派生型とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 派生型の意味・解説 

派生型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/19 07:45 UTC 版)

コンピュータサイエンスにおいて、データ型S が他のデータ型Tis-a関係にあるとき、ST派生型(はせいがた、subtype)であるという。またTS基本型(きほんがた、supertype)であるという。基本型のデータを処理するように作られたプログラムは、その派生型のデータでも正しく処理することができる。つまり、基本型-派生型関係ではリスコフの置換原則(Liskov Substitution Principle)[1]が成り立つ。とは言っても、実際のプログラミング言語では独自の型の派生(subtyping)の概念を採用していることもあり、またそのような概念を持たないこともある。




「派生型」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「派生型」の関連用語

派生型のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

石狩川

鳥羽丸

ウラソゾ

ナンテンハギ

ゴンドワナ大陸

ボンバルディア式DHC-8-402型

姫埼灯台

キハ2100形





派生型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの派生型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS