special Forces, SF/Special Operations Forces, SOF

軍隊法執行機関において、偶発的に必要になる事があるが、常に必要なわけではない特殊な任務担当する部隊
通常業務範疇外の業務を行うため、特殊な技術ノウハウ習得した専門家により構成される。
一般将兵捜査官から必要な資質秀でた者を選抜して訓練を施すのが普通である。

その性質上、任務駆り出される頻度が低く、執務時間大半訓練占められるという。

軍事特殊部隊(軍事SOF)

軍隊では、何らかの特殊な能力を持った者で構成された少数精鋭部隊を指す。
広義には構成員が何か特殊な能力を持っていればどのような部隊でも「特殊部隊」となり得る
この意味での特殊部隊としてはグリ-ンベレー・SEALsなどが特に著名

ただし、一般に戦闘員スパイ境界領域属す特殊作戦担当する部隊を指す。
主任務は情報収集民衆煽動物理的破壊工作暗殺敵地潜入など。
必要な技能現地語での交渉術・狙撃徒手格闘爆発物取扱野外生存術・心理操作など。

こうした技術国内テロリストへの対処にも応用される場合がある。
とはいえ交渉逮捕司法機関領分であり、軍事SOF投入おおむね犯人射殺を意味する。

ほとんどの国家政府は、いわゆる特殊作戦」と、それを担当する特殊任務部隊(SMU存在を公式には認めない
存在公表されている軍事SOFも、その大半表向き対テロ任務」を掲げている。
国際問題になるような違法行為従事する卑劣部隊など存在するはずがないのである、公式には。

なお、任務性質上、野戦砲戦車攻撃機などの支援を受けられる事はまずない。
このため直接的戦闘能力に関してどうあっても少人数歩兵の域を出ない。
特殊部隊は一般にタフで優秀な兵士」の集まりであるが、それは近代戦では誤差上のものではない。
彼ら彼女らがタフなのは「孤独疲労耐えるため」であって銃弾耐えるためではない。

当然のことであるが、人は撃たれれば死ぬ。
機関銃蜂の巣にされたが日頃鍛錬おかげで生き延びた」などという事は決して期待できないし、同様に榴弾砲制圧射撃飛び跳ね避ける」などという事できない

もちろん、戦術次第ではフィクション作品のように「正規部隊向こうに回し大立ち回り」もできるかもしれない。
事実特殊作戦中の交戦で誇るべき戦果を挙げたケースはある。
とはいえ本来の任務は戦う事ではなく交戦不可避状況でのみ、止むを得ず暴力行使する。

本来の任務偵察かもしれず、暗殺かもしれず、人質救出かもしれず、現地人との会談かもしれない。
そのいずれにせよ誰か襲撃妨害を受けない限り銃器が必要になる事はない。
特殊部隊は常に襲撃妨害想定して任務に臨むが、交戦回避できる時はそのため最大限努力を払う。

警察治安特殊部隊(警察SF)

法執行機関における特殊部隊は、法令執行に際して能動的暴力行使するために編制される。
主任務は臨検武装した犯罪者拘束人質救出など。
必要な技能狙撃徒手格闘技・交渉術などとされる

一般的な警察官は、正当防衛必要性承知していても、自分から暴力振るう事は想定しない。
不審者に殺される可能性があったとしても、先制攻撃道行不審者を殺す事は許されない。
またもちろん、殺傷せずに取り押さえ逮捕すれば良いというものでもない。
推定無罪」の原則に則り、(法的手続き経て犯罪者である事が確定するまで、人を犯罪者として扱ってはならないからだ。

これは必然的に能動的な暴力行使」を前提とするような訓練も許されないという事でもあり、暴力行使が必要な場面では、一般的な警察官規範をあえて逸脱した組織――特殊部隊が必要とされる

とはいえ、特殊部隊であっても法執行機関基本的原則遵守される。
法執行機関暴力行使する目的第一に市民保護」、第二に「容疑者拘束して裁判出頭させる事」である。
正当防衛市民生命などに関わる深刻な事態でない限り容疑者殺害はやはり許されない。

主な特殊部隊

部隊職域管轄国籍
デルタフォース軍事アメリカ陸軍アメリカ合衆国
グリーンベレー軍事アメリカ陸軍アメリカ合衆国
第75レンジャー連隊軍事アメリカ陸軍アメリカ合衆国
SEALs軍事アメリカ海軍アメリカ合衆国
DEVGRU軍事アメリカ海軍アメリカ合衆国
フォース・リーコン軍事アメリカ海兵隊アメリカ合衆国
TACLET司法警察アメリカ沿岸警備隊アメリカ合衆国
SWAT司法警察アメリカ合衆国の各警察アメリカ合衆国
HRT(Host Rescue Team)司法警察FBIアメリカ連邦捜査局アメリカ合衆国
SAS軍事イギリス陸軍グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
中央即応集団軍事陸上自衛隊日本国
特殊作戦群軍事陸上自衛隊日本国
冬季戦技教育隊軍事陸上自衛隊日本国
西部方面普通科連隊軍事陸上自衛隊日本国
対馬警備隊軍事陸上自衛隊日本国
特別警備隊軍事海上自衛隊日本国
基地警備教導隊軍事航空自衛隊日本国
特殊急襲部隊SAT司法警察警視庁および(一部道府県警察日本国
SIT司法警察警視庁および各道府県警察日本国
皇宮警察特別警備隊司法警察皇宮警察本部日本国
総理大臣官邸警備隊司法警察警視庁日本国
原子力関連施設警戒隊司法警察一部道府県警察日本国
銃器対策部隊司法警察警視庁及び各道府県警察日本国
海上保安庁特殊警備隊SST司法警察海上保安庁日本国
フランス外人部隊軍事フランス陸軍フランス共和国
国家憲兵隊治安介入部隊
(GIGN)
司法警察フランス国家憲兵隊フランス共和国
GSG9司法警察ドイツ連邦警察局ドイツ連邦共和国
スペツナズ軍事ロシア連邦内の機関ロシア連邦
オスナズ
SIGINT特殊部隊)
軍事ロシア連邦軍ロシア連邦
45独立親衛特殊任務連隊軍事ロシア空挺軍ロシア連邦
45自動車狙撃師団特殊任務大隊
通称ヴォストーク(東)大隊
軍事ロシア陸軍ロシア連邦
45自動車狙撃師団特殊任務大隊
通称ザーパド(西)大隊
軍事ロシア陸軍ロシア連邦
アルファ部隊
対テロ特殊部隊)
司法警察ロシア連邦保安庁
特殊任務センター
ロシア連邦
ヴィンペル部隊
原子力施設防護特殊部隊)
司法警察ロシア連邦保安庁
特殊任務センター
ロシア連邦
ザスローン部隊
破壊工作特殊部隊)
司法警察ロシア対外情報庁ロシア連邦
第八特殊軍団軍事朝鮮人民軍朝鮮民主主義人民共和国
Su Alti Savunma軍事トルコ陸軍トルコ共和国

特殊部隊―殺人ウィルス

作者渡辺浩弐

収載図書2000年ゲーム・キッズ仮想科学小説
出版社アスペクト
刊行年月1997.3

収載図書2000年ゲーム・キッズ
出版社幻冬舎
刊行年月2000.10
シリーズ名幻冬舎文庫


特殊部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/13 03:29 UTC 版)

特殊部隊(とくしゅぶたい、: Special Forces, SF)または特殊作戦部隊(とくしゅさくせんぶたい、: Special Operations Forces, SOF)とは、特別な装備や訓練を受けた人員で構成され一般の陸海空軍や武装警察では任務の遂行が困難な特殊作戦に投入される部隊である。




  1. ^ 北朝鮮軍が特殊部隊6万人拡充、2008国防白書 聯合ニュース 2009/02/23
  2. ^ 北、特殊部隊6万人を拡充し18万人に 中央日報 2009.02.24
  3. ^ 特殊作戦隊員の範囲等に関する訓令 (特殊作戦隊員の範囲等)第1条 2016年11月26日閲覧
  4. ^ 防人給第6481号特殊作戦隊員の指定等について(通知) 2016年11月26日閲覧
  5. ^ 『実録、世界の特殊部隊』(双葉社、2010年)に記載
  6. ^ 『警視庁・特殊部隊の真実』(著者伊藤鋼一大日本絵画、2004年)に記載
  7. ^ 『海上保安庁のすべて』 世界の艦船 編集部、海人社、2009年11月、66頁。ISBN 4910056041192。


「特殊部隊」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「特殊部隊」の関連用語

特殊部隊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レーダー

ブルーインパルスジュニア

複葉機

ファイティングドラゴン

AA-9

SS-1

テイルシッター

クルビット





特殊部隊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特殊部隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS